Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
プチりすさん、 北フラ..
by akiko_tp at 04:23
とっても楽しそうな帰省(..
by プチりす at 12:02
すーさん、コメントありが..
by akiko_tp at 14:34
はじめまして、初コメです..
by すー at 17:55
プチりすさん、 そうそ..
by akiko_tp at 14:26
ひゃあ、大変でしたね! ..
by プチりす at 09:01
kyotachanさんは..
by akiko_tp at 21:21
わたしはリュック派なんで..
by kyotachan at 19:27
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 14:36
うちも少し前にLa gr..
by naomusic at 13:03
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
引っ越し、、、だったかもしれなかった話
始まりは昨年末のクリスマス休暇あたり。

相方くんに転職話が舞い降りてきたのです。それも今住んでいるのとは全く異なるエリア(でもフランス国内)で、パリではないですがカンヌよりも大きな都市近郊のポストでした。年末年始に二回ほど電話で面接、その後現地に呼ばれて二回直接面接をして、最終的に先月末にオファーをもらいました。
給与自体は今よりぐっとアップ、内容的には今の仕事に近いものをベースに別業界でチャレンジということで、受けるか断るかかなり揺れたんですが、最終的には諸々考えた上でお断り、ということに先週やっと落ち着きました。

その間、もしオファーを受けるとなったら、引っ越しだー!と何だかそわそわしてしまう日々を過ごしてました。
やはり一番のネックは息子の保育園。幼稚園(基本的にどこでも希望すれば入れる)にあがるまであと1年半あり、同じように引っ越し先で確保できるかどうかは確実ではありません。
ただ長期的な目で見てみれば、習い事や学校の選択肢、日本語教育関連はやっぱり大都市の方が充実しているようなので、それもいいかな、、、と思ったりして、Googleストリートビューで住むのに良さそうなエリアを探してみたり、アパートの賃貸情報のサイトをのぞいてみたり。

引っ越しかも、と思ったら、なんだかありがたくなってきてしまうカンヌ近郊での日常。
f0194446_04154867.jpg
1月中旬に行ったアンティーブ岬。
冬でも基本青空で、天気よければ外でサンドイッチのピクニックができるって、なかなか他のエリアではないよね、、、なんて感慨にふけってました。

私たちは別にカンヌ近郊に家族や親戚がいるわけでもなく、単に相方くんが新卒で見つけた仕事がここで(大学はまたさらに別のところ)、その後転職しても住みついているってだけで、私の仕事は現状基本どこででもできるので、これから同じように転職話があって、内容がよければカンヌから引っ越す可能性はある訳なんです。特に今まで仕事運があまりなかった相方くんに満足のいくキャリアを積んでもらいたい、というのが私の希望でもあります。

引っ越しかも!?ってなったことで、キャリアとか住む場所とか子供の教育とか、色々自分たちがどうしたいか、を考えるいい機会になりました。引っ越し自体もなんだか使ってない無駄なものがアパート内にもガレージにもカーブ(トランクルーム)にもいっぱいあふれている気がして、荷造りを考えるだけで無駄に精神的に疲労してました。汗 
そもそも今住んでいるアパートも購入のサインをした日にムスメを妊娠していることが分かったという、子供がいるのを前提に全く考えていなかったのもあり、どのみちそのうち引っ越しすることになるとは思うので、今から少しずつ本当に必要なものに絞った生活に断捨離していこう、と心に誓った次第です。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -






[PR]
# by akiko_tp | 2017-02-12 04:36 | 日々のこと | Comments(2)
2017冬ソルド(バーゲン)個人的考察
フランスでは、夏・冬のソルド開始日(時間まで)が法律で決まっています。
私がカンヌに住み始めた2008年ごろは、まだこのルールが厳密に運用されていて、開始日の朝8時にはネットショップも実店舗も「それー!!!突撃!」みたいな勢いがあったのですが、だんだん法律もゆるくなってきて、年々そのありがたみ(?)が薄れてきているような気がします。

今年の冬の場合、1/11(水)からが正式スタートだったのですが、11月には多くのお店でプライベートセールがあり、私たちも大人同士のクリスマスプレゼントはこのタイミングでゲット。そして、クリスマスが終わったかと思いきや、さらなるプライベートセールが始まり、私も自分に欲しかったものは年末までにほとんどネット購入してしまいました。
f0194446_15522810.jpg
並べてみるとなんだか地味な購入品たち。汗

靴は大手デパート、プランタンのサイトから買ったんですが、送料・返品無料でカンヌにも実店舗のあるメーカーだとまだ正規価格だったのに、先行して40%OFFだったんです。メーカー側の不手際?かもしれませんが、なんだか実店舗で働いている人がかわいそうな気もします。配送会社が信用できないので、たまにネット購入&店舗引き取りをしたりもしますが、それってお店の人の手間はかかっていますが、店舗の売上にはならないですもんね。でもそういうこともあるので、実店舗でみかけた商品がプランタンなど大手デパートで扱っていないかは要チェックです。

私の服の買い物の仕方も変わって来ていて、以前はぶらぶらショッピングしながら気に入ったものを見る、という感じだったのが、最近ではPinterestやInstagramでいいな、と思うコーディネートや商品を集めて、それに似たものをネットで探し、実店舗に本物をみにいく、みたいな流れになりつつあります。ウインドーショッピングする時間がない、という現実的な問題もありますが、この方が無駄買いしない気がします。

そしてやっぱりメインになるのは子供服。
まずは大物の来年用のコートをZARAで購入。そもそもそんなにお高くないので、30%くらいでGO。それ以上待ってると、欲しいサイズがなくなってきてしまいます。
なぜかフランスでは子供服でも黒やこげ茶、グレーなど暗めの色が冬物だと多いんですが、人ごみではぐれても見つけやすいように明るめの色をチョイス。息子のもホントは黄色がよかったんですが、もうサイズ切れでした。
f0194446_16054401.jpg
そしてプライベートセールやソルド第一週目ではまだ割引率が甘い!と待っていたプチバトーはやっぱり第二週目から「すべて50%OFF」となり、その初日に実店舗にいってまとめ買いしてきました。
そこで感じたのが、大寒波がフランス中を襲っていて、さすがにカンヌでも朝晩はマイナスになったりするんですが、やっぱり暖かいからか、冬物が売れていない、ということ。ネットショップでは売り切れだった商品もたくさんサイズが残ってました。
うーん、夏のセールだと、バカンス客も来ていて人口も増えてるから競争率高いんだよなー。

ふと気になって日本のプチバトーで同じ商品をセール価格で買ったらいくらになるんだろう?とカートで遊んでみたら、フランスの2倍以上になりました。輸入品、ということもありますが、購買力は日本の方があるんでしょうね。セールの割引率はフランスやっぱりいいです。

ということで、フランスで冬物セールを満喫したい方、オフシーズン1月のカンヌはおススメです。
泳げませんが(いや、頑張れば泳げるかも)、天気はいいです。お待ちしております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



[PR]
# by akiko_tp | 2017-01-19 16:19 | 日々のこと | Comments(2)
5年ぶりのスポーツクラブ
東京で働いていたころ、会社の福利厚生チケットを利用してコナミスポーツのジムに通っていました。
(通い始めた当時はXAXという名前だったような、、、よく行っていたのは二子玉川や渋谷、中目黒の施設。)

マシンはほとんど利用せず、基本的にはダンスやストレッチのクラスに出ていたんですが、そこで気に入ったプログラムがLes Millsのものだったのです。実はこのプログラムは世界展開しており、カンヌに引っ越してきたときにも近所に同じものを導入しているのを見つけ、週2~3回のペースで通っておりました。
子供時代の私(運動嫌いで体育5段階評価で2をとったこともある)を知ってる人にはギャップでしょうが、大人になると変わるものって色々ありますね。

ただそんな生活も、ちょうど5年前、ムスメを妊娠していることが分かったときに終了~。
その後ムスコも生まれ、復帰したいとは常に思いつつも、結局復帰してもたくさん行けないので会費(49ユーロ/月)がもったいない、ムスコの保育園延長して通ったらそれでまた費用がかかるし、、、という理由で足踏みしていたんですが、クリスマス休暇でノルマンディにいたときに「Pack Noel」というクリスマス限定の「2ヶ月間、10回利用できて49ユーロ」というのを発見し、相方くんにねだってプレゼントしてもらいました。

f0194446_22212017.jpg
  
f0194446_22212003.jpg
写真はジムのHPより拝借。お気に入りプログラムのBody BalanceとBody Combat

早速、年明け、日本の正月休みやら祝日やらを利用して午前のクラスに行ってみました。
行った日の夜から使い慣れない部分の筋肉がピキピキしてきましたが、やっぱりいい!

体を動かすのも気持ちいいし、なにより、「自分のために時間を使う」感の満足が違います。

週末に相方くんに子供見てもらって買い物に出たりもしますが、結局自分のための買い物じゃなかったりもするので、すっきりはしないんですよね。(プールに車で一人で行く、というと、じゃあ僕たちは外の公園で遊んでるよとかで、なんだかのんびりできないですし)

期間限定ではありますが、体が慣れてきたらもう少しハードに動かす昼休み中や夜のクラスに行こうと思っています。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2017-01-09 22:20 | 日々のこと | Comments(0)
フランスの典型的?な年越し&元旦の過ごし方
あけましておめでとうございます。

昨年は名古屋帰省中だったので、年越しは皆寝静まった実家のこたつにくるまって一人(!)でシルヴィギエムの引退カウントダウンボレロのバレエ中継を見て過ごすというある意味ぬくぬくな感じだったのですが、今年はまあフランスでよくあるパターンの年越しで過ごしました。

「クリスマスを家族で、大晦日は友人たちと」が典型なのですが、私たちも例にもれず友人宅で大人15人子供5人が集まってどんちゃん騒ぎな年越しパーティ。持ち寄り式だったので、周囲のご期待どおりに寿司を持参。本当にこういうときにしか作らない寿司。だって具材の調達と仕込みの手間が半端ないんですもの。おせちもそうですけど、和食のこういうものってフランスの家庭料理と思うと具材の多さがレベル違いです。

ただ、日本の静かな年越しと違って、どんちゃん騒ぎして朝4時に帰宅した翌日元旦のお昼ごはんも合わせて用意できてしまうというのは利点のひとつ。写真左側がパーティに持ち寄った押し寿司&手まり寿司、右が自宅で残りの具材で作った元旦お昼のちらし寿司です。子供たちはまだ寿司は食べてくれないので、別にそうめんと天ぷらを準備。
f0194446_04163011.jpg
そんな感じでフランスの元旦といえば、「パーティのあとの寝不足&二日酔いを回復する日」な感じなのです。我が家も相方くんは2日から出勤、ムスコの保育園も2日からです。(なぜかムスメの幼稚園は3日から)

一応それでもお正月っぽく、相方くんとムスメをことわざかるたで対戦させてみたり(ムスメ勝利。以前日系企業に勤めてて日本語レッスン受けてたわりにはもうレベル抜かされてます)、
f0194446_04210290.jpg
初詣の代わりに、カンヌ高台にある教会まで散歩してみたり。
f0194446_04215641.jpg
ノルマンディでは霧や小雨が多くて、最後の日は朝10時でもマイナス5℃の寒さだったのですが、やっぱりカンヌは暖かくてピーカンでした。

ぼちぼち更新なブログですが、今年もよろしくお願いします。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2017-01-01 18:09 | 日々のこと | Comments(4)
2016 クリスマス
去年はカンヌで過ごしましたが、今年のクリスマスはノルマンディーの義実家へ。

夏の帰省ではチケット問題(買い遅れて高値になり、帰りの電車には乗り遅れる、、汗)があったので、今回は慎重に日程を事前調査し、クリスマス時期のチケット発売日当日にささっと予約し、無事に家族4人で向い合せの席を確保することができました。
ムスコはまだ1才半なのでヒザ上なら無料ですが、9ユーロ(固定価格)払うことで座席がもらえます。

24日にはパリ近郊から親戚も到着し、シャンパンでアペリティフタイム。
f0194446_16574607.jpg
ムスコはめちゃいい子でアペリティフのおつまみ+子供用メインを食べたら、自分から寝たいと言いだし(ベビーサイン)、パジャマに着替えたら、みんなにバイバーイと手を振りベッドの方に駆け出していくという母はディナーをゆっくり食べられる最高のパターンでした。(25日のランチ時間にも昼寝してくれて、親孝行すぎ!)

そして、ムスメを寝かしつけた後は、ツリーの下へプレゼントを準備。
f0194446_17053170.jpg
私と相方くんは二人ともほぼ同じ考えなんですが、プレゼントはサンタが運んでくるのではなく、私たち(もしくは義母や親戚)が用意したもの、ということにしています。というのも、プレゼントはやっぱり用意してくれた人に感謝してほしいんですよねー。
ただサンタを信じてる子供や信じさせたい大人を否定するわけではないので、サンタ派の義母がムスメにせつせつとサンタの話をしたり、サンタへのプレゼントのチョコレートを暖炉に置いたりするのはノーコメントで眺めてる、という感じ。
「おとぎばなし」としてはアリだと思っているので、今回のプレゼントの中にも「クリスマスのまえのよる」絵本のフランス語版が混ざっています。

翌25日朝は、待ちきれなくて私に何度も「プレゼントは?」と耳打ちしてくるムスメの興奮を抑えつつ、全員そろったところで開封タイム。大人たちは、手軽なSmartbox(カタログギフト)のレストランディナー券などがメジャーでしたが、子供二人は小さい子が彼らしかいないのもあって、役得なボリューム。

1才半ムスコには、鉄板の車だらけ。
なかでも、ゴミ収集車がお気に入りで、カンヌ市民報の清掃チームの記事に投げキスしちゃうくらい大好きなのもあり、ずーっとゴミ収集車で一人で遊んでおりました。
f0194446_17135540.jpg
4才ムスメには、私たちからはクリスマス絵本を数冊、あとは粘土セットや着せ替えマグネット、マグフォーマーなどクリエイティブ系のものを中心におもちゃや服、本をたくさんたくさんいただきました。
f0194446_17182701.jpg
でも一番喜んでいたのは、ムスメリクエストで私が用意した、子供用の水溶性マニキュアだったり。
女子っぽいなー。

あと数日魚介パラダイスを堪能した後、カンヌで年越し予定です。
皆様もよいお年を。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




[PR]
# by akiko_tp | 2016-12-27 17:26 | フランス:ノルマンディー | Comments(4)
アイススケートデビュー
私がはじめてアイススケートしたのって、今はなき名古屋の星が丘にあったP&Sという夏はプール、冬はスケート場になる施設で、10才か11才くらいに行ったんだったと思います。(なつかしーっ)

カンヌ近くに気軽にいける常設スケートリンクはないんですが、クリスマスシーズン限定で市役所近くのクリスマスマーケット内にアイススケートリンクができています。去年くらいがはじまりだったかな?
毎日10:30~12:30は、4~10才の子供たちは無料で滑れる、ということでムスメを連れてでかけてきました。午後は有料3ユーロ/時間 になります。

10:30少し前に到着したところ、「10:30からの分のチケットはもうおしまい。次は11:30からね」と言われてしまったのですが、よく話を聞いてみると、チケットの配布は単純にヘルメットの個数(40個)にあわせて便宜的に配っているだけで、自転車用のヘルメットなど持参すれば時間を待たずに入れる、ということだったので、私と子供たちは列に並んだまま、相方君は家にヘルメット取りにとんぼがえり。

その甲斐あって、無事に念願のスケート初挑戦をすることができました。
f0194446_21440707.jpg
午後に有料で来てもいいんですが、午前中はやっぱり小さい子供とその付き添いの大人しかいないので、荒っぽい滑り方する人とかいないので、安心。

ちなみにムスメの靴サイズはフランスサイズで27なのですが、レンタルした靴はこんな感じで自前の靴に取り付けるタイプのもので、刃もそれぞれ2枚ついているので、小さな子でも安定して滑れます。(レンタルも午前中は付き添い親含めて無料)
f0194446_21465009.jpg
はじめはパパと手をつないで怖々だったムスメも、最後はペンギンにつかまって楽しそうに滑って(というか歩いて?)ました。

基本は一般開放していますが、プロスケーターのデモンストレーションなどイベントがあると閉まってしまうので要注意です。去年はフィリップ・キャンデローロ(元五輪メダリスト)がカンヌに来ててすごく行きたかったんですが、まだ息子が小さくて断念。NHK杯が名古屋であったとき観に行ったくらい好きだったんだけどなー。まあまた機会はあるでしょう。

最後にすごくどうでもいい話。フランス語がわかるようになるまで、フィリップ・キャンデローロのことをめちゃ二枚目でかっこいい、と思っていたんですが、フランス来てTVでフィギュアの解説とかしているのを見るたびに「あれ?なんかキャラが違う?」と気づきました。他人のことはいえないんですが、すごく田舎っぽいアクセントが強いんですよね。今ではその飾らない感じとストレートな物言い含めてファンなんですが、皆さんはそういうこと(人)ってありませんか??




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-12-11 21:54 | ちょっとそこまで | Comments(0)
カスタマイズ可能な自家製バーガー
土曜のランチは自宅ファストフード、でした。
f0194446_21253652.jpg


フランスの普通のスーパーでもハンバーガー用のバンズは普通に買えるのですが、味の面ではやっぱり自分でバンズから作るのが美味しい、ということで、しばらく前から自作しています。(スーパーのは添加物たっぷり、な味がする気がします。ってジャンキーなメニューで言うことじゃないかもしれませんが。汗)

そして、ここに来て新たな自家製の利点を発見。
それは「サイズもカスタマイズできる」というところ。
通常、4個分のバンズを一回量として作っているのですが、大(大人用BIGサイズ)×2、中(4歳ムスメ用)、小(1歳半ムスコ用)とそれぞれのサイズで焼いて、バーグ自体ももちろんそれぞれのサイズに。
f0194446_21252696.jpg
左がムスコ、右がムスメ、上下が大人の食卓完成。子供たちはサラダを食べない代わりにズッキーニのソテー。

バンズのレシピは普通に4等分すると、一個だとちょっと物足りないかな?というくらいのサイズなので、大き目サイズで大人も満足感十分。そのうち1.5倍量とか2倍量で作らないと家族4人分には足りなくなるんだろうな。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-12-10 16:21 | おうちごはん | Comments(0)
クリスマスイベントシーズンのはじまり
12月にはいって、あちこちの町や村でクリスマスマーケットが始まりました。
カンヌも例外ではなく、今年も仮設アイススケートリンクが設置され、午前中は4~10才の子供が無料(午後は一般開放、有料で1時間3ユーロ)で利用できるそうです。

クリスマスマーケット、日本でいえば夜店の屋台、になるのでしょうか。
テキヤのように少々お高めのものを売っていることがほとんどなんですが、場所によっては地元のローカルな食材やお店、個人のアーティストの人の出店もあったりするので、いろいろ開拓してみるのも楽しいです。

この週末は去年も行ったLe rouretのクリスマスマーケットに。
ここは、低年齢子供向けのものが多く、あひる、鴨、ウサギ、ロバ、羊、牛などの動物がいたり、
f0194446_20082320.jpg
こども向けのアトリエがあったり、(ムスメが挑戦しているのは、刈ったあとの羊の毛をほぐす(?)機械)
f0194446_20082217.jpg
大道芸(中高生くらい。おそらく地元のクラブ活動?)や音楽隊があったりとなかなかローカル色が強い感じ。
f0194446_20092521.jpg
羊の毛以外にも、おじさんたちが手で猟師の網を縫っていたり、木をけずってカゴをつくっていたりと、大人が見ても興味深い内容がたくさん。去年とも少しプログラムが違っていたのも良かったです。
近所に住んでる友人も呼びだして、少し立ち話できたし、来年もここはリピートかな?

来週末はここよりもっとカンヌよりのMouginsのクリスマスマーケットに行ってみる予定です。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-12-04 20:07 | 日々のこと | Comments(2)
アドベントカレンダーの効能
さて、12月になりましたね。
一年って早いっ

ずっと暖かかったカンヌもようやく冬っぽくなってきて、朝夜は5℃くらいまで気温が下がったりします。(とはいえ、日中は15℃くらいまであがるので、昼間しか出歩かない私はまだ冬コート着用せず)

そうなってくると、ムズカシイのが朝布団から起きること。
例外なく、ムスメもなかなか時間になっても起きてこようとせず、なだめたり脅したりと大変だったんですが、、、12月になってアドベントカレンダーが開けられる、となって、異常なモチベーションの高さで朝起きてくるようになりました。
f0194446_15533098.jpg
我が家のモミの木は偽物で毎年使い回し。逆に長く飾れるし、ゴミにもならないのでいいのかな、、、と。

ちなみにカレンダーの中身は1日がキティちゃん柄のメダルチョコと風船、2日がツリーのかざりになるどんぐりとチュッパチャップス。それぞれ去年の市販アドベントカレンダーに入ってた、クレッシュのパーツも入れてあります。奇数の日は三角屋根の部分なので、たいしたものが入れられなさそうなので、一日おきに風船が出てくることになります。苦笑

問題は、アドベントカレンダーはクリスマスで終わっちゃう、ということ。
そしたらまた朝起きるのが難しい日々がやってくるのかな、、、



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-12-02 15:59 | 日々のこと | Comments(0)
大人メニュー&子供メニュー
少し前まで、夕ご飯を作る際に大人用、子供用、離乳食と3種類を用意しておりました。これが、なかなかの手間。
とはいっても、離乳食はある程度まとめて作っておいて、他のものに手間がかかるときには温めるだけ、なんてことも多かったりするんですが。

最近になって、ムスコも1歳半を超えたころから、大分食べられるものが増えてきて、離乳食、というよりは、幼児食、という感じに。(むしろ、歯ごたえのないものだけだと、首を振って拒絶、、、)
保育園でも前はお昼に食べたものを「素材」(ex.にんじんとパスタ、ブロッコリー、ハム)だけで報告あることが多かったのに、最近は「料理名」(アッシパルマンティエとか、カルボナーラとか)で言われることが増えてきて、なかなか面白い。

そしてベジタリアン疑惑まであった4才ムスメも、ようやく骨つきチキンやハンバーグなどを喜んで食べるようになったので、随分と準備が楽になってきました。キッシュやスパゲティ、ポトフなどのメニューのときには家族4人、ほぼ同じものが食べられます。

それでもやっぱり子供向けなメニューだけじゃ物足りない我々大人陣。
そういうときには、線引きを大人と子供で分けることで対応しています。昨晩のメニューは大人:すきやき、子供:ブロッコリーのマカロニグラタン(+娘には別にハム)でした。※消化のことを考慮してムスコは夜タンパク質控えめ
f0194446_18432878.jpg
しらたき、豆腐は普通のスーパーにて購入できるので、ローストビーフ用の肉の塊を半解凍してスライスする手間をのぞけば、お手軽メニューに入ります。

とはいえ、基本的に品数少なめな食卓。日本の家庭だったら、食卓に小鉢があふれんばかりだろうなー。
f0194446_18432735.jpg
一般の幼児がいるフランス人家庭が普段どんな食卓になってるのか、興味はありますが、あまり見る機会はありません。友達の家でごはん食べることがあっても、基本「よそゆき」メニューになっているでしょうからね。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-11-30 18:58 | おうちごはん | Comments(0)
| ページトップ |