Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 21:15
どれもいい写真で楽しそう..
by naomusic at 16:26
じゃむさん、 あいうえ..
by akiko_tp at 01:17
akikoさん、ご無沙汰..
by じゃむ at 23:26
naomusicさんも小..
by akiko_tp at 05:10
私も3年前に小学校での研..
by naomusic at 17:19
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 18:34
バルセロナ!私一度行きた..
by naomusic at 16:30
プチりすさん、 ホント..
by akiko_tp at 22:33
一枚めのサグラダファミリ..
by プチりす at 21:36
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
フランスの絵本定期購読システム
日本でも同じようなものがあるとは思いますが、フランスでも児童館や幼稚園で絵本をグループで定期購読して、個人で購読するよりも割安になるシステムがあります。

Petite section(年少)だった昨年もカタログを持ち帰ってきましたが、配本リストの中にあったものをいくつか児童館で見かけたことが合って、内容的にちょっとムスメには簡単すぎるかなーということで、見送り。

今年も新学期早々、次のレベルのカタログを持ち帰ってきました。
f0194446_18262891.jpg
表紙になっている犬のと同じシリーズを図書館で借りてきて読んで気に入ってたのもあって、「毎日(ホントは毎月だけど)本がもらえるの。ほしい」とおねだりしてきました。

年間8冊で37ユーロとそこそこお値打ちだし、いいかなーと配本リストを眺めてみたところ、なんと!
f0194446_18281326.jpg
我が家に既にある「日本語」の本とのかぶりがありました、、、、
(表紙は若干違っているけど、同じ本)

まあ、この本自体、車LOVE♪になってきた1才の息子のために買ったようなもので、何度も乱暴にめくられて傷みが激しくなってきているので、日仏語で同じ本があっても問題ないんですけどねー。

それにしても8冊中、3冊が翻訳本(日本語のほかは英語、ドイツ語)で、それでかぶるって、どんな偶然。

定期購読を運営している出版社のサイトで見てみたところ、そこまで多くはないですが、ポツポツ日本原作の本の取扱いがあるようです。
いい本はどこの国でもいい本なんですね。

この本には、「幼稚園バス」とか「パトカー」とか「人力車」とか「田植え機」とか出てくるんですが、純フランスの子供たちにそれらがどう映るかの方に興味津々です。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



[PR]
# by akiko_tp | 2016-09-14 18:37 | 日々のこと | Comments(4)
うちから見える島でピクニック
カンヌ沖合に浮かぶ島、サントマルグリット島。
実はこの島、自宅のテラスからその一部を見ることができます。

いつもベビーカーでぶらぶら散歩している港からフェリーが出ていて、乗ってしまえば15分で島に到着してしまう、手軽なお出かけ先。残暑厳しい日曜日、相方くんの会社の福利厚生で通常大人往復14ユーロのフェリーチケットが無料でゲットできたのもあって、家族でピクニックしてきました。
f0194446_17401489.jpg
ピーカンです~!
写真に見えているのは、もうひとつの島、サントノラ。
二つの島の間には、たくさんのレジャーボートが停まっていました。贅沢~。


フェリーはカンヌ側(北側)に着くのですが、キレイなビーチに出会うためには島内を少し歩いて、反対側(南側)に行くのがおススメです。島の中はこんな感じで森ではありますが、道が広めに整備されています。
f0194446_17430650.jpg
午後から到着する人たちもたくさんいましたが、私たちは10時発のフェリーで、帰りは15:15発で帰ってきました。
午前中が人も少ないし、日射しも穏やかで気持ちいいので、9時のフェリーに乗ってもよかったかな。

11kg超えした息子をおんぶして歩いた相方くんはぐったりしてましたが、ムスメはたくさん歩けるようになったし、水も怖がらず腕うきわで私と海で泳げたので、この夏あともう一回くらい行ってもいいかも。特にふたつの島の間は、波も少ないし浅瀬もあるので、子供連れがたくさん来ていました。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-09-11 17:50 | ちょっとそこまで | Comments(0)
(平均年齢高め)カンヌのシックなレストラン
普段は仕事と保育園・幼稚園のお迎えの関係で、平日に子供抜きでお友達とランチ~なんてできないスケジュールなんですが、今回は特別。
日本からイタリアにオリーブオイルの買付で来ていて、モナコ近郊に滞在されている仕事仲間の素敵なおじさまが、奥様と一緒にカンヌまでいらしてくれる、ということだったので、普段はあまり行かないようなシックなレストランをセレクトしてみました。(息子の保育園を2時間延長)

f0194446_16293616.png
店内写真は、お店のHPより拝借

お孫さんがうちの息子と同じ年、と世代は離れていますが、かれこれ10年以上のお付き合い。そこまでべったり一緒に仕事をしたことはないのですが、今でもつながりがあっていつもメールでやりとりしているので、久々に会った感じがせず、楽しく過ごせました。

お店は写真のシックな雰囲気の通り、お客さんは定年世代がメインで、でもきちんとオシャレをした(女性はほぼみなさん美容院で髪を朝セットしてきたばかりな印象)地元の人たちで平日にも関わらずほぼ満席でした。

でもランチは29ユーロのリーズナブルなコースメニューもあります。
私はズッキーニの花のフリットとマグロのパートブリック包みをいただきました。
f0194446_16380525.jpg

日本でなかなかこうやって定年世代の人が地元で夫婦してオシャレしてレストランへお出かけ、ってなかなか見かけないんですが、いいなーって思います。まあ、胃袋的に洋食よりも和食に行ってしまうのかもしれませんが、、、
私もウン十年後、子供たちが独立した頃にはそんな風にカップルで出かけられるようになっていたいなぁ。
仕事がらみでもモナコ、カンヌに奥様を連れていらっしゃったおじさまたちも、とっても素敵カップルでした。

L'affable
5 rue de la fontaine
06400 Cannes
Tel 04 93 68 02 09


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2016-09-09 16:47 | 外食(フレンチ) | Comments(0)
夏休み最後の週末
8月最後の週末。
色んなところにバカンスに行っていた友人たちも、ほぼ戻ってきていることもあり、土曜日には日本人グループから夕方ビーチでピクニック、日曜日には庭付き一戸建ての友人宅でBBQと連日お誘いのあった週末でした。

酷暑の北フランスほどではないですが、日中は30℃くらいで暑い日が続いているので、外に出たくて仕方ない子供たちを連れてただ公園に出かけるだけでもキビシイので、水辺がある場所へのお誘いはとってもありがたい。

特に日曜日は、ランチから夕方遅くまで、大人も子供もたっぷり楽しめました。
庭に大人用、子供用のテーブル出して、みんなでランチ。
f0194446_15385488.jpg
フランスでは結婚式などでも子供用テーブルを用意して大人と分けることが多いのですが、これ、なかなかいいアイデアだな、と思います。子供たちも幼稚園や保育園で子供たちだけで座って食べるのに慣れているので、予想以上に子供だけで食べてくれます。(もちろん肉を切ってあげたりのちょっとしたフォローは必要ですけど)
写真に座っているのは、2歳半、4歳×2、5歳の子たちです。

そして、砂場でひと遊び。
f0194446_15421726.jpg
その後は、トランポリンしたり、プールで泳いだり。
疲れてきたら、部屋へ行って本読んだり、パズルしたり、家では親にまとわりついて、遊んで―!と言ってくるうちの子らも、親なんかほったらかしで子供同士で楽しく遊んでました。
f0194446_15442576.jpg
この夏、いちばん子供の相手が楽だった一日だったかも、、、、

友人宅がもう少し近くにあれば日参するんですが、車で片道30~40分かかるので、ちょっとキビシイ。
自宅がこれくらい楽しめる場所だったら、一番いいんでしょうけどねー。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-08-28 15:27 | 日々のこと | Comments(0)
山のバカンス(1才4才子連れ編)
さて、ノルマンディ帰省のあとは、カンヌへ直帰せずにグルノーブルの南側にあるLa Mureという小さな町を拠点にして、山のバカンスを楽しんできました。
「アルプス」というと、スイスやオーストリアのイメージが強いと思うのですが、フランスでも、グルノーブルやニースの北側にも「アルプス」はのびています。地図でざっとなぞるとこんな感じ(のはず)。
f0194446_15393242.jpg

まず最初に行ったのは、エクラン国立公園(Parc national des Écrins)となっているあたり。
f0194446_16100675.jpg
子連れなので絶景が望める場所までへの登山は難しいので、森の中を散歩したり、湖で遊んだり。途中野生の野イチゴがたくさん生えていて、探しては摘んで食べながら歩けるのも(子供たちのモチベーション維持に)良かったです。

次の日は、吊り橋を目指すハイキング。(観光案内所のリンクはこちら
f0194446_16012232.jpg
川の周りを歩いたりすると、かなり長い行程になるので、私たちは最短で吊り橋を往復するコースにしました。
それでもやっぱり山の天気は午前中はパーカ着るほど涼しいものの、お昼くらいになると、太陽が照りつけてかなりバテバテ。早々にホテルに引き上げ子供たちをプールで遊ばせることに。

最終日はLac Poursollet付近の小さな湖がちょこちょこある森の中のハイキング。
今度は、ブルーベリーがたくさん生えていました。
湖では、落ちていた釣り糸と枝を使って、本気の魚釣りごっこ。(もちろん釣れない。苦笑)
f0194446_16252851.jpg
帰りは、行きで使った高速道路ではなく、ナポレオン街道(フランス観光局の解説はこちら)と呼ばれるグルノーブルからカンヌ方面まで続く山間部の下道を通って帰ってきました。いつも近郊のハイキングをするときに使っている道なのですが、カンヌのある県を超えたことはなくて、ずっと通ってみたかったんですよねー。念願ようやく叶いました。

せっかく近場にあるアルプスの山々。
子供たちがもっと大きくなったら、一緒にサイクリングしたり、ラフティングしたり、もっと高い山に登ったり色々楽しんでいきたいです。(その願いをこめて、カテゴリに「アルプス」を追加してみました)

それにしても私、海沿いのカンヌに住んでるくせにバカンス含め今年は大してビーチに行っていないので、すっかり土方焼けです、、、



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-08-20 15:30 | アルプス | Comments(2)
夏休み帰省 2016
2週間の夏休みノルマンディ寄生帰省、終了。

今年は北フランスは軒並み寒い夏だったのもあって、小麦の刈入れが猛暑の去年と思うと後ろに倒れ、杉花粉症持ちの私はばっちりこの粉塵に反応し、滞在中ずーっと鼻ずるずる、くしゃみ連発の毎日でした。
とはいえ、家族は涼しい庭付き一軒家のバカンスを楽しめたようです。
f0194446_16213656.jpg
ムスメと相方くんの合同誕生日会、庭でビニールプールや砂遊び、キイチゴの収穫などなど。

外出はほぼ近所しかしていませんが、唯一観光地のエトルタへも行きました。
f0194446_16213662.jpg
カンヌも海沿いではありますが、地中海はほぼ潮の満ち引きがないので、引き潮時のひろーい砂浜で遊べるのは子供たちにとっても新鮮。また、これもカンヌでは見えない夕陽が水平線へ沈むのもここでなら見られます。

日本帰省時もそうですが、楽しみのひとつが古いアルバムをめくること。
今回はこんなお宝を発掘しました。
f0194446_16213605.jpg
既に亡くなっている相方くんのパパの赤ちゃん時代の写真!
ちなみにこれ、ムスコそっくりです。
ムスコは生まれたときからアジア色が強く(蒙古斑もくっきり)、ムスメ以上に私似だとずっと周りから言われていて、友人たちからも相方くんには似てないねーと言われ続けていたのですが、こんなところからDNAが受け継がれておりました。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2016-08-15 16:09 | フランス:ノルマンディー | Comments(4)
涼しい!でも天気はイマイチ@ノルマンディ
毎夏恒例、ノルマンディの義実家へ帰省中です。

今年は去年ほど猛暑ではないにせよ、カンヌ周辺では毎日30℃くらいまであがり、夜でも26℃くらいにしか下がらなかったりするので、それに比べるとノルマンディは涼しくて過ごしやすいです。

とはいえ、、、落とし穴もあります。
それは、「天気が落ち着かない」「基本的に天気が悪い」ということ。
到着後した日は気持ちいい晴天だったのですが、今週はずっと雨がちで大して外に出かけれませんでした。でもこれがどちらかというと「フランスの普通」なので、雨が全然降らなくて晴天が続くコートダジュールがバカンスの行先になるんですよね。
f0194446_3485666.jpg
晴れ間をついて庭で遊ばせます。海岸に行っても気温19℃!(でも水温も19℃で泳いでる人はたくさん)上着必須です。Tシャツだと肌寒い。

こんなに気候が違うんですが、地図で見ると、まあ仕方がないかな、という感じ。
こちらは今回通ってきたルートなんですが、1000km以上ほぼ南北まっすぐに離れてます。
f0194446_3545030.jpg
日本地図に直したら、東京→福岡くらいの距離。
いつも出張で飛行機使ってたので、なんだか近い感じもしますが、陸路それも高速使ったら大移動!

さて、そんなノルマンディですが、今週金曜ようやく天気に恵まれ、家族4人で近場のハイキングをしてきました。
f0194446_433391.jpg
海岸沿いの町(村?)の岸壁を登って、隣町まで行って帰ってくるコース。
平日だったのもあってか、海水浴している人も少なく、のどかな雰囲気でした。

ビーチの目の前に公園もあって、ブランコLOVEの娘は大喜び。
モネが描いた絵のモデルになった断崖絶壁もあるようで、案内パネルが置いてありました。今日はおやつ後に行ったのですが、アイスクリームスタンドも出てたので、午後早めに行って、ここで泳いだり遊んだりしながらゆっくり過ごすのもいいなぁ。

ま、それもこれも、「天気が良ければ」なんですけどね。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-08-05 03:44 | フランス:ノルマンディー | Comments(0)
3歳児の「おべんきょう」
3才娘が通っている幼稚園にあたるところは「エコールマテルネル」と呼ばれています。
そう、日本だと「園」で公園、とか保育園、とか(動物園とか笑)なんだかお庭があって楽しそう~な雰囲気なんですが、フランスでは「エコール」=「学校」なんです。

エコールなので、あくまでも「教育」の場ということで、先生以外に子供たちのお世話(着替えとかトイレとか)をする人がちゃんといて、基本的にオムツが外れてないと入れません。生まれ月によって2才半とかで入る子もいるので、ギリギリ感が否めませんが、、、

私自身が行っていた幼稚園は、年中・年長の2年だったのですが、大した「お勉強」をした記憶がありません。歌うたったり、踊ったり、砂場で遊んだり、トマト栽培したり、とかそんな感じ。年長になるとようやく「ワークブック」的なものがあって、間違い探しとか線結びとかするのが、大人になったみたいでうれしかった覚えがあります。

フランスのエコールマテルネルで毎日何をしているのか、娘から聞く話だけではイマイチよく分からなかったりしたのですが、休みの度に持ち帰ってくる、先生の手作り感満載のワークブックで明らかになりました。本当に「お勉強」してるんです。
f0194446_1617219.jpg

これは実際にパンを作ったときのもののようで、どんな順番でパンを作ったのか貼るワーク。

家ではカードとかでひらがな遊びはしてましたが、早期教育とかしようと思ってなかったので、フランス幼稚園での真剣具合にちょっとびっくりしました。

それに刺激されているのもあるのか、去年の9月にエコールに通いだしてから「ワーク」的なものに興味を持ち始めたので、だったら家でもしようかな、、、、私とするんだったら日本語だな、、、と日本の通信教育から資料をいくつか取り寄せてみて、最終的にドラえもんのコースをこの4月から実家に送って転送してもらっています。
f0194446_1618621.jpg

何故ドラえもんかって、それは私自身が幼稚園のときにはまりまくっていたから。
というのもありますが、1~2才、2~3才コースは中古で入手したしまじろうの次のコースはおもちゃが多くて収納などに困りそうだし、Z会は内容はとてもいいのだけど、キャラクターやイラストに私がウキウキせず(←やっぱりソコ?)、ドラゼミに落ち着きました。

基本的に親と一緒にやることを前提としているので、娘も喜んで「おかーさんといっしょにどらえもんやるー」と誘ってきます。
たまに写真右下みたいに難しい問題ありますけどね、、、(知らない人におかしあげるって声かけられたら、お母さん呼びに行くって、娘ははじめ分かりませんでした。)
でも、虫や花を観察しよう、とか、ハンカチを洗って絞って干してみよう、とか年齢にそったテーマで親子で話ができる機会ができて良かったな、と思ってます。

そしてただいま絶賛学校夏休み中。
フランスはアメリカなどと同じように学年切り替わりの時期なので、基本的に宿題はありません。うらやましー!
その代り、「なつやすみの友」的な復習ワークが本屋やスーパーに特設コーナーで売り出されています。
我が家もこれから相方くんがバカンスとって帰省するので、パパとのコミュニケーションツールとして、いくつか入手してみました。
f0194446_16204336.jpg

やっぱりなんだかフランスのものの方が、「お勉強」チックな気がするなぁ、、、、





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-07-27 16:29 | 日々のこと | Comments(2)
マイナスイオンを浴びに
テロ事件のあったニースは、カンヌから30kmほど。

そんなに遠くもないのですが、近くもないし、例えばニース在住の友人に会いに行く、とか、カンヌにはない小児専門の病院に子供を連れて行く、などの特別な用事がなければ行かないので、前にプロムナードデザングレを歩いたのなんて覚えてないくらい昔のこと(おそらく7年前とかに友人が観光で来たとき)ですが、身近に起こった事件、ということでは衝撃がありました。
ちなみに我が家はテラスからカンヌの花火鑑賞してそのまま寝てしまったので、ニュースを知ったのは日本のほとんどの人より遅い翌日朝でした、、、

とはいえ、ずっと引きこもっているわけにいかないし、子供たち&自分たちも心身ともにリフレッシュしなければ、と懲りずに出かけた先週と同じ川べり。
f0194446_411538.jpg
同じ川ですが、今回は反対側、お隣のVar県側から別の場所にアクセスしてみました。
天然の滝があって、気持ちがいいです。

水はやっぱり冷たかったですが、意を決して泳いでみたところ、泳げなくもない。(でも10分以上は無理)

無差別テロから100%身を守ることは困難ですが、こういう場所なら人が大勢集まるところより確率は下がるはず。でも水難とか落石とか別の事故の確率はあがりそう、、、汗 もちろん小さい子もいるし細心の注意は払っております。

自然と触れ合うことで、悶々とした気持ちは少し晴れたような気もします。
ただ、川べりの向かい側にあったこれ、賽の河原っぽいのがちょっと嫌。
f0194446_4133639.jpg
日本だったらよっぽどのイタズラ心じゃなかったら、しないだろうな、、、





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-07-17 04:04 | ちょっとそこまで | Comments(0)
真夏の15℃
6月初旬からクーラーがフル稼働だった昨年に比べて猛暑度は低いですが、日向を歩いていると「暑い~!」と思わずつぶやいてしまうような真夏日が続いています。
とはいえ、クーラーをつけたのは数えるほど、夜もそこそこ寝れているので、名古屋の夏に比べたら、大したことありません。

そんな暑い日の週末は、涼しいスポットへ。
f0194446_402847.jpg
水温15℃、泳ぐには冷たすぎますが、足をつけて涼みながらピクニック。この川は、カンヌ市の水道水となっている川だったりもします。

f0194446_424457.jpg
街では見かけないキレイなトンボにも出会えました。

帰りに寄ったのは、St Cezaire(サンセゼール)の洞窟。ここは室温15℃。
f0194446_445691.jpg


セールが全国に遅れて2週間遅れで始まったものの、学校が夏休みに入ったのもあり、町中は観光客やバカンス客でいつも以上の人ごみにちょっと疲れたりする観光地ならではの悩みはありますが、こういう「THE 夏休みスポット」に日帰りで気軽に行けるのはメリットですね。

そういえば、夏の始まりに「地元民かどうか」を見分けるコツとして、「背中・肩が赤くなっているかどうか」で判断可能です。地元の人は5月終わりくらいからちょこちょこビーチに出かけてじわじわ焼けるので、いきなり太陽の下に出て焼いたりしないんですね~。(私なんかは一年中ベビーカー焼けでヒジから下が異常に黒いですが、、、それはそれで問題。汗)

川で涼んでいるときに、ビキニの跡がくっきり真っ赤になった女性を見かけたんですが、十中八九バカンスで南下してきた人と思われます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-07-10 03:56 | ちょっとそこまで | Comments(2)
| ページトップ |