Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 14:36
うちも少し前にLa gr..
by naomusic at 13:03
プチりすさん、 京都も..
by akiko_tp at 14:09
そちらも、暑そうですね!..
by プチりす at 10:18
じゃむさん、 同じ本お..
by akiko_tp at 16:43
akikoさん、私も同じ..
by じゃむ at 08:35
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 14:27
なかなか参考になります。..
by naomusic at 21:32
プチりすさん、 やっぱ..
by akiko_tp at 17:15
関空利用です。 直行が..
by プチりす at 18:51
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
子供二人連れ長距離フライト(往路編)
子連れ帰省、三回目。

だんだん自分でハードルを上げているような気がするのですが、
一回目:相方君とふたり+娘(当時9ヶ月) 記事はこちら
二回目:私ひとり(妊娠中期)+娘(当時2才2ヶ月) 記事はこちら
三回目の今回は、私ひとり+娘(3才4ヶ月)+息子(8ヶ月)でのチャレンジです。

それでも出発前のストレスは毎回経験値を積んでいるだけあって、今回が一番少なかったかも?
息子は私に抱っこさえしていてもらえれば、大人しくて眠くなったらすんなり寝てくれるので、いざとなったらずっと抱っこひもに入れとけば大丈夫、という覚悟があったからかもしれません。
f0194446_8531810.jpg
ニース→フランクフルトの飛行機内。まだまだ余裕の二人。

カンヌの自宅を出てからニース空港、フランクフルトでの乗り継ぎ、中部空港から実家までの高速バス+車とドアツードアでトータル19時間の旅程でしたが、長距離フライトの後半、寝たいのに飛行機の座席では寝れない3歳児が若干ぐずった他は、特に問題なく進みました。バシネットも確保したものの、狭いベッド嫌いな息子はお気に召さず、寝たのは抱っこ紐の中でのみでバシネットは完全に遊び場。

お昼前に実家に到着、さて安心、、、、と思ったのもつかのま、本当の悪夢は到着日深夜にやってきました、、、

私と息子は一緒に2時間ほどお昼寝したのに、昼寝なしで全開で遊ぶ娘。息子は18時、娘は18時半に就寝し、「この分だと時差ボケなく朝までぐっすりいけるかな、、、」という予測は23時に見事に裏切られました。

いきなり、「ねないのー」「つかれた」うぇーん(号泣)と娘の壮絶なぐずりが始まり、息子は起こされ大泣き、抱っこすれば泣きやみ寝ようとするものの、娘に「ダメ―!」とはねのけられるエンドレス。寒い畳の部屋で背中は蹴られるは、八つ当たりでたたかれるは、まさにバトル。これが2時間続きました。

その後はナーバスになった息子が私に常に触ろうと手を伸ばしてくるし、私も自分の時差ボケがあってほぼ眠れないまま4時ごろ、なんと第二ラウンド開始。
ナゾの寝言「ほん、よみたいー!」から始まり、どうやら起毛のシーツも気に入らなかったらしく、「おふとん、いらない」「かんぬ かえりたい」と大泣きな3歳児。涙
5時に全員ぐっすり眠れて、ようやく悪夢の夜が明けました。

次の日からは連日、20~21時就寝、8~9時起床と子供二人とも夜はぐっすりだったので、これはやはり慣れない環境への適応+時差ボケが原因だったと思われます。

ということで、まだ帰り便が残っているので油断はできませんが、私にとってはふたり連れて飛行機に乗るより、ふたりの夜泣きに対応する方が10倍以上大変だった、という結論となりました。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-30 08:55 | 日本帰省 | Comments(2)
2015 クリスマス
今年のクリスマスは、息子がまだ小さいのでノルマンディ帰省はせず、カンヌで過ごしています。
(義母は白内障の手術も兼ねて、ひと月前からカンヌ滞在中)
そして、クリスマス後にはちっこいの二人連れて名古屋に帰省予定。

24日の午後、息子を連れて映画祭会場まで散歩に出たら、みごとに誰もいませんでした、、、
f0194446_17435661.jpg
レッドカーペットもクリスマス調でデコレーションされていて、記念写真をとるにはもってこいなんですが、やっぱりこのタイミングは、プレゼントや食材買い物の最後の追い込み、部屋の片づけや料理の準備などで皆忙しいんでしょう。

イブの夜は、子供たちを寝かしつけた後に大人だけで牡蠣と伊勢海老、シャンパンのディナー(私も授乳後だったのでちょっとだけお酒♪)、そのあとはプレゼントのラッピング大会で終わりました。
f0194446_17461698.jpg


そして25日の朝、プレゼントの山に大興奮の娘(3才4ヶ月)。
私は積極的にサンタの話もしていないし、信じさせようともあまり思っていないのですが(誰からのプレゼント?と聞かれたら、元々誰が買ったかを教えている)、学校で話を聞いていたり、マミー(義母)とサンタごっこ(朝起きたらサンタが来てプレゼントを靴下に入れていった設定)をしたりしていることから、経済的にも体型的にも太っ腹なおじさんの存在をぼんやり認識しているようです。
f0194446_17502196.jpg


息子にはおやつバッグとタッパーのセット、洋服とちょっとしたおもちゃ、娘にはメインでキックボードの他に、本、洋服やお店屋さんセットなどたくさん、たくさん。

だんだん大人同士のプレゼントが縮小傾向にある我が家ですが、子供がいたらそんなもんですね。服なんかは年明けすぐにセールが待ってますし。どちらかというとごちそうを食べることがメインイベントな気がします。(25日のランチはフォアグラに去勢鶏、アイスクリームのビュッシュドノエルと定番の予定)

話は変わって、24日の日中に日本の同僚に電話したとき、「メリークリスマス!」と言われて違和感を感じた私。そう、フランスではクリスマス当日になるまで言わない、日本でいったら「あけましておめでとう」的な感覚なんですが、他の国の言葉はどうなんでしょう?






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-25 18:04 | 日々のこと | Comments(2)
地元消防団のカレンダー 2016
年末になると、郵便屋配達や消防士がカレンダーを売りに来るのが定番なフランスなんですが、いつもクリスマスより早めにノルマンディ帰省するのが恒例だったため、実はあまり遭遇することはありませんでした。

今年は息子がまだ小さいのもあって、逆に義母が南下してくれることになったため、カンヌに残っている私たち。先日の夜、ピンポーンと消防士さんがカレンダーを配りに来ました。

配る、といっても、日本のように無料でくれるわけではなく、ちゃんとお金を払います。
値段が決まっているわけではなく、払う側の「気持ち」なので、いくら払うかは自由。私たちは、現金の持ちあわせが普段から少ないので、慌ててあちこちから小銭をかき集めました。苦笑

数年前のバージョンはかなりローカル色が濃い(≒かなりださい)ものだったような記憶があるのですが、なんだか今年のはカッコイイ!
f0194446_16201758.jpg

毎月消防士さんとして働いてるコスチュームと、その人の別の顔(パティシエだとか、猟師!だとか)がダブルで載っているデザインです。

実際に飾るか、といえばインテリア的に微妙な気もするのですが、なんだかお蔵入りにするのももったいないので、冷蔵庫の影のあまり見えないところ用にでも使おうかな、、、、





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-22 16:36 | 日々のこと | Comments(8)
ムージャンでのクリスマスマーケット
なんだか今年は毎週末のようにあちこちのクリスマスマーケットに出かけているような?

やっぱり子供が産まれて「ファミリー」になってくると、週末出かける場所が変わってきます。
こじゃれたレストランでの外食、がっつり山登りや映画館なんかへは全く行くことがなくなり、代わりにファミリー向けなイベントや手軽なピクニックへシフトしてきたのを最近特に感じます。
別にどちらがいい、ということもなくて、そういうものなんでしょうね。

気軽に近くに預けられる家族のいる子供ありカップルや、逆に甥っ子姪っ子なんかいる子供なしカップルor独身はそこそこ両方楽しめてうらやましいな、とも思います。私にはどちらもないものですが、ないものねだりしても仕方がない。

さてこの週末はカンヌから目と鼻の先にある村、ムージャンでのクリスマスマーケット。
f0194446_4505012.jpg
曇り空でも気温15℃くらいと暖かくて、全くクリスマスな雰囲気はないですが、これが南仏の日常。やっぱり凍てつく気温の中、夜にホットワインを飲みながらブラブラするのが「クリスマス!」って感じがします。10年以上前に行ったプラハのクリスマスマーケットがまさにそんな感じでした。(気温マイナス)

場所に寄ると思いますが、この週末は学校がクリスマスバカンスに入ったのもあって、子供向けの催し物が多く準備されていました。

娘はこのミニ空中ブランコに初挑戦。(ちょっと顔がこわばっていた。苦笑)
f0194446_4505693.jpg
子供向けということで、身長150cmまで、体重45kgまでと設定されて、なんかもうちょっとのところで私でも乗れそうな設定、、、やっぱり子供サイズなのね、、、

他にパンドエピスを作るアトリエや、お約束のサンタと写真撮影、フェイスペイント、ポニー乗りなどがあって、屋台自体はそこまで魅力的ではなかったですが、子連れだと楽しめるイベントという感じ。
多くのイベントが1~3ユーロの有料でも、先日の洪水での被害者への寄付と言う形になっていたのが印象的でした。

我が家はおやつタイムに自家製シュトーレンを持参で行って、ホットワインとココアを買い、ベンチで食べるという気軽さ。こういうところ、日本だったらガッツリ商売系&美味しそうな食べ物満載でお金を落とさせる作戦が想像されますが、フランスだとなぜかゆるめで、むしろ需要に供給が及ばないくらいなのが多いのがいつも不思議です。
みんなあまりこういうところでは無駄な消費しないから、そもそも用意しないんですかねー?
儲かると思うんだけどな、、、(←私は生粋の日本人ですな)




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-19 18:50 | 日々のこと | Comments(4)
ラジオな生活でのうれしい発見
最近まで、朝ごはん時には低年齢向けのアニメをテレビでつけていました。
でも、だんだん内容が分かるようになっていた娘(3才)が、テレビに集中してしまって、朝ごはんを食べる手が止まったり(それまでは、観てはいるものの流し見みたいな感じでスルーできていたのが、気になる部分が増えてきた)、息子(7ヶ月)も食卓のハイチェアに座らせてるので、あまりテレビを見せたくないのもあり、朝はラジオをつけることが多くなってきました。

つけているチャンネルは、相方くんがニュースを聞くのも兼ねているので、France Interという真面目系(?)のもの。ニュースや政治討論などが多いようです。

これまでよくつけていたのは、Riviera RadioというR35(いや、最近は世代も上がって、むしろR40かもしれない)向けの音楽がたくさん流れるモナコの英語FMだったのですが、仕事をしながらだと、France Interの方が邪魔にならないかも、ということで、私もチャンネルを変えずにそのままお昼くらいまでつけっぱなしのことが多いです。
音楽があまり流れないし、流れたとしても知ってる曲が少ないので、脳内カラオケが発動せずに済む、というところ。

そんなFrance Interなのですが、昨日「お、この曲好きかも?」というのが流れたので、思わず検索してしまいました。


本人がスタジオでゲストで来ていて、この曲を生演奏していました。
翌日の今日、パリでライブがあるため、そのプロモーションだったようです。
歌は英語でしたが、話してるのはフランス語。
この曲も最初のシングルみたいで、まだ出始めのアーティストのようなので、これから要チェックです。

娘が生まれる前までは、週末の朝はミュージックビデオばかり流すテレビをつけっぱなしだったりして、「今流行り」の曲を耳にすることが多かったのですが、長距離ドライブですら童謡を流す羽目になる最近では、すっかり新しい音楽から離れた生活になってしまっていました。
そんな中、ラジオでこういう発見があったのはよかったです。懐メロなRiviera Radioばっかりじゃダメですな。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-10 15:59 | 日々のこと | Comments(2)
「クリスマス」で感じる違和感
フランスでは、「ライシテ」と呼ばれる政教分離政策によって、公的な場所では宗教色を排除するように求められています。
有名なのが、公立学校ではイスラムのスカーフを被ってはいけない、みたいな法律ですね。

フランスに住み始めてすぐ、滞在許可証を取得するためにFormation Civique(市民教育)という一日講座を受けるのが義務になっていて、そこで鼻につくくらいこの「ライシテ」が主張されていたのを思い出されます。
(鶏小屋みたいな寒い部屋に押し込められての講座だったので、恨みは深い、、、苦笑)
そのときにも若干の違和感を感じていたのですが、娘が学校に通い始めたことによって、その違和感が強くなってきました。

というのも、「ライシテ」と主張して、宗教色を排除するように言ってはいるものの
・日曜はお店休み。営業すると罰金
・祝日のほとんどはキリスト教関連
・街頭クリスマスデコレーションは公費使用?
・新学期始まって以来、金曜日の給食メニューは100%魚
 (↑キリスト教の影響ですね)
・娘の話によると、学校にツリーが登場して、クリスマスのお話もあったらしい
 (だから家でも早く飾って、とねだられました)
・今月のカンヌ市民報の表紙はクレッシュ、、
 (キリスト生誕時の馬小屋を模した人形のことです)

f0194446_1626271.jpg
そんな我が家の今年のアドベントカレンダー。めっちゃ宗教色濃いです。笑

どう考えても、日本の方が宗教色が薄く感じます、、、、
クリスマスデコレーションも商業的なものだから、おそらく税金は使われてないですよね?

私自身はごく一般の日本人と同じくらいの宗教感だと思います。
実家には仏壇も神棚もあって、法事にもけっこう行っていた方で、神社にお参りもするし、大学はカトリックだったし、クリスマスはパーティ的に楽しむ感覚。イスラム教に対しては、小中学生ごろに読んだ漫画「エイリアン通り」で出会って、遠い国の異文化への憧れから始まって(民族衣装、かっこいい、みたいな)、フランスで料理留学しているときに、研修先レストランにムスリムの人がいるので賄いに豚肉NG、ラマダンのときは食べないなど、少し身近になってきた程度。

フランスのライシテって、始まりはカトリック教会からの影響を排除するために始まったのだと思いますが、最近では対イスラムに対して強く主張されているようで、フェアじゃないような気がするこの頃。

私が小学生の頃、クラスメイトで大体クラスに1人くらいは、おうちが宗教関係に厳しい子たちがいて、学活の時間に「クリスマス会」と名付けたりすると、「だったらその日は学校こない」とか言い出して、名前を「忘年会」に変えたりしていて、でも、そういった個人の事情に配慮するのは大事だと思うし、それを子供たちにも伝えていきたいな、と思うのです。


そんな環境で育つ娘、私がてぬぐいでほっかむりして、「ひょっとこ~」とか言ってふざけてると(通じないって)、「Ecoleにいる!」とイスラムのスカーフしてお迎えに来るお母さんたちみたいだ、と指摘してきます。この純真さはいつまで続くかな、、、





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by akiko_tp | 2015-12-03 16:45 | 日々のこと | Comments(4)
| ページトップ |