Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 14:36
うちも少し前にLa gr..
by naomusic at 13:03
プチりすさん、 京都も..
by akiko_tp at 14:09
そちらも、暑そうですね!..
by プチりす at 10:18
じゃむさん、 同じ本お..
by akiko_tp at 16:43
akikoさん、私も同じ..
by じゃむ at 08:35
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 14:27
なかなか参考になります。..
by naomusic at 21:32
プチりすさん、 やっぱ..
by akiko_tp at 17:15
関空利用です。 直行が..
by プチりす at 18:51
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
つけ麺、バージョンアップ
以前、「至福の味」というレストラン批評家の回想録のような小説を読んで、なかなかよかったので、同じミュリエル・バルベリ著 「優雅なハリネズミ」のフランス語版を買った、、、、のはいいのですが、レベルが高すぎて放置されること約2年。

ホコリをかぶっているのを発掘して読み始めた相方から
「ざるラーメン、って何?」 と質問されました。

小説の舞台はパリなのですが、どうやら登場人物の中に日本人紳士が出てきて、ざるラーメンをふるまうのだそうです。

イマイチ、ざるラーメンとつけ麺の違いが分からないのですが、個人的には同じものだと思っているので、
「前につくったことあるじゃない、つけ麺のことだよ。」と答えておきました。
そんな会話をしたら食べたくなるってのが人間ですよね~
f0194446_0124030.jpg
作ったのは久々でしたが、麺がパスタマシンで作った自家製なのと、つけ汁に若干工夫をしたこともあって、前よりもバージョンアップしました!

改良して現在到達したのが、
・日本ソバ用のように、「かえし」を作って
・煮干&昆布出汁と1:4で合わせ
・ゴマとニンニク、ネギ、唐辛子をごま油で炒めたところに加えて
・最後にラー油を加える。
という手順。

甘辛風味がお好きな方には、おススメの配合です。
お試しください~
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-30 00:01 | おうちごはん | Comments(2)
営業、「不可能」
最近、あちこち道路が掘り返されています。

日本でも高度成長期に埋めた水道管が老朽化して破裂するなどの問題が出て工事を順次進めている、というニュースを見ましたが、おそらく同じような理由なんだと思います。
ま、後は不景気なので、公共事業を増やすことで景気刺激、もあるんでしょうね。

そんな工事が一息ついてキレイになった通りで見つけた看板。
f0194446_2311769.jpg
反射してちょっと読みづらいですが、

「お客様へ
このエリアの工事のせいで
営業を続けることが不可能となっております」 

と書いてあります。(太字部分、めっちゃ強調)

これだけ見ると、あー、道路工事のせいで店主、かわいそうに、、、と思うのですが、同じ通りで道路にテラス席を出しているカフェ、工事中も今も何の問題なく営業継続しています。

そして去年の夏、同じお店の貼紙には、
「暑過ぎるので、営業不可能です」 とありました。


、、、、、要は何かと理由つけて働きたくないってこと、なんじゃないですか???

お店を利用したことはありませんが、工事が終わった今、再開するかどうか、次はどんな理由が出てくるのかが楽しみなので観察は続けていきたいと思います。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-29 23:07 | 日々のこと | Comments(4)
旧宿場町にあるレストラン @ニース
ミシュランガイドの「ビブ・グルマン」(お手ごろ価格のレストラン)マークがついていて気になっていた、ニース裏山にあるレストランに行ってきました。

これまたミシュランのサイトで調べた地図をたよりに、Nice Nordの高速出口からくねくねとした山道を登ること10分ほど。

f0194446_0281682.jpg山の斜面にそって住宅街のようなところにひょっこりレストランが現れました。

同じ街道沿いには、他にも気になるレストランがいくつか。

どうやらこのあたり、昔の宿場町のようで、馬を休ませたり旅人が泊まったりする宿屋などがあったことから、今でもレストランが街道沿いに残っているみたいです。

フランス版、峠の茶屋?


コースメニューは前菜・メイン・デザートで昼でも夜でも24ユーロ。
私はサーモンのカルパッチョ(オリーブオイルがフレッシュでとても美味!)と、豚の角煮のような煮込み、デザートはマスカルポーネのムース、フランボワーズ添えをいただきました。
f0194446_0354253.jpg
天気のよい日曜日のランチ、ということもあるのでしょうが、満員御礼。
地元の家族連れ、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんカップルまで、かなりにぎわってました。予約必須、です。

RENDEZ VOUS DES AMIS
(ランデヴー デザミ 直訳:「友達と待ち合わせ」)
176, Avenue de Rimiez
06100 NICE
tel:04 93 84 49 66
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-25 00:22 | 外食(フレンチ) | Comments(6)
「フランスうまいもの市」
またまたカーニュへ行ってきました。

遠くにはニース空港、地中海、ビーチ、そして、手前に見えているのは競馬場。
f0194446_113484.jpg
ですが、競馬をしにきたわけではなくて、目的はこちら。
f0194446_122850.jpg
Salon de vignerons サロン ドゥ ヴィニュロン、直訳するとワイン生産者の見本市、といったところでしょうか。
実態は、日本でいうとデパートの大催事場でやっている「北海道物産展」「九州うまいもん市」みたいな感じで、ワインに限らずフォアグラ、ジャム、チョコレート、生ハム、チーズなどなど、フランス全国から生産者が集まって、直売しています。

入り口で入場料8ユーロを払って、グラスをもらったらスタート!
そう、ワインのテイスティングのために入り口で配られます。

その他にも生ハムや燻製マグロ、チョコレートなどもあちこちで試食させてもらって、気分はデパ地下。
f0194446_1101164.jpg

生産者から直接購入できるので、ワインもかなりお得なワイナリー価格になっていることが多く、カートを使って箱買いしている人をたくさん見かけました。

かくいう私たちもなかなかこちらでは見かけないアルザスのピノグリで気に入ったものがあったので、お買い上げ。

今回は月曜日まで、次回は11月だそうです。要チェック!
ちなみに、入場料8ユーロはちょっと高いかな?とも思いますが、会場内でワインなどを買ったりすると、名前を控えてくれて次回からは招待券が届き、無料で入場できたりします。
(パリのワイン見本市も同じ仕組み)

実際、見かけた地元民っぽい人は皆さん招待券持ちでした。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-24 00:58 | ちょっとそこまで | Comments(4)
ルノワールの家
コートダジュールという世界有数の観光地に住んでいるわりには、

「どこどこでゴボウが売ってた!」 とか
「この山は昼寝に最適」 とか
「明太子を手作り」 とか、

あまり観光に役立つことを書いてなくて、もし観光情報目的で検索していらっしゃった方がいたら申し訳ないなーと思うのですが、本日は観光らしいことを久々にしてみました。

カーニュシュルメールというニース空港に近い町にある、ルノワールの家。
f0194446_1685347.jpg
庭が広くてここで昼寝したら気持ちいいだろうなーと思いましたが、予想以上に観光客が多かったので断念。

あっ、やっぱり昼寝ポイント情報になってしまった、、、


美術館、というよりは、ルノワールが晩年を過ごした家ということで、蔵作品数も少なくこじんまりとしています。作品鑑賞だったらパリのオルセーの方がおススメ。
f0194446_1673757.jpg
家の中に入るのには入場3ユーロですが、庭だけであれば無料で入れます♪
古いオリーブの大木や芝生から海や丘が望めて気持ちがいい!

他に近くでは、ニースにマティスやシャガール、アンティーブにピカソとペイネ、ヴァロリスにもピカソ、行ったことないですがヴァンスにマーグ財団の美術館、とあちこちに点在しています。
パリと考えると充実度には負けますが、庭とか家とか周辺の町を見て回るのが楽しい小旅行になると思います。

※追記
マーグ財団の美術館は、2010年の春まで(っていつまで!?)工事により休館しているようなので、ご注意を、、、

[PR]
by akiko_tp | 2010-04-21 15:52 | ちょっとそこまで | Comments(12)
サンレモの市場へ買出し
カンヌからイタリア国境までは、高速使って30~40分。
たまに、ヴァンティミリアという国境からすぐの町に買出しにいったりしますが、今日はもう少し先のサンレモまで足を延ばしてみました。

ただいまヨーロッパ中の空港がアイスランド火山の影響であちこち封鎖されていますが、このあたりの最寄のニース空港はかろうじて南行き(ドバイやバルセロナなど)は運行しているようです。
f0194446_455368.jpg
ということは、この曇り空は火山灰とは関係ない、、、、と思われます。
(チンクエテッレといい、なんでイタリアに行くプランを立てると天気が悪いんでしょう、、、、)

とはいっても、今回の目的は買出し。
フランスでも野菜・果物は日本に比べてかなりお値打ちに感じますが、イタリアはさらにその価格を下回ってきます!
f0194446_485931.jpg
イタリア産のいちごや、サンレモ近郊でとれるアーティチョーク、新鮮なバジルの苗など、ほんの一時間くらいのドライブなのに市場の品揃えはけっこう違います。

さらにスーパーにも寄って、ビスコッティやパスタ、ドライトマトのオイル漬けや生クリーム(フランスでは見かけない乳脂肪分35%)、リゾット米、ミネストローネ用の豆、オリーブオイルなども仕入れて大満足。

帰りの高速では、同じように食材を山ほど車に積んだフランスナンバーを何台か見かけました。みなさん、同じこと考えてるんですねー。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-17 04:00 | イタリア | Comments(6)
お肉屋さんの定番
フランスのお肉屋さんで買うおかずの定番は、パテやその場でカットしてくれるハム、ソーセージなど。
地方によってもかなり違いますが、大体こんな感じです。
f0194446_1555453.jpg


日本のお肉屋さんの定番といえば、やっぱりコロッケ、メンチカツ系の揚げ物が思い浮かびます。ハムやソーセージも置いてあると思うのですが、フランスの売り場のボリューム・インパクトには勝てません、、、
f0194446_1582571.jpgないものは作るしかないので、初めてでしたが、メンチカツを手作りしてみました。

ソースや醤油、ケチャップで肉に下味をつけたので、かなり「おかず」っぽい感じ。


豆乳とにがりで作ったおぼろ豆腐の白和えを付け合せに、メンチカツ定食のできあがり。こういう「普通」っぽい日本の定食、フランスの日本食レストランでは食べられないです。

寿司より絶対手軽に材料も手に入って、フランス人にも受けるんじゃないかなーと思うんですけど、やっぱり見た目が地味なのが浸透しない理由なのでしょうか?
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-15 14:59 | おうちごはん | Comments(4)
まんが祭り
まんが祭り、というサウンドから、その前に「東○」とつけたくなるのは、同世代なら分かっていただけるでしょうか、、、

そんな「まんが祭り」が隣町のヴァロリスで開催されていました。

f0194446_4495125.jpgとはいっても、「まんがと日本文化」なので、プログラムを見ると、映画、ビデオゲーム、書道、コスプレ、折り紙、まんが本販売、着物、武道のデモンストレーションとなかなかに幅広いです。

ただ、夜の映画の開始時間に合わせて行ったため、展示はほとんど終了してしまっていました。残念。

映画は子供向けのアニメなどもありましたが、観にいったのは「トウキョウソナタ」
キョンキョンがお母さん役で出てます。

会場は映画館というよりは、体育館にイスを並べて映画館に仕立てたという感じ。
上映もなんと途中でフィルムが途切れて休憩(?)5分、後半につづく、、、、という流れで、ちょっとびっくりしました。まあでも人口3万人の町での開催ですもんね。日本で同規模の町で「フランス祭り」をやっているところ、なかなか想像するのが難しいです。

それにしても、このポスター、ちょうちんに実在すると思われるの名前がのっていて、見かけるたびにずっと気になっていました。イベント開催者の方が日本旅行した際にお寺なんかの寄贈者名が入ったちょうちんがそのままコピーされてしまったのかしら??山田さーん。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-11 04:46 | 日々のこと | Comments(4)
残雪の山でハイキング
以前、12月に行ってみたら雪が深すぎてハイキングコースすら見つからなかったSeranon(セラノン)を再攻略してきました。

お天気も良く、村では20℃くらい!
f0194446_202436.jpg
フランスの山道のあちこちには、こういう感じでマリア像やら十字架などを見かけます。日本でいうお地蔵さんみたいなものなんでしょうか?

今回は無事にハイキングコースの目印も見つかり、中世の村の廃墟を横目に山頂へ。山頂近くはまだ雪が残っていました。気温はかなり高くて、半そで・半パンでもOKなのに、雪はまだまだ溶けていません。
f0194446_2083051.jpg
山頂は360℃のパノラマ。イタリア国境周辺のアルプスの山まで見渡せました。
まだまだ雪が残っているところ、多いです。

スキー場も4月半ばまで開いているとか。
既にビーチで泳ぎ始めている人もいて、冬から春を通り越していきなり夏、なのが、このあたりの4月の不思議なところですね。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-10 19:57 | ちょっとそこまで | Comments(8)
ピアディーナ、を作ってみた
ピアディーナ、とはイタリア・ロマーニャ地方の薄焼きパンで作るサンドイッチ。

ちょうど先月号の料理通信(イタリア粉もの特集)にも載っていて気になっていたところ、チンクエテッレの隣町の夜店屋台で初めて食べました。
どうやら、その日はお祭りだったらしく、中心部にかなりの数の夜店が出ていたのです。

その中でも目を引いたのは、「ポルケッタ」という看板を出している屋台。
f0194446_15121690.jpg
子豚丸ごとグルグル巻き、、、
子豚のローストを「ポルケッタ」と呼ぶようです。

注文するときにパンの種類(ピアディーナ、フォカッチャ、パニーニ)と、具(サラミやポルケッタ、生ハム)、ソース(ケチャップ、マヨネーズ、マスタード)などを指定する方式。ピアディーナにポルケッタ、マヨネーズという組み合わせで食べたのですが、美味しかった~!

パニーニ屋台はよくフランスでも見かけますが、ピアディーナは見たことない、、、

f0194446_15183972.jpgということで、「ないものは、作る」

ラードが無かったので、小麦粉・オリーブオイル・塩でシンプルに。

具はポルケッタの代わりに塩漬け茹で豚のスライス、ソテーオニオンにトマト、ルッコラ。
クレープ並みの手軽さで出来ました。

お昼ごはんに、最適!

それにしても、この週末はお好み焼きにピザだったし、我が家の小麦粉消費量、半端じゃないです。
[PR]
by akiko_tp | 2010-04-07 15:09 | おうちごはん | Comments(0)
| ページトップ |