Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
naomusicさんも小..
by akiko_tp at 05:10
私も3年前に小学校での研..
by naomusic at 17:19
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 18:34
バルセロナ!私一度行きた..
by naomusic at 16:30
プチりすさん、 ホント..
by akiko_tp at 22:33
一枚めのサグラダファミリ..
by プチりす at 21:36
プチりすさん、 そうそ..
by akiko_tp at 15:34
雪遊び良いですね〜。 ..
by プチりす at 08:36
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 01:58
akikoさん、お久しぶ..
by naomusic at 21:54
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
カテゴリ:フランス配送問題( 11 )
最寄り郵便局の営業時間、再々短縮
久々に受け取った、在宅時の不在票。
(意味的に矛盾している気もしますが、フランスあるある)

今年に入って4月ごろまで頻発していて、毎回同じ筆跡だったので写真を撮って証拠を残して、郵便局のカスタマーセンターにクレームを入れたりしていました。他にも同様のクレームがあがっているようで「対処してます」(何をしているかはナゾ)という回答をもらい、それ以降は通常に配送されていて安心していた今日この頃。
f0194446_20372439.jpg

今回の不在票は、手紙扱いで来たアマゾン注文の本がポストに入りきらなかったためということで、まあ仕方ない理由なのではありますが、、

受け取りに行った郵便局で目にした衝撃の貼り紙。
「11月XX日より、営業時間は、月~土の9~12時に変更します。但し、木曜日は11:45まで」

なんだそれー!

今のアパートには2012年に引っ越してきたんですが、その当時はまだ午後も営業していて、それから9~13時のみに短縮されたんですが、またもや短縮ですか???
これでもう平日に荷物を受け取りに行くことがほぼ不可能になってしまいました、、、orz

ちなみにこの郵便局、夏休みの間は一か月閉まっていたし(その間の集配局は別の午後も開いてる普通の営業時間のところ)、ATMがないので閉まっている時間にお金をおろすこともできないし、切手の自動販売機もないので、手紙を出したいだけでも長蛇の列に並ぶ必要があったりと、とっても使い勝手が悪いのです。

在宅時の不在票が続いた頃、営業時間があまりにも少なすぎる件について、自治体から何か申し入れをしてもらえるんじゃないかとカンヌ市の市民窓口みたいなところにも窮状を訴えたりもしたのですが、やはりカンヌ市からは何度か話をしているがどうにもならない、この局自体が近いうちに閉鎖する方向だ、みたいな回答をもらっていました。

閉鎖するのであれば、小出しに営業時間を短くするのではなく、さっさとクローズしていただきたい。

むかーし、長野かどこかに旅行したときに、やっぱり営業時間の短い郵便局をみつけて、おおっ、やっぱり田舎はこうなんだーと思った記憶があるのですが、それでも日に3時間よりは長かったような気がします、、、

最近は日本でいうコンビニ受け取りみたいな形で、一部の通販などでRelay Colisと呼ばれる一般のお店(クリーニング屋とか多し)に配送して荷物を受け取れるケースも出てきたんですが、どうしても郵便じゃないとダメなこともあるんですよね。書留でくる小切手帳とか、住所自体変えられないですし。

早く郵便局閉鎖にならないかなぁ、、、




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2016-10-28 20:48 | フランス配送問題 | Comments(0)
ベッド配送問題、解決編
「ベッドとソミエを頼んだのに、ソミエのサイズが違っていた」問題、解決編です。

これまでの経緯をざっくりまとめると、
1回目の配達:
 ソミエのサイズがオーダーしたもの(80cm×2)と異なっており、70cm×2のものが届いてしまい、お引き取りいただく。(外装のラベルと中身が異なっていた、メーカーの間違い)

2回目の配達:
 マットレスだけ届いてしまい、お引き取りいただく。

3回目の配達:
 今度は、ソミエだけ届いてしまい、お引き取りいただく。
 ※これはブログ記事にしてなかったのですが、何度も配送するうちにマットレスが汚れてしまったと思われ、改めて発注をかけている途中に今度は正しいソミエ(メジャーで計測確認)だけが来てしまったというオチです。

そして、今回が4回目の配達。

ようやく正しいマットレスとソミエが我が家にやってきましたー!!!!!

え?喜ぶことじゃない?そうですね、注文した商品が普通に届いただけですね。

でも実は最後までちょっとすっきりしない部分が残りました。
というのも、、、、ソミエには140cm×190cmというラベルが貼られているのです。
f0194446_19251389.jpg

実際の商品は、160cm×200cmで、私たちがオーダーしたのはそのサイズなんでいいんですけどね。

工場のライン上での混乱、よくわからない状態になっているようです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-03-12 18:59 | フランス配送問題 | Comments(0)
Conforamaとの攻防
先日の「ベッドとソミエを頼んだのに、ソミエのサイズが違っていた」問題の続きです。
「攻防」というより、「迷走」「一人喜劇」的な様相を呈してきました。

時系列にすると、こんな流れ。

昨年12月中旬:
 マットレスとソミエ(ベッド台的なもの)を注文、ここで支払完了。
 配送は6週間後、事前に電話連絡あるということでした。

1/23(土):
 前日までに連絡があり、時間指定通りに配送。
 が、そこでソミエのサイズが違っていることに気づき、全て持ち帰ってもらう。
 外装には注文通りの表示があるのに、中身が違っているので、ここはメーカーのミスであり、Conforamaに落ち度なし。

ここまでが前回のブログでのお話しでした。
f0194446_15565578.jpg


その後、カスタマーサービスに連絡し、状況を分かってもらい、先方からの連絡を待つことに。

2月初旬:
 メーカーに返品し、正しい商品が届き次第、連絡する、ということで、待機。

2/6(土):
 留守電に、「来週火曜の11~13時の間に配達するから」という連絡あり。(!?)
 (ちなみに留守電に気づいたのは日曜日で、お店はお休みで確認する術なし。
 平日は保育園のお迎えもあるので、その時間帯にずっと在宅するのは無理。)

2/8(月):
 そんなに早く正しいソミエが届いたのか?とカスタマーサービスに電話連絡。
 すると、「まだ商品は届いていないので、その配送はキャンセルします」とのこと。

2/9(火):
 キャンセルしたはずの配送が来てしまった!
 それもマットレスだけ、、、orz
 インターフォンがなった時点で私も何かがおかしい、と感じ、門の外まで出てみたら、マットレスを積み下ろししている途中だったので、状況を説明しマットレスは持ち帰ってもらう。

電話をしても、テキトーに「あ、配送は6週間後ですねー」(それってマニュアル通りの最初の注文後の納期なんじゃ、、)とか、「それだと遅くなるから別の同等の商品(でも値段はちょっと高い)」にしますか?」(丁重にお断り)とか言われてしまうので、数日後、相方くんは店舗まで直接出向いて状況確認。

そこで、元々注文したソミエは倉庫に届いていること(外装外して中身も確認した、とも)、配送は2/21(土)の予定で、時間帯は前日までに連絡すること、というのが確認できました。

なのに、、、

2/13(土):
 これまた留守電に、「あなたの商品の配送は2/17(水)です。ただ、残金があるのでまず支払ってください」のメッセージ。
えーと、これ、勝手に違うソミエに切り替わっちゃってるんでしょうか、、、?

2/16(火):
 「マットレスに汚れがあるので、配送は今週末ではなく3月中旬になります」
 (↑何度も配送して、ビニールで包んであるだけの包装が破れたに違いない)

、、、、もう面白すぎます。
私たちが途中で方針を変更して、「じゃあ、ソミエを別の商品にします」「あ、やっぱりやめて元のにします」とか言っているのなら、Conforama側が混乱するのも分かるのですが、私たちの方針は一貫していて、「注文した通りの商品を、ソミエとマットレス同日に配送してほしい。」ってごくシンプルな話なんですが。

ということで、

2/17(水):
 相方くんが店舗まで出向き、「で、この始末どうするんですか?」と交渉。
 結果、71ユーロの返金を獲得。

いつ新しいベッドで眠れる日がやってくるんでしょうか。
あと何回か面白いトラブルがあって、さらに配送延期&さらに返金でもいいかな、なんて思い始めています。
 





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-02-17 05:54 | フランス配送問題 | Comments(2)
久々の配送問題
毎度おなじみ、フランスの配送問題です。
最近あまりないような気がしてたんですが、ここに来てまた新しいパターンのトラブルに遭遇しました。
(自分のブログを検索してみたら、前回記事にしたのは2014年10月でした)

今回のブツはベッド。
ソミエと呼ばれるマットレスの下に引くもの(写真)と、マットレスを新調し、サイズをこれまでの幅140cmから160cmへの大きめのものにしました。
ソミエまで160cmにすると、今度引っ越しのときなど大変になるので、80cmのものを二つ買って、くっつける方式です。
f0194446_5392.jpg


頼んだのはConforamaというフランス大手の家具会社で、配送時間の予約も配送にやってくるのも時間通りで、「お、これはスムーズだな~」と思ったのが大間違い。
古いソミエとマットレスも無料で引き取ってもらえるので、全部シーツなどはがし、アパートの廊下まで持ち出してもらって、新しいソミエを部屋に設置したところで、、、相方くんが「あれ?前のとサイズ一緒じゃない?」ということに気が付きました。

確かにソミエに書かれているサイズを見ると、「幅70cm」と書かれています。
「頼んだのは80cmですよー。ほら、これ注文書」と配送の人に見せてみると、「おかしいな、、、箱には確かに80cmと書いてあったんだけど、、、、」と。そう、箱についてるメーカーのラベルは「80cm」の商品のものなんです。

ということは、工場のラインの時点で70cm幅のソミエに80cmの商品ラベルを貼って出荷してしまったということ????
これは我が家だけの問題にとどまらなさそうです、、、、

もちろん70cm×2のソミエの上に160cmのマットレスを乗せられないので、全て持ち帰ってもらい、再び古いベッドをセッティングいたしました。

いやー、もう面白いくらいに新しい配送ネタを提供してくれます、フランス生活。
家具会社だって、コンピュータのデータ上の商品の中身が間違っている(かも)しれない、ということで、いちいち倉庫の商品をチェックしてから配送しなければいけないなんて、たまったもんじゃないでしょう。
ロットが違う商品だったら、合ってるものもあるんでしょうか、、、?

ちなみにそんな間違いをやらかしたのは、上記写真の会社。
「Made in France」であることがが誇らしく書かれているんですが、私にとっては食品ならともかく、工業製品の「Made in France」はむしろ避けたいかもしれません。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-01-23 04:32 | フランス配送問題 | Comments(2)
またまた家具配送トラブル
もう何度目か覚えてられないくらいの配送系トラブルのお話しです。
毎回、違うネタを提供してくれて、ちょっと面白かったりもするので、ブログのカテゴリに「フランス配送問題」でも追加しようか迷い中。

今回は、TNTという火薬の名前みたいな会社の配送でした。
折りしも、テレビCMや街頭広告などで、最近よく目にしていたところ。
f0194446_1851029.png
フランスでも日本と同じように英語で書くとなんだかカッコイイ!みたいな風潮があるようで、The people network というのが謳い文句のようです。

でもその仕事ぶりはPeople network とはほど遠いものでございました、、、

金曜日:
配送予定のメールが届く。
メール本文には「月曜日」とあるのに、リンクをクリックしてサイトで確認すると、翌日土曜日になっている!
出かける予定もあったので、配送希望日の変更から、月曜日に変更。
このとき、連絡先携帯番号や建物・階数の詳細なども明記。(ちゃんと記載欄が用意されていた)

土曜日:
気になって、サイトで配達状況を確認してみると、8:00営業所出発、9:00 届け先不在とある。
でも、その時間は確実に在宅していたし、携帯に連絡もない、月曜日配送予定の確認メールもあるので、とりあえず静観。

月曜日:
一日中、待てど暮らせど配送もこなければ、連絡もない。
午後になってサイトを確認すると、12:57 配達済、となっている(!)
その時間、保育園のお迎えのため、相方くんに昼休み中家に戻って待機してもらい、私は12:55のバスに乗ったので(バス停はうちの真ん前)、絶対トラックなんか見ていないことは確実。
夕方、カスタマーセンター(もちろん有料)に電話すると、「あー。これ配達されていないねー。明日の13時までには配達されるように手配するよ」とのこと。

17:00 別のカスタマーサービスの人から私の携帯に着信あるも、ボンジュールを言ったところで電話が切れてしまい、二度目はかけてこず。(有料ダイヤルに払うのも悔しいので、こちらからはかけなおさなず)

その後、同じ人からメールで連絡。建物のコードかインターフォンに表示されている名前を教えてもらえますか?とのこと。うちにはコードもインターフォンもないよ!(と返信)

火曜日:
13:30に配送の人から電話。建物への入り方の詳細を伝えるが、やっぱり「名前が見つからない」と再度電話。部屋から出て顔を出し、ようやく配送の人に出会えた!
「昨日も来たんだけど、部屋が見つからなくて、、、」と言い訳。
、、、、、、じゃあ、なんで電話で確認しないの、君?

昨日は、トラックも見てないし、絶対嘘。
想像するに、お昼ごはんの時間だから、明日にしちゃおう、くらいだと思う。

そして、受け取りサインした伝票上の私の名前がakiko ではなく、ikiko になっていて、その後メールできた「誰にサインもらいました」の名前は名字だったのですが、文字が転換を起こしており、例えばtakahashi だったら tahashika みたいになってました。
そもそも顧客名って手入力なの?システムでつながってコピペされるんじゃないの??なんてアナログな、、、


そんな、People も Network も機能していない配送会社のお話でした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2014-10-08 19:22 | フランス配送問題 | Comments(4)
ちゃんと配送される奇跡
最近、何度かフランスの郵便局ネタを書いているのですが(これ、とか、これ、とか)、それ以外の民間サービスの場合でもネタは尽きないようです。

ここ1か月で立て続けに問題発生。
f0194446_21235282.jpg
写真は全く内容と関係ありませんが、天気の良かった日のお散歩途中。

まず一つ目は家具M社。

このM社は店舗も近くにあるのですが、家具はほとんど置いておらず、インテリア小物だけで、家具を買おうとした場合、ネットからの通販になります。なぜか店舗へ配送、というオプションはなく、自宅へしか配送できない。それも配送料が買った価格があがるごとに上がっていく、という仕組み。
(普通、日本だと逆のような、、、?)
1000ユーロ以上は無料になりますが、私たちが欲しい家具はトータル600ユーロ弱で送料は59ユーロ。

それでも、リビングのテレビを置く棚にぴったりマッチするのが他のお店では見つからず、現物を見ないリスク&配送料負担を承知でオーダーしました。

そして配送当日。
ムスメの昼寝中、ドライバーが来て、「上(アパート敷地の入口)に降ろすから取りに来て」

、、、え?部屋まで届けてくれないの?10kg×4箱あるんだけど?
(我が家は公道から階段または私道を下りて、奥に入った建物にあります)

せめて駐車場に入る道から建物の下まで来てくれれば、ガレージに入れられるのですが、道が狭いからデカいトラックなので無理、と一刀両断。

その日はムスメもいて私一人では受け取れないので、とりあえず荷物を持って帰ってもらい、後からサイトやオーダーの配送条件を再度見てみました。そしたら、どうやら家具によって、どういう配送になるか(家の中まであげてくれるか、建物の下か)が決まり、それはオーダーした後にしか表示されないという不思議な仕組み!私たちのケースは建物の下までで、部屋まであげてもらうには、さらに29ユーロ払わないといけないんだとか。
(相方くんがオーダーしたときに、その配送条件を見逃した模様)

なんだそれー!
でも、建物の下(pied d'immeuble)って、我が家の場合はガレージになるんじゃないの???
私道とはいえ、ガレージまでの道は柵もないし、他のアパートとも共有していて誰でも入れるし、、、、

ということで、カスタマーセンターとやり取りしているうちに、なんと、配送会社(家具会社とは別の模様)が4つの箱のうちの1つを失くしたとかで電話がかかってきて、「3つだけ、配送していい?」

いやいや、3つなんて中途半端いらないですから。
さらにサイト上では同じ家具は在庫なしで3か月待ち。

いつになるか、そして、ちゃんと無事に受け取れるかわからないので、もうこの家具店は使うまいと心に決めて、オーダーはキャンセルしました。
(返金はスムーズでした)

もちろん、家具探しはまた一からのスタート。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もうひとつの話はこちらから
[PR]
by akiko_tp | 2014-04-13 22:04 | フランス配送問題 | Comments(2)
衝撃の封筒
これまでもちょくちょく話題にしているのですが、本当にフランスの郵便局のネタは尽きません。(もちろん、悪い意味で)

先日、大雨の日に不在票が2通入っていたのを引き取りに行ってきたんですが、その封筒のひとつが、、、、、、こちら。
f0194446_072463.jpg
中身の書類は抜きましたが、私はまったく封筒を破いておりません。

そう、封筒の三方が完全に雨に濡れて破けてしまっていたのです。

さらに衝撃なのが、引き取りに行ったときにさすがに局の人に
「これって、、、、、中身は全部ちゃんと入ってるんですか、、、、?」と聞いたら
「大丈夫大丈夫。(ホントか???) 雨の日だとこういうの、よくあるんだよねー」と
悪びれもせず、もちろん謝りもせず、、、、

えーと、これ一応書留で、書留ってことはある程度重要な書類な訳で、中身入っていないことで法的な問題が発生するケースだってあると思うんですけど、、、、
(受け取ったはず、と後で主張されるとか)
幸い(?)なことに、中身は相互保険のプラン変更関連の書類で、そこまで重要度が高いわけでもなかったんですが、これはないでしょう!?

受取拒否するって手もあったとは思いますが、ちらっと中身が見えて何かわかったんで、今回はそのまま引き取ってきました。

一般のお店でも、多少箱がつぶれてたり、汚れてたりしても普通に販売してるし、買ってもいるので耐性がある程度ついてきていると自分では思ってたんですが、まだまだ甘かったです。

ちなみに、不在通知でしたが、本当に不在だったのかはナゾのまま。
なぜならば、確かに相方くん出張で私が保育園送りのため30分ほど不在にはしてたんですが、とはいっても7:45~8:15のかなりの早い時間。戻ってきた時点では郵便受けをチェックせず、お昼に気付いたのでもしかしたら不在だったのかも?とも考えられますが、うーん、なんだか怪しい。

もうこうなったら、「大雨につき配達しません」日をつくってもいいですから、ちゃんと「普通に」配達してほしいです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2014-02-01 00:05 | フランス配送問題 | Comments(4)
わや、な郵便局の話
タイトルの「わや」は名古屋弁です。

最近、うちの集配局の営業時間が月~土の9時~13時になりました。

以前は昼休みを挟んで午後も開いていたので、かなりの業務時間短縮です。この郵便局はそもそもATMもなければ、切手の自販機もなく、窓口も一つで基本一人で対応という、いつの時代のどこの田舎?とタイムスリップした気分になれるところなので、普段はあまり行かない(というか、行かないようにしている)のですが、不在票があったときには、選択肢がありません。

フランス全国、たいてい同じだと思うのですが、荷物引取りのルールは、配達日翌日のXX時以降から集配局にて受け取り可能、そして、受け取り可能期間は配達日の翌日から数えて15日間です。

ということは、月~金働いていて受け取りが不可能な場合、金曜日に配達&不在票が入っていたら、受け取りのチャンスは土曜日一回(集配局に届いていないこともあるため、翌日はカウントせず)、9~13時の4時間しかない、ということ!
いや、なんとも親切な話。


そして、その悪夢の不在票@金曜日を本日受け取ってしまいました、、、、
厳密には不在票ではないですね。なぜなら在宅していたんです。
不在票には、「ポストに入りきらない大きな手紙」とありました。
うーむ、「小包」(Colis)だと玄関先まで来てくれるけど、「手紙」(Courrier)だとポストに入りきらなかったら、有無を言わせず持ち帰るということ?なんだか釈然としないので、年末年始の営業時間の確認ついでに、局に出向いてみました。


そこで目にしたものとは。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

興味のあるかたはこちらから
[PR]
by akiko_tp | 2013-12-20 21:59 | フランス配送問題 | Comments(6)
クローゼットができるまで 2
さてさて、クローゼットのその後。

「木曜日には必ず来てるから」という言葉を信じ、金曜日に念のため電話してみると、注文から1ヵ月以上経ってようやく全ての部品が届いている、ということだったので、土曜日にお店に?度目に出向いてみました。(もう何度目か数え切れない)

おっとびっくり今度は、、、、なんていうバッドサプライズもなく(ほっ)、長さ235cm、一箱25~29kg×4箱の棚部分、レール部分、スライド扉(鏡+白)のドデカイ部品をせっせとアパートまで運びこみます。
f0194446_23484231.jpg

借りたトラックが大きすぎてアパートの入り口まで来てしまうと、他の車が出入りできないので、ぐるっと遠回りし、もちろんエレベータには入らないので、階段で2Fまでえっこらさ。5Fとかじゃなくてよかった、、、、

ここまでで土曜日は終了。

日曜日は、棚部分の組み立て。
モノがデカイ&ベッドや家具などがある寝室で組み立てなくてはいないので大変でしたが、午前に半分、午後に半分とまあまあ順調に完成。
トラブルとしては、マニュアルが古くて部品が余ったりして、新しいマニュアルをHPから確認、とか、壁に固定させるため床のすぐ上に貼ってあった木を剥がしたら、前からあった壁の穴を発見、、、なんてのは、これまでの経緯に比べたら余裕ですね。(どのみちクローゼットは壁に固定するので、穴は大した問題ではない)

翌週末は、扉の組み立て。
はじめ私は赤子の世話をしながら見学だったのですが、枠をパネルに入れる段階で、相方くんが「これ無理!絶対入らない!できないよ。終わりだ、終わり」なんて叫んでるので、選手交代。
要は3つのパネルの穴に枠の部品をはめ込むだけなんですが、なにしろブツが大きいんで大変なんですよね、、、そこは非力でチビですが、器用さと体の柔軟性を活かしてなんとかクリアし、扉をはめるところまで完成!
f0194446_00442.jpg


それにしても、家具の組み立てなんかの度に、こういう悲観的(絶望的?)なセリフを聞く羽目になるんですが、何なんですかね? フランス人だからというよりも個性だと思うんですが、自分が楽観的な性格のためか、「なんて大げさな、、、大丈夫でしょ」といつも言ってる気がします。これでカップルのバランスが取れてるのならいいんでしょうけど。


あとは壁への固定と中の棚をつけるだけ。
予想に反して(?)スムーズにいきそうです。
もう落とし穴は、、、ないよね?






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2013-04-28 23:39 | フランス配送問題 | Comments(6)
クローゼットができるまで 1
ただいま住んでいるアパートの寝室にはクローゼットがありません。
小さい方の寝室(現在の子供部屋)に大きいのがあるので、そこをずっと使っていたのですが、娘を夜ひとりでベッドで寝させるようになってからは、なかなか不便。

前の住人は大きめの洋服ダンスを置いていたので、私たちも同じように買おうかと思ったのですが、いいものはなかなか値が張るし、次に引っ越したときに大きな家具があると、その部屋に合うかも分からないので、作りつけのクローゼットを作ろう、ということになりました。

もちろんフランスなのでDIY(日曜大工)

一番メジャーなホームセンターのクローゼットをこちらのカタログから商品を選択。
f0194446_3455616.jpg
中の棚は通常お店にストックがあり、スライド式の扉は注文して6~10日でお店に届く、とのことだったのでイースターの連休に組み立てをしようとある程度前もって注文し、それが入るサイズの小型トラックをレンタル会社に予約しました。

段取りばっちり♪




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

、、、、していても、うまくいかないのがフランス生活。(以下、長文)
[PR]
by akiko_tp | 2013-04-09 03:38 | フランス配送問題 | Comments(7)
| ページトップ |