Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
naomusicさんも小..
by akiko_tp at 05:10
私も3年前に小学校での研..
by naomusic at 17:19
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 18:34
バルセロナ!私一度行きた..
by naomusic at 16:30
プチりすさん、 ホント..
by akiko_tp at 22:33
一枚めのサグラダファミリ..
by プチりす at 21:36
プチりすさん、 そうそ..
by akiko_tp at 15:34
雪遊び良いですね〜。 ..
by プチりす at 08:36
naomusicさん、 ..
by akiko_tp at 01:58
akikoさん、お久しぶ..
by naomusic at 21:54
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
二つ星のビストロ
ベビーシッター利用しての相方くんと二人での夜のお出かけ、2回目。

今回は贅沢に隣町にあるミシュラン2つ星のガストロノミーレストラン、、、ではなく、その上の階にある同レストラン経営のビストロに行ってきました。

前菜+メイン+デザートのメニューは32ユーロ~とリーズナブルに美味しい料理が食べられます。
f0194446_20581993.jpg
私のチョイスは、エスカルゴにスズキのオリエンタル風(ちょっとモロッコ料理っぽい味付け)、チョコレートケーキでした。どれも安定した美味しさ!

実はここのシェフ(大阪のホテルでも働いていた日本びいき)とは、毎週のようにカンヌの市場ですれ違っていて、野菜をみながら、「あ、これはあそこのスタンドで買ってたやつかな~」などと想像を膨らませる私たち。同じ野菜買っていても、もちろん腕が違いますけどね。

さて、ちょっとびっくりしたのが、こんな案内(メニュー)を出されたこと。
f0194446_20582762.jpg
何かというと、下の階のガストロノミー二つ星レストランのメニューを「30%割引」でビストロから注文できますよ、というもの。いや、一皿でコースメニューよりお高いものがざくざくなので、そんな簡単に手が出るものではないんですが、うん、大阪人(?)、商売上手でいらっしゃいますね。

ローコスト航空会社のeasyjetにロゴまでアレンジして、easyOasisとか書いてるのも面白い。


L'Oasis
Tel 04 93 49 95 52
6 Rue Jean Honoré Carle - 06210 LA NAPOULE


そして、翌日の日曜日は父の日でございました。
私は何もしませんが、保育園&幼稚園からそれぞれプレゼント(キーホルダーとカード、手形足型つきのTシャツ)を持って帰ってきて、詩の暗唱つきの贈呈タイム。
f0194446_2143930.jpg

親になるまであまり考えたことなかったんですけど、こういうのってもらう方ももちろんうれしいけど、あげるって行為自体がうれしいんですね。いつもごっこ遊びで「プレゼント、どうぞ~」ってくれるもんなぁ。

さらにプラスアルファで、二人一緒の週末二日連続、自主的な昼寝2時間なんという、すごいサプライズプレゼントもありました。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-06-19 21:13 | 外食(フレンチ) | Comments(0)
フランスだけど日本的夏祭り
娘には、私のおさがりの浴衣、息子には近所に住む日仏家庭の子のおさがりの甚平を着せて向かったのは、地元日本語補習校の夏祭り。

昨年は猛暑+1ヶ月半児を抱えていたので不参加だったのですが、2年ぶりに参加することができました。
f0194446_1101023.jpg


補習校は日本の学年でいう年中さんからなので(娘はまだ年少さん)、普段は行っていませんが、夏祭りや運動会など、イベントのあるときだけ参加させてもらっています。来年4月から通うか、、というと、まだこれは迷い中。なんといっても土曜日の午後がつぶれてしまうのが、特にアウトドア好きな私+相方くんにとってキビシイ。日本語にふれる機会や同じような環境にあるお友達と会えるのは貴重だとは思うんですけどね~。
来年4月までゆっくり考えようと思います。

さて、夏祭りはボールすくいに、水風船、焼きそばにかき氷、綿菓子、輪投げなど盛りだくさん。
中古本のバザーもあって、素敵な絵本を2冊で1ユーロでゲットしました。
f0194446_110214.jpg


3週間前ほどから歩き出した息子は大したことはできませんが、物怖じしない性格もあり、私の手をふりほどいてお祭りの中をうろうろ散策しておりました。来年はもう少し遊べるかな~




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-06-11 01:09 | 日々のこと | Comments(0)
フランスに住み始めてから上達したもの
日本に住んでたときは想像してなかったんですが、フランスにすんで早7年、何が上達してきたかって、自宅で作る和食、中華。

そう、日本にいたら外食やテイクアウト、スーパーなどの持ち帰り総菜で気軽に食べれるような天ぷら、コロッケ、メンチカツ、餃子、焼売などをよく作るようになったんですね~

雨の日曜日だった今日はムスメ(3歳半)と二人で朝から餃子づくりに精を出してみました。
急に思い立ったので、いつもだと車で15分くらいのところにあるアジアスーパーで購入できる餃子の皮を粉から仕込み、豚ひき肉もないのでキッチンエイドのミンサーでミンチにするところからのスタートです。

門前小僧で仕込んでるのもあって、ムスメは大分戦力になってきました。
包むのはまだ難しいですが、皮に粉つけたり伸ばしたり、包むときにタネをのせたり水をつけたりするのをかなり手伝ってくれました。これはもう息子にも仕込んで5年後くらいには家族総出で餃子の日、でしょうっ

そんな成果は夕食に。
f0194446_3431883.jpg


ちなみに餃子はフランス語で「中国のラビオリ」と言います。
昔、大阪万博ではピザのことを「西洋のお好み焼き」と呼んでいたそうなので、それに近いものがありますね。

原作は日本のもののようですが、フランスでみつけた絵本で「水曜日はラビオリの日」というのがあって、この「ラビオリ」はどうやら餃子のようなのです。
f0194446_3461366.jpg

f0194446_3462118.jpg

き、気になる、、、

できれば日本語版を購入してみたいところですが、逆にフランス人のお友達にも説明しやすいように、あえてフランス語版を買ってみてもいいかな?




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-29 03:25 | おうちごはん | Comments(2)
カンヌ映画祭~ドレスコードに思うこと
カンヌでは、映画祭が開催中。

いつものことながら、期間中は町の人口は増えるは、あちこちで車は渋滞するは、バスも平日なのに土曜日のダイヤで運行するは、でなるべく中心地に出ないように生活しているので、いつも以上に行動範囲は地味に。(さらに娘が水ぼうそうにかかり、プチひきこもり状態、、、)

そう、映画祭って地元に住んでいるものには大した恩恵がないんですね。
観光業とかレストランとか商売している人にとっては稼ぎ時、ですが。
娘も実際に会場近くに行ってどんなことをやってるかをきちんと見たことがないので、「映画祭やってるんだよ」と話しても、何のことやら分からない様子。

数少ない恩恵の一つが、抽選での市民向けのチケット配布。
今年は運よく22時上映の回が当たったので、相方くんは元同僚と男同士でレッドカーペットを登ってきました。

女性のドレスコードはそこそこキレイなワンピースなど着ていればパスすると思いますが、意外に男性には厳しく、ブラックスーツで出かけたら、蝶ネクタイ(15ユーロ)を購入させられたそうです。まあ、これからもカンヌに住んでるなら映画祭で映画をみるため「だけ」に使えるから、いいんじゃないでしょうか。

f0194446_15221715.jpg

期間中はZARAだって、他のカジュアルブランドだってショーウィンドーはイブニングドレス&蝶ネクタイですよ。

日本から「カンヌ映画祭」をテレビや雑誌のスター記事なんかで見ているときには、「ふーん、そんな世界があるのねー」とすごく遠く感じていたのが、今やその土地に住んでいるとなると、あまりにも日常に隣接しすぎていて、蝶ネクタイのドレスコードや豪勢なドレスといったものが、娘が幼稚園のカーニバルでアナ雪のドレスを着ていたのとなんら変わらなく思えてくるから不思議です。

普段、ゆるーい服ばっかり着ているおじいちゃんおばあちゃん(高年齢者多し)があふれる町に、観光客含め、なんだか異常にドレスアップした人たちがこの期間だけ増えてるわけですから。

最近授乳もなくなって、着る服をそれで選ぶ必要がなくなったので、オシャレしたいなーという意欲が上がってきているんですが、私がしたい「オシャレ」って「カンヌでのドレスアップ」ではなくて、「表参道でデート」か「丸の内に通勤」くらいのオシャレなんですよね。
でも、保育園と公園とスーパーと幼稚園を往復している日々ではそういう服の必要性がない~涙

ファッション誌のカンヌレポートとはまた異なる、市民のつぶやきでした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-20 15:38 | 日々のこと | Comments(0)
フランスっぽい、と思う絵本二冊
我が家の子供の本は圧倒的に日本語の本が多いのですが、夜の読み聞かせに読む本がないっと危機感を募らせた相方くん(=日本語ほぼできません)が、同僚からもらったり、新しく買ったり、図書館で借りてきたりしてフランス語の絵本もそこそこ増えてきました。

ただ、児童館で気に入ってたから、など私からのアドバイスによるところも多いのですが、、パパ、がんばれ!

そんな児童館や幼稚園に置いてある本も、日本の作家のものが多かったりするのですが、今回紹介する二冊は、はじめて読んだ時に、「わ!フランスっぽい~。日本だったらこんなのありえなさそう!」と私主観で思ったものです。
f0194446_3353110.jpg


まずは、Bonjour Docteur(こんにちは、お医者さん)。
色んな動物たちが鼻にチューイングガムがつまったとかで、お医者さんに診てもらうのですが、だんだん待合室の動物が減っていく???
と、オオカミがお腹がいたい、、、と診てもらったところで、お医者さんをがぶり、と飲みこんでしまい、次の患者さんを診るのは白衣を着たオオカミ!というところで終わっちゃうんです。
えー、そこで終わっちゃうの?と日本の本では出会えなさそうなシュールさが面白い。

娘は2才ごろ、これが大好きで毎晩のようにリクエストしてきていました。
日本でいう「こどものとも」のような定期購読で配本されたようで、相方くん同僚からのお下がり。

シリーズで、Bonjour Facteur(郵便配達屋さん)、Bonjour Pompier(消防士さん)もありますが、話としてはこれが一番面白いと思います。

次に、C'est a moi, ca(これ、ぼくの!)。
カエルが卵を発見して、「これ、ぼくの!」っていうんですが、後から後からどんどん大きい動物が出てきて、「これ、ぼくの!」って奪っていっちゃいます。取り合いしているうちに、ゾウの頭にぶつかってコブを作ってしまい、ゾウが「これ、誰のだ!」と聞くと、逆に責任転嫁して、「あの子のだよ」「いや、あの子のだよ」って元のカエルを指差すと、意外に親切だったゾウはカエルに卵をかえしてくれます。(もちろん他の動物は、「えーっ」って感じ)
最後は、卵から生まれたのはなんとワニの子供で、カエルをみて「これ、ぼくの!」というところで終わります。

これは本屋で私が見つけて、娘も幼稚園にあって好き、って言ったので購入したんですが、2才半くらいの「これ、私の!」の主張が強かったときに欲しかったなー、と思いました。ま、息子がこれから読むでしょうけど。(まだかじるのと、本棚から落とすのに夢中な12ヶ月児ですが)

セレクションの問題なのかもしれませんが、日本の絵本の方が道徳的なものが多い気がします。
皆さんも古今東西問わずおススメな絵本があったら教えてください。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-14 03:49 | 日々のこと | Comments(4)
モナコ水族館&カンヌで見つけたクラシックVW
なにげに木曜日から4連休で、日本のGW並みだったこの週末。

土曜日は約1年半ぶりにモナコの水族館に行ってきました。
「水族館だけ」を目的にモナコに日帰りできるって、日本に住んでいること考えたら、ある意味贅沢ですね。

同年代の女子はきっと大抵同じ感じだと思うのですが、お姫様(プリンセス)ブーム真っ只中の3歳児は、「本物のプリンセスが住む本物のお城」にちょっと興奮気味。(1歳児の息子は飾ってある大砲のオブジェに大興奮。笑)
f0194446_3462833.jpg


相変わらずゴージャスな水族館。水槽の規模がそんなに大きいわけではないのですが、それでもサメや熱帯系の魚、地中海の魚など、そこそこ楽しめます。
f0194446_3515695.jpg
料金はシーズンごとに変動し、現在は中間の大人一人14ユーロ。4才未満は無料なので今がチャンス!と駆け込み。苦笑
前回は娘も1才3ヶ月だったので行かなかった屋上遊具でも遊ぶことができました。
息子(1才ちょうど)は、まだ歩かないので抱っこ紐での鑑賞、そのうち暗いのでぐっすり、とまだちょっと早かったですね。

我が家にしては珍しくお金を使った(とはいえ、高速+入場料+駐車場+ランチで計100ユーロくらい)日の翌日は、自宅ランチにうどん、午後は近場のビーチで散歩とのんびり。
そしたら、クラシックなVWが集まる、私好みのイベントに遭遇しました。
f0194446_423323.jpg

維持を考えたら大変そうなので買わないですが、このフォルムとか色とか大好きなんです。
(相方くんは小さい頃親戚がこのタイプの車に乗っていて、夏休みにキャンプとか行ってたんだとか。うらやましい~)

実は、子供用の遊ぶためのテントでこのデザインのものがあって、欲しい!と少し思ったんですが、色がピンクとかブルーとか赤とかポップな感じなのがちょっと残念だったんです。
エメラルドグリーンとかマスタードとかあれば、親の購買意欲もアップすると思うんですけど。
VWさん、お願いします。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-08 03:42 | ちょっとそこまで | Comments(0)
突然の休校連絡
日本では、祝日や週末と平日の休みが飛び飛びになっていると「飛び石連休」って言いますよね。
それをフランスでは、「Faire le pont」(=橋を架ける)と言います。
そう、休んだり働いたり飛び飛びにするのではなく、橋かけて全部休みにしちゃうんです。
このあたり休みに対する感覚の違いが言語に出ていると実感するところです。

さて、今週木曜日5/5はフランスの祝日。
(珍しく日本と祝日がかぶった!)
金曜日、相方くんは「橋をかけて」休みの予定。オフィス全体クローズするため、強制的な有休取得です。
息子の保育園(私立)は普通の平日と同様にアリ。

ここで問題になったのは娘の幼稚園(公立)です。
先週、向かいの小学校に子供を通わせているママ友から、「小学校来週金曜日休校って連絡あったけど、そちらは大丈夫?」というメッセージをもらい、「えー何も聞いてないからあるんじゃない?」と返答していたんですが、なんと!本日月曜日朝になって校門のところに「金曜日休校です」との連絡が貼ってありました。

私は仕事ですが、相方くん休みなので、我が家は幸い問題ありませんでしたが、これが共働きで両親ともに町中のお店とかホテルとか「橋を架ける」ことがないところで働いていたとしたら、、、、恐ろしや。
なんといっても、カンヌ市HPの給食メニューにも5/6(金)がいつも通り載っていたし(写真)、学童のカレンダーにも平日としての扱いだったのです。
f0194446_324972.jpg


え~、これ落とし穴でしょ、とか思っていたら、連絡帳には「教育省からの通達により」みたいなことが書いてあり、政府のサイトを見てみたら、なんと!ここにはちーさく注釈的に「学校ありませんよ」って書いてあったんです。同サイトにあった超分かりづらいカレンダーにもさりげなく5/6(金)は太字(=休日)となっています。
f0194446_3251043.jpg


はい、学校含むフランスの行政関連に「親切」を求めてはいけませんでした。
県庁参りをしていた頃を思い出しながら、これからも気を引き締めて各情報をチェックしていこうと思います。
(来年5月にも同じような飛び石の「休み」扱いの記載ありました。)

あー、びっくりした。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-02 03:15 | 日々のこと | Comments(2)
かぶりまくった持ち寄りBBQ
庭付き一軒家の友人宅におよばれしてBBQ。

およばれされたのはいいのですが、何を持っていくかギリギリになっても全く決まらず、さらに日曜日かつ祝日でスーパーも当日は開いていないし、前日土曜日の買い出しも混雑をさけて朝オープン直後と決めていたので、業を煮やした私は、「肉は用意しているだろうから、前菜になるスパゲティサラダとデザートにティラミス持っていくからって伝えておいて」とメニューをこちらから提案。

特にNGの連絡もなかったので、そのまま持って行ったところ、、、これがかぶりまくり。
元々会社の同期男4人のグループなのですが、彼女やら奥さんやらで集まる人数が増え、さらに子供たちも産まれて、いまでは4家族総勢大人7人(離婚したため一人減った、、、汗)、子供は1才~5才までの6人の大所帯。

みんな考えることは同じらしく、スパゲティサラダ、ショートパスタのサラダ、ちょうちょパスタのサラダが集まりました~
f0194446_4213630.jpg

10年前と比べたら男性陣も炭水化物ばっかりがっつり食べませんしね。もちろん余ったサラダは各家庭お持ち帰り。
次からはホスト側の調整ももちろんですが、持っていくもののアイデアも少し考え直した方がいいかもしれません。うーん何がいいんだろう?BBQがメインだと軽いものがいいだろうし、作るのが簡単で量ができるもの、、、、悩

この季節定番で私が持ち寄るイチゴティラミス。
f0194446_4203463.jpg
どどーんとマスカルポーネ500g分を今回作って、前日に凍らせておいてセミフレッドにしたのですが、まだそこまで暑くないのもあって、小さい方はやっぱりお持ち帰りでした。

そんなこんなでしたが、ムスコがぐずったときのためにおんぶ紐を持参したものの、結局ベビーカーで寝てくれたし、子供たちもみんなでそこそこ楽しく遊んでくれたし、庭で太陽の光を浴びながらワインとBBQが楽しめるのはやっぱり気持ちよかったです。庭、ほしい!





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-05-01 04:14 | 日々のこと | Comments(0)
アジとリラ
明日は5月1日でフランスは祝日。
(でも日曜日で、振替休日もないので、ほぼ恩恵なし)

このメーデー、おそらく一年で一番何もかも休みな日で、カンヌの場合正月もクリスマスも営業している市バスが5月1日だけは全く運行がなく、日曜日でも午前中は営業しているスーパーも明日は完全に休み。

そのため週末にまとめて買い出しをしている我が家では、朝から相方くん+娘、私+息子で二手に分かれて、スーパーと市場へ。
朝のオープン時に行かないと、明日が休みなのもあってスーパーが激混みになるとの予想しての行動です。

そんな日に市場で買ったもの。

1kg5ユーロのアジ、5尾(3.3ユーロ=400円くらい)
こちらはオーブンで塩焼きにして夕飯のおかずに。
f0194446_4284565.jpg


そして、今が売り時で割高になっているすずらん(※5/1にすずらんを贈る習慣があります)を横目に買ってきたリラの花。
f0194446_4302535.jpg


リラの花って、バレエの眠りの森の美女に出てくるのでそういう花があるってことは知っていても、あまりこれまで目にすることはなかったんですが、匂いもよくてとてもかわいい花です。

普段は花より団子なんですが、アジはもうお腹に入ってしまったので、しばらくリラで目を楽しもうと思います。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-04-30 04:20 | 日々のこと | Comments(0)
1才用バースデーケーキ
息子、無事に1才を迎えることができました。
とはいえ、はじめの3ヶ月は髄膜炎で入院したり、MRIを撮りにいったりとなかなかハードなスタートだったんですが、その後は大した病気をすることなく、元気に大きくなってくれてありがたいことです。

ちょうどイチゴが美味しい季節でもあるので、赤子でも食べられるケーキを作ってみました。
f0194446_4413099.jpg
イチゴの切り方からトマトにも見えますね、、、汗


中身はパンケーキ、プチスイス(乳製品の一種でヨーグルトよりこってりした食感)に軽く粉砂糖を混ぜたもの、イチゴとシンプルそのもの。

切ってみるとこんな感じ。パンケーキは焼いてからセルクルで丸く抜いてます。
f0194446_4423650.jpg
一番盛り上がっていたのは誕生日の張本人ではなく、3才姉でした。苦笑
1才の誕生日なんてそんなもんですよね。

そんな娘が1才のときは、ノルマンディ帰省中だったし、私もなぜか「えー、食べられないし、ケーキなんかいらないじゃーん」とテンション低く、義理母が地元のパティスリーに注文したケーキ(もちろん甘すぎて本人食べられない)を他の家族で食べる、というありさまだったのですが、今回はムスメが「ケーキ作る?何作るの?」とかなり前から毎日のように聞いてきたのもあって、ちょっとだけ頑張ってみました。

一応息子も食べてくれましたが、80%は私、相方くん、娘でぺろり。

でも当たり前ですが毎年この季節なので、イチゴが手に入りやすいのはいいですね。
私自身は7月生まれで、小さい頃は生クリームなどが苦手だったのもあって、いつもメロンをリクエストして誕生日は豪勢に食べていたのを思い出しました。
きっと、誕生日の季節によってみんな食べてきたごちそうが違うんだろうなぁ。
色んな人の誕生日ごちそうストーリーを聞いてみたくなりました。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
# by akiko_tp | 2016-04-24 04:51 | おうちごはん | Comments(10)
| ページトップ |