「ほっ」と。キャンペーン
Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:ラングドック
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
プチりすさん、 そうそ..
by akiko_tp at 15:34
雪遊び良いですね〜。 ..
by プチりす at 08:36
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 01:58
akikoさん、お久しぶ..
by naomusic at 21:54
ふふふ、、、 でぃおー..
by akiko_tp at 18:19
あはは!カンヌに行きたく..
by kyotachan at 16:48
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 16:12
akikoさん、あけまし..
by naomusic at 23:20
Karenさん、あけまし..
by akiko_tp at 16:00
あけましておめでとうござ..
by karen at 06:48
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
カテゴリ:おうちごはん( 148 )
カスタマイズ可能な自家製バーガー
土曜のランチは自宅ファストフード、でした。
f0194446_21253652.jpg


フランスの普通のスーパーでもハンバーガー用のバンズは普通に買えるのですが、味の面ではやっぱり自分でバンズから作るのが美味しい、ということで、しばらく前から自作しています。(スーパーのは添加物たっぷり、な味がする気がします。ってジャンキーなメニューで言うことじゃないかもしれませんが。汗)

そして、ここに来て新たな自家製の利点を発見。
それは「サイズもカスタマイズできる」というところ。
通常、4個分のバンズを一回量として作っているのですが、大(大人用BIGサイズ)×2、中(4歳ムスメ用)、小(1歳半ムスコ用)とそれぞれのサイズで焼いて、バーグ自体ももちろんそれぞれのサイズに。
f0194446_21252696.jpg
左がムスコ、右がムスメ、上下が大人の食卓完成。子供たちはサラダを食べない代わりにズッキーニのソテー。

バンズのレシピは普通に4等分すると、一個だとちょっと物足りないかな?というくらいのサイズなので、大き目サイズで大人も満足感十分。そのうち1.5倍量とか2倍量で作らないと家族4人分には足りなくなるんだろうな。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2016-12-10 16:21 | おうちごはん | Comments(0)
大人メニュー&子供メニュー
少し前まで、夕ご飯を作る際に大人用、子供用、離乳食と3種類を用意しておりました。これが、なかなかの手間。
とはいっても、離乳食はある程度まとめて作っておいて、他のものに手間がかかるときには温めるだけ、なんてことも多かったりするんですが。

最近になって、ムスコも1歳半を超えたころから、大分食べられるものが増えてきて、離乳食、というよりは、幼児食、という感じに。(むしろ、歯ごたえのないものだけだと、首を振って拒絶、、、)
保育園でも前はお昼に食べたものを「素材」(ex.にんじんとパスタ、ブロッコリー、ハム)だけで報告あることが多かったのに、最近は「料理名」(アッシパルマンティエとか、カルボナーラとか)で言われることが増えてきて、なかなか面白い。

そしてベジタリアン疑惑まであった4才ムスメも、ようやく骨つきチキンやハンバーグなどを喜んで食べるようになったので、随分と準備が楽になってきました。キッシュやスパゲティ、ポトフなどのメニューのときには家族4人、ほぼ同じものが食べられます。

それでもやっぱり子供向けなメニューだけじゃ物足りない我々大人陣。
そういうときには、線引きを大人と子供で分けることで対応しています。昨晩のメニューは大人:すきやき、子供:ブロッコリーのマカロニグラタン(+娘には別にハム)でした。※消化のことを考慮してムスコは夜タンパク質控えめ
f0194446_18432878.jpg
しらたき、豆腐は普通のスーパーにて購入できるので、ローストビーフ用の肉の塊を半解凍してスライスする手間をのぞけば、お手軽メニューに入ります。

とはいえ、基本的に品数少なめな食卓。日本の家庭だったら、食卓に小鉢があふれんばかりだろうなー。
f0194446_18432735.jpg
一般の幼児がいるフランス人家庭が普段どんな食卓になってるのか、興味はありますが、あまり見る機会はありません。友達の家でごはん食べることがあっても、基本「よそゆき」メニューになっているでしょうからね。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2016-11-30 18:58 | おうちごはん | Comments(0)
フランスに住み始めてから上達したもの
日本に住んでたときは想像してなかったんですが、フランスにすんで早7年、何が上達してきたかって、自宅で作る和食、中華。

そう、日本にいたら外食やテイクアウト、スーパーなどの持ち帰り総菜で気軽に食べれるような天ぷら、コロッケ、メンチカツ、餃子、焼売などをよく作るようになったんですね~

雨の日曜日だった今日はムスメ(3歳半)と二人で朝から餃子づくりに精を出してみました。
急に思い立ったので、いつもだと車で15分くらいのところにあるアジアスーパーで購入できる餃子の皮を粉から仕込み、豚ひき肉もないのでキッチンエイドのミンサーでミンチにするところからのスタートです。

門前小僧で仕込んでるのもあって、ムスメは大分戦力になってきました。
包むのはまだ難しいですが、皮に粉つけたり伸ばしたり、包むときにタネをのせたり水をつけたりするのをかなり手伝ってくれました。これはもう息子にも仕込んで5年後くらいには家族総出で餃子の日、でしょうっ

そんな成果は夕食に。
f0194446_3431883.jpg


ちなみに餃子はフランス語で「中国のラビオリ」と言います。
昔、大阪万博ではピザのことを「西洋のお好み焼き」と呼んでいたそうなので、それに近いものがありますね。

原作は日本のもののようですが、フランスでみつけた絵本で「水曜日はラビオリの日」というのがあって、この「ラビオリ」はどうやら餃子のようなのです。
f0194446_3461366.jpg

f0194446_3462118.jpg

き、気になる、、、

できれば日本語版を購入してみたいところですが、逆にフランス人のお友達にも説明しやすいように、あえてフランス語版を買ってみてもいいかな?




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-05-29 03:25 | おうちごはん | Comments(2)
1才用バースデーケーキ
息子、無事に1才を迎えることができました。
とはいえ、はじめの3ヶ月は髄膜炎で入院したり、MRIを撮りにいったりとなかなかハードなスタートだったんですが、その後は大した病気をすることなく、元気に大きくなってくれてありがたいことです。

ちょうどイチゴが美味しい季節でもあるので、赤子でも食べられるケーキを作ってみました。
f0194446_4413099.jpg
イチゴの切り方からトマトにも見えますね、、、汗


中身はパンケーキ、プチスイス(乳製品の一種でヨーグルトよりこってりした食感)に軽く粉砂糖を混ぜたもの、イチゴとシンプルそのもの。

切ってみるとこんな感じ。パンケーキは焼いてからセルクルで丸く抜いてます。
f0194446_4423650.jpg
一番盛り上がっていたのは誕生日の張本人ではなく、3才姉でした。苦笑
1才の誕生日なんてそんなもんですよね。

そんな娘が1才のときは、ノルマンディ帰省中だったし、私もなぜか「えー、食べられないし、ケーキなんかいらないじゃーん」とテンション低く、義理母が地元のパティスリーに注文したケーキ(もちろん甘すぎて本人食べられない)を他の家族で食べる、というありさまだったのですが、今回はムスメが「ケーキ作る?何作るの?」とかなり前から毎日のように聞いてきたのもあって、ちょっとだけ頑張ってみました。

一応息子も食べてくれましたが、80%は私、相方くん、娘でぺろり。

でも当たり前ですが毎年この季節なので、イチゴが手に入りやすいのはいいですね。
私自身は7月生まれで、小さい頃は生クリームなどが苦手だったのもあって、いつもメロンをリクエストして誕生日は豪勢に食べていたのを思い出しました。
きっと、誕生日の季節によってみんな食べてきたごちそうが違うんだろうなぁ。
色んな人の誕生日ごちそうストーリーを聞いてみたくなりました。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-04-24 04:51 | おうちごはん | Comments(10)
パンチェッタとパルメジャーノのクリームソース、タリアッテレ
イタリア、パルマへの旅行で買ってきたもので作った週末お昼ごはん。

パンチェッタをカリカリに焼いて、ほうれん草と合わせクリームソースを作り、もちろんたっぷりのパルミジャーノを入れてからめたタリアッテレ(きしめん状のパスタ)
f0194446_21313553.jpg

やっぱり、カンヌ近郊のスーパーで普通に買える材料で作った時とは違って、素材それぞれが格段に良かったです。(もちろんお値段出せば現地に近いいいものも買えるんだと思いますが)

パルミジャーノは、30ヶ月熟成もので、kgあたり13ユーロだったのをさらに20%していたお買い得品。1kg近い塊でどどん、と買ってきました。
f0194446_21344898.jpg
大きさ比較でリンゴを置いてみました。

パルマには、日本でもメジャーなパスタメーカーのバリラの本社があります。
スーパーで見慣れない「卵入り」麺の黄色い箱のシリーズを見かけたので、こちらを試してみました。
f0194446_2137119.jpg
エミリアーネ、って書いてありますね。
おそらく、パルマのあるエミリアロマーニャ地方では、卵を使ったパスタがメジャーなので、このシリーズの名前になっているのだと思われます。

パンチェッタの脂にチーズに卵いりパスタにクリームって、カロリーとか考えたら気が遠くなるのですが、ここは目をつぶっておきましょう、、、

特に日本人のお友達などから、よく「日本食恋しくならない?」とか聞かれるのですが、元々洋食志向だったし、そもそもフランスに来たのもフランス料理の勉強のためだったので、フレンチやイタリアンが続いても、野菜さえ何かで量がとれていれば、そんなに苦にはならないです。
でも、体型維持のためには年齢的にもちょっと気にするようにした方がいいかなぁ、、、、





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-04-02 21:44 | おうちごはん | Comments(0)
温玉かきあげうどん
週末のおひるごはん。

f0194446_5204384.jpg

日本だったら、駅ナカやフードコートで注文したら3分くらいで出てくるようなごく日常なものなので、わざわざ自宅で作ったりしたことはなかったのですが、今では「ちょっと手間かけて食べたい」メニューのひとつ。

温玉:炊飯器に熱湯いれて10分保温
かき揚げ:もちろん手作り
うどん:帰省時にまとめ買いした乾麺の讃岐うどん
出汁:これもまとめ買いしてる「創味の白だし」

はぁ~、プチ贅沢な気分でした。


たまにふと考えるんですが、逆に日本に住んでて、このメニューに匹敵するフランス料理の「プチ贅沢」って何に当たるんでしょうね?
手作りパテと美味しいフランスパンとワイン、になるのかしら?
(↑ 実は東京に住んでた時はパテ好きでたまに自作してました。フランス来てからは皆無。)





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-03-06 05:19 | おうちごはん | Comments(0)
蒸篭デビュー
先日、帰省で持ち帰ってきたものの一つ。
重量は大してありませんが、一番かさばっていたもの、それが蒸篭+鍋のセットです。

週末、肉まんを作ってみました。
f0194446_20274686.jpg
餃子の皮やパン、クッキーなどと思うと、中華まんの生地は扱いやすいので、3才娘でもそこそこ上手に麺棒で丸くのばすお手伝いをしてもらえました。

ずっと暖冬だったのですが、ここ数日は急に寒くなったので、ほかほかの肉まんが食べられるのはうれしい。
春になったらアスパラとか、手作り点心をレパートリーに増やして飲茶パーティをしたい、とか色々野望は膨らみます。

そんな冬を過ごしていますが、暖冬の影響か近所の山ではミモザがこんなにも咲き乱れています。
f0194446_20304381.jpg
見た目はかわいいし、色もキレイなので、落ちている枝を拾っている人もたくさんいるのですが、私は断固拒否。
そう、ミモザが咲く、ということは、杉花粉のシーズンがもうすぐ到来するのです。
ミモザの花粉自体にはアレルゲンはないようですが、それでも匂いや花粉で花がムズムズするので、我が家への持ち込み禁止物品に指定させてもらっています。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2016-01-17 20:27 | おうちごはん | Comments(6)
サントノーレ
普段、日本が祝日でお休みでも幼稚園・保育園はフランス平日で通常運転のため、私も半日フリーな時間ができるので、子連れだと行きづらい自分のための服などの買い物や、眼科や婦人科の定期検診に行くなどして空いた時間を活用しています。

今日も本当だったら、美容院(もとい、床屋)か婦人科の定期検診に行きたかったのですが、どちらもまだ豪雨の影響か電話がつながらず、予約ができませんでした。

さて、ぽっかりあいたフリーの時間、何をしようか?
掃除や衣替えをしてもいいのですが、それよりも何かクリエイティブなことがしたくなり、いつもは時間の関係で難しい凝ったお菓子を作ってみることに。
いくつか案を出して、相方くんに選ばせたところ、こちらが要望にあがりました。
f0194446_18452886.jpg
前回作ったのなんて、もしかしたら10年前のパリでの実習中???
デコレーションがあまりソフィスティケイトされていませんが、ご容赦くださいませ。


タルトベース作って、シュー作って焼いて、キャラメルかぶせて、クリームでデコレーション、時間と手間の関係上、子供たちがいるときじゃ絶対作れません。

でもムスメは生クリームのお菓子があまり好きではないようなので、おやつに出しても食べない可能性大。(普通のパン屋さんで買えるような、タルトなどの焼き菓子は好き)

私も相方くんもなかなか定期的に運動する時間がとれず、二人して悶々としつつ、いい解決策が見つからないところ、なんだか逆方向のものが出来あがってしまいましたが、「これはこれ」として大人二人で平らげてしまいましょう~




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-10-12 18:59 | おうちごはん | Comments(4)
すき焼き食材をフランスのスーパーで開拓する
もちろん、パリの日本食材屋さんなどにいけば、おでんでもすき焼きでも便利な食材が気軽に手に入ると思うのですが、なにせ悲しい地方都市暮らし。普通のスーパーで新たな食材に手をだしてみました。

今回チャレンジしたのはこの二つ。
「豆腐」と「しらたき」です。
f0194446_16395817.jpg
豆腐は随分前からフランスで認知されているので、健康食品売り場に行けば、いろいろな種類を目にします。普段は少し大きめのスーパーで冷蔵品(絹豆腐的な感じ)を買っているのですが、今回は立ち寄った町中にある小さなスーパーでBJORGという有機食品でメジャーなブランドのものを初めて購入。

こんにゃくは最近ダイエット食品としてブームなのか、あちこちで目にします。面白いのが、「ごはん de こんにゃく」とか、「タリアッテレ de こんにゃく」とか、「きしめん de こんにゃく」とか、日本では見かけない形状がたくさんあるところ。その中から、一番日本にありそうな結んであるしらたき状のものを買ってみました。

その他食材は、白菜(これもスーパー)、Cebetteという細ネギ(市場)、玉ねぎ、牛肉はローストビーフ用のかたまりを半解凍でスライスしたもの。
f0194446_16442635.jpg


さて、結果は?

しらたきは、ちゃんと味もしみて大成功。これは普通に煮物とかにも使えそう。

ただ、豆腐は、、、、、大失敗。

固くてぼそぼそしてて、色も茶色っぽく、美味しくなかったです。
煮ても味が全然しみないし、ジューシーにならない。
箱の後ろには「ティラミス」に入れるレシピがあったんですが、これを使ったティラミス、全く美味しくなさそう、、、
2PC入りで、もうひとつこのまま捨ててしまうのももったいないので、今までやりたくてできてなかった「自分で作る油揚げ」のチャレンジにでも使おうと思います。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-08-26 16:38 | おうちごはん | Comments(2)
「お食い初め」 南仏、夏バージョン
二人育児が始まって、もうすぐ100日。
夏休み帰省などでバタバタするので、少し早めにお食い初めをしてみました。

娘のときは、秋も終わりごろだったので、煮物なんかも用意したんですが、今回は夏の盛りなのでメニューも若干夏バージョンです。
f0194446_22102570.jpg
用意したのは、鯛の尾頭付き(天然鯛が15ユーロ/kg!)、人参のきんぴら、茄子の煮浸し、ブレット(ふだんそう)のおひたし、ワカメの吸い物、栗おこわ。

野菜は全て市場の地元産スタンドでの調達なので、ローカル度は高いです。
(栗は、去年Picardで買ったストックを利用)

横から娘(もうすぐ3才)も歯固めの石を食べる真似をしてきたりして、簡単ながらなかなか楽しくお食い初めをすることができました。

それにしてもこの儀式、あともう少しだけ遅くにやれば、実際に赤子も離乳食的に食べられるのに、なんでこのタイミングなのかなー?といつも思います。伝統なので、いまさらどうこう言っても変えられるものではないですが。最近はハーフバースデーとかでもう一度やったりするのかしら。娘のときは完全スルーしてしまったので、今回もやっぱり忘れちゃいそうだな、、、(←自分らの結婚記念日すら後から気づいたりするヒト)




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-07-26 22:19 | おうちごはん | Comments(2)
| ページトップ |