人気ブログランキング |
Top

森の中に引っ越しました
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス・リムーザン
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
タグ
(10)
(9)
(9)
(3)
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
> プチりすさん フラ..
by akiko_tp at 14:07
ノルマンディの夏、いいで..
by プチりす at 08:56
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 14:33
ドラえもん,チェックして..
by naomusic at 20:44
>プチりすさん、 この..
by akiko_tp at 14:07
ちょっとプチ旅、良いです..
by プチりす at 08:02
>プチりすさん、 作っ..
by akiko_tp at 16:09
想像していたより、はるか..
by プチりす at 10:12
> プチりすさん 窓開..
by akiko_tp at 18:36
バカンスの心配だなんて、..
by プチりす at 10:05
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
新学期、新学年(=習い事の切り替え時期)
無事に新学期(フランスでは新学年)も始まって、子どもたちは毎日楽しく学校に通っております。
幼稚園では、通っている子供にCOVID陽性が一名出て、そのクラスが一時学級閉鎖になったりはしましたが、どうやらその後広がることもなく済んでいるようです。
こうやって、モニターして、やり過ごしながら、しばらく生活することになるんでしょうね。

日本だと習い事は辞めない限り続いていく、というタイプが多いと思うのですが、フランスでは9月始まり6月終わり(7-8月はバカンスでお休み)で年間登録の更新をしていくのが通常パターンのようです。
8月末から9月にかけて、各自治体では習い事(大人のものも含む)の任意団体が集まって活動を紹介するイベントが開かれていて、そこでどんなものができそうか探すことができます。
新学期、新学年(=習い事の切り替え時期)_f0194446_16215768.png
数年前はこのシステムを全く知らず、ムスメが幼稚園年長くらいに「そろそろ習い事でも始めようか、、、?」とリサーチを始めたものの、イベントや登録時期が完全に終わった頃に、ママ友にイベントの存在を教えてもらうという完全に後手に回ったこともありました。

今の所、ムスメ(8才)は水泳を3年、テニスを2年、柔道を数ヶ月やり、ムスコ(5才)は柔道を去年始めたものの、途中で外出制限、コンタクトのあるスポーツの規制などあり、半年で終了してしまった経緯があります。(年間月謝払ってたのにもったいないー)

今年は引っ越して新しい環境になったのもあり、今までやっていたカンヌでの習い事を継続するのは難しいので、近所でやっていたアソシエーションイベントにいくつか顔を出してみました。子供だけでなく、大人のヨガやズンバのクラスがあることがわかったので、買収されて経営が変わったからなのか、ここ数ヶ月で激減したジムのグループレッスンプログラムの代わりになるかも?、と私自身の習い事も検討中です。

最近、ピアノを購入したからというのもあるのか、二人とも音楽をやってみたい、ということで近くにあった音楽学校(コンセルバトワールではない小さなところ)に登録をしてみました。これならまたフィジカルコンタクトNGになっても続けられそう。見学したところ、教室も透明パネルがあちこちに設置されていたり、楽器もクラスが終わるごとに消毒しているなど、かなり気を使っている感じです。楽しく習えるといいなぁ。

本当はスポーツ系の習い事も入れたいところですが、なかなか今の事情では難しい。
テニスだったら学校終わりに車で迎えに来てもらえるし、いいじゃない、なんて思うんですが、子供の希望と親の望みってだいたい一致しない、、、、、
習い事イベントで話したところでも、今年は登録を躊躇している傾向が見られる、ということでした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-09-18 16:46 | 日々のこと | Comments(0)
夏休みの過ごし方(2020年版)
長かった夏休みも、もうすぐ終わり。(のはず)
さらに今年は3月中旬から2ヶ月の外出制限があり、子どもたちは6月も2週間しかまともに登校しなかったので、余計に長かったような感覚があります。

お出かけもしづらい状況なので、義実家に行った他は近場(それも県内)のキャンプやハイキング程度で、後はたいてい家で過ごすことが多かったです。なんとなく人混みを避けて地中海ビーチには出かけずに夏休みが終わりそう。特に予定のない日の我が家のルーチンはこんな感じでした。

朝:私(相方くんも週2程度)が在宅仕事中は、子どもたちはZ会のワークをやったり、姉→弟への読み聞かせ、庭で二人で仲良く遊んだりケンカしたり。

午後:外は暑いので基本家遊び。レゴやったり、工作、お絵かきなど親のサポートがいるアクティビティはこのタイミングで。
夏休みの過ごし方(2020年版)_f0194446_14564441.jpg
この日は「ノートPC」をダンボールに厚紙貼って作ってました。

夕方:おやつの後はプールタイム。平泳ぎで5回くらい掻いたら端から端まで着いちゃう程度のサイズですが、まあ子どもたちが飛び込んだり、ばしゃばしゃ遊ぶ程度には楽しめるし、私達も涼めるので、ありがたかったです。
夏休みの過ごし方(2020年版)_f0194446_14574152.jpg
本当は、家探しをしているとき、私としてはプールがあること、もしくはプールを設置できることはそこまで優先事項ではなかったのです。(場所によってはプールを掘れるスペースがあっても行政の問題で設置不可だったりする)

公営プールで泳ぐのは好きだし、海でも泳ぐのですが、子供時代カナヅチで水が顔にかかるのがイヤだった記憶がまだ残ってるんですよね。それに対し、相方くんは「絶対ある方がいいから!」とプール推しで、引っ越してからもメンテナンスに精を出しておりました。塩を入れてカルキ分を生成するタイプなのですが、けっこうな量がいるらしく、「まだ足りない、また足りない」と4回くらいホームセンターに買いに行ってたりしました。
私だけだったら絶対メンテナンスが面倒でプールにそこまで情熱を注げなかっただろうなぁ。

ともあれ、この夏はプールの恩恵を十分に受けさせていただきました。

来週から子どもたちは新学年。
小学校3年目(CE2)と幼稚園3年目(GS)になります。
住んでる自治体の学校にようやく通えるので、これから学校生活を長く一緒に過ごすことになる友達ができるだろうし、無事に(←ここ重要)楽しく過ごせるといいな。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



# by akiko_tp | 2020-08-28 15:28 | 日々のこと | Comments(0)
メルカントゥール国立公園で日帰りハイキング(今年2回目)
6月初めに同じようにメルカントゥール国立公園までハイキングに出かけたときは、外出制限中の運動不足と外出不足がたたり、5才ムスコが全く歩けなかったので、途中で引きかえしたりもしていたんですが、流石に毎日のように自宅プールで泳ぎ、キャンプに行ったり、ノルマンディ帰省でも運動系アクティビティをしていた効果もあったようで、ほぼ元の体力が戻ってきた様子。

そこで、リベンジの日帰りハイキングに出かけてきました。
夏休みの「密」を避けたお出かけ先として人気な山スポットなので、普段以上に駐車スペースには車が溢れていました。
私たちもそこは折込済で、県のハイキングガイドに載っているメジャーなコースの方に皆行っているだろう!と、同じところからスタートする第二候補の方をチョイスして登ってきました。
Lac Balaour という湖まで、何組かのグループとすれ違いましたが、いつも行くときのコースくらいのすき具合なのが良かったです。
メルカントゥール国立公園で日帰りハイキング(今年2回目)_f0194446_04490157.jpg
5才ムスコは登りの方が得意らしく、すいすい登っていて、8才ムスメの方は逆に下りの方が得意でスムーズに行ってました。傾斜がけっこうある場所があったので、子供にはテクニック的には少しレベル高いかな、という感じです。
実際10才以下と思われる子供連れには他に出会いませんでした。


でも、こういう登って目的地がはっきりしている系のハイキングはモチベーションあがりますね。
メルカントゥール国立公園で日帰りハイキング(今年2回目)_f0194446_04490199.jpg
湖が見えてきて喜んでいるヒトたち。

秋になると標高が高いのもあり気温が下がるので、来月あたり夏休みの人混みが落ち着いた頃にまた週末ハイキングにメルカントゥールまで来れるかな?





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-08-24 05:03 | アルプス | Comments(0)
(例外的に)天気の良かった夏のノルマンディ
毎夏恒例のノルマンディ帰省から帰ってきました。
いつもは「避暑」なイメージが大きくて、ジーンズ&パーカーで過ごすことも多いのですが、今年は例外的に天気がよく、むしろ猛暑警報が出ていたりして、毎日青空が拝めました。
(最後の数日はいつもの雨模様で「ああ、これがないとやっぱりノルマンディじゃないよねー」なんて話していたくらい)
(例外的に)天気の良かった夏のノルマンディ_f0194446_18295181.jpg
引き潮の浅瀬でも何度も遊べました。子どもたちが泥だらけでプールやら城やら作っている間に、大人たちはエビ釣り。今年は磯出の蟹釣りはイマイチ釣果が上がりませんでしたが、エビはたくさん取れて、アペリティフのおつまみになっていました。
天気が良かったのもあるのか、ブラックベリー獲りも上々。ソースにしてヨーグルトと一緒にいただきました。
(例外的に)天気の良かった夏のノルマンディ_f0194446_18410652.jpg
あまりにも天気がいいので、トゥルーヴィルやオンフルールなど可愛い町にも再訪したいよね、、、とは思いつつ、人混みを最大限避けるために、ひたすら家&自然の中で過ごしていました。


ま、それはそれである意味贅沢な時間の使い方ですね。

ドールハウスやら立体駐車場など、前にクリスマスや誕生日でもらったけれども、かさばるので義実家においてあったおもちゃたち、子供の成長が早すぎて、結局もうあまり見向きされなくなってしまいました。子供の成長ってあっという間ですね、、、

今回、一番遊ばれたのは、発泡スチロール製の飛行機。尾翼の位置を移動すると、回転飛行(大人がやると2回転くらいする)もできるようになっていて、天気が良かったのも手伝って、ひたすら庭で遊んでいました。
(例外的に)天気の良かった夏のノルマンディ_f0194446_18505238.jpg
家の造りが寒い地方向けにできているので、暑い日の二階部分は夜になっても室温が下がらず、寝苦しい夜もあり、むしろ南フランスの家に帰ってきた方が夜は涼しく過ごせてます。
日本では既に新学期が始まっているところもあるようですが、フランスはそのあたり通常モードで子どもたちの夏休みもあと2週間あります。無事に新学期が始まることを祈りつつ、残りを楽しみたいと思います。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-08-17 18:58 | フランス:ノルマンディー | Comments(2)
タンタンとドラえもん
3月からの外出制限、学校が微妙に再開した後に突入した夏休みと子どもたちが家にいる時間が長くなっています。

そんな我が家で最近大活躍しているのが、タンタンと学年別ドラえもん。
   

タンタンは私が持っていた日本語版も数冊ありますが、フランス語版は相方くんが小さな頃から古本屋などでコツコツ集めて全巻揃っています。フランス語がスラスラ読めるようになってきた7才ムスメが5才の弟に読み聞かせをしてくれるので、メチャクチャ助かっています。(ストーリーが長いので時間がもつのと、何度も読んで話を覚えてきたので、読めなくても後からひとりで絵を眺めながら楽しんでくれる)

日本語はそこまでスラスラ読めないので、Z会通信の国語の音読もイヤイヤながらやってる感が満載、かつ興味がない話だと文字を追うのに必死で読み終わっても内容がわからない、ということで、うちにそこそこ揃っている児童書にも私が読み聞かせる以外は手がついていなかったんですが、昨年10月の帰省時に書店で見かけておばあちゃんに買ってもらった「ドラえもん一年生」は内容も短めで簡単だったからか、自分で読むようになってきました。

そして最近注文していた「ドラえもん二年生」が到着。
姉弟で取り合いになった末、初めて読む話でも姉→弟に読み聞かせをしてくれるまで成長してくれましたー!(感涙)
マンガの読み聞かせって大人にはツライので、子供同士で読んでくれるのはものすごく助かります。

思い返せば、私自身ドラえもんを読んでカタカナも漢字も覚えたんですよね。幼稚園くらいから、母がデパートなどに出かけた日曜日に父と本屋に行って買ってもらっては読みふけった記憶があります。(いや、その後もマンガっ子だったので、漢字どころかマンガから得た知識は教科書以上に膨大なはず、、、汗)
今読むと内容に昭和感が溢れていたり、しずかちゃんのイヤに女子っぽい喋り方に違和感があったりしますが、学年別になっているこのシリーズは使っている漢字や内容が年齢に即しているのもあって、低学年から楽しめるのは◎です。
子供にはあまり見せたくないしずかちゃんのシャワーシーンなどはとりあえず今の所見かけていないので、そのあたりは現代社会の事情に合わせてるのだと思われます。


当時、手塚治虫のユニコも読んでたはずなんですが、こちらは漢字にルビがふられていないのが残念。
けっこう難しい漢字もあるんですが、私どうやって読んでたんだろう、、、、、、? 昔のバージョンにはルビがあったのかな??





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


タグ:
# by akiko_tp | 2020-07-28 18:52 | 日々のこと | Comments(2)
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊
2018年にはレンタルテント、2019年には自前テントで2泊したキャンプ場へ行ってきました。
3年目の今年は自前テントで3泊にチャレンジです。

まだ外出制限明けで自宅から100kmもしくは同一県内のみ移動可能だったときに、「人混みを避けたバカンス先」として予約していました。やっぱり同じことを考えていた人が多かったらしく、ベルギー、ドイツ、オランダナンバーが多かった去年までと比べて、県内ナンバーが目立ちました。

3回目ということで、このキャンプ場の利点(国立公園まで近い、山奥なので目の前に絶景、プール有り、ピザレストラン併設)から不便な点(スーパー、食料品店、パン屋が近くになく、食料調達が難しい)を把握して事前準備をしたので、ランチ用のバゲットと最終日の夕食にピザ2枚をキャンプ場に頼んだ以外は、ほぼ持ち込みの食料でまかないました。
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊_f0194446_18294847.jpg
朝ごはんはこんな感じでテント前で、夕ごはんは常設されているピクニックテーブルでいただきます。

3泊すると、丸っと2日間出かける日が確保できるのがいいですね。
2日目は、Col de la cayolle という峠からいくつかの湖を回るハイキングへ。
マーモットやシャモワにもたくさん出会えて、花畑が広がっている場所もたくさんある夏を満喫できるコースでした。高低差500m、トータル10km弱あるので、5才男児は最後の方ちょっと泣きが入ってましたが、湖がいくつ目なのかカウントしている間は楽しそうに歩いていました。(去年のキャンプで12km歩いたご褒美のデカトロンリュックもちゃんと持参)
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊_f0194446_18373051.jpg
3日目は我が家の定番、Col des champsへ。
ここは車降りてすぐのところでも見通しのいいキレイな景色が見えるのがポイントです。
子どもたちも前日のハイキングで疲れていたようなので、ちょっとした丘(※山ではない)を登って、石ころ遊びを満喫するお手軽なお出かけ先としてはバッチリでした。途中ロバ連れで8日かけてハイキングしている家族連れにも遭遇。大変そうだけど、やってみたいなぁ。(ムスコがもう少し歩けるようになってからだな)
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊_f0194446_18461829.jpg

キャンプ場に泊まる醍醐味は、お出かけから帰ってきても、そこで広々と遊べること。(ま、豪華ホテルに泊まれば別ですが)
プールもあるし、家族で屋外カードゲームしたり、テーブルサッカーや遊具があるところに行けば、子供が大抵いるので、すぐ友達になって何やかんや遊んでいます。(その間、大人は木陰で読書に励める)
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊_f0194446_18514427.jpg
以前、キャンプ場で友達とどっかに行ってしまった娘を探し回った経験から、子ども用トランシーバーを持参したのですが、これがとっても便利でした。何してるかどこにいるか連絡がとれるし、歯磨きするよーとか、ご飯の用意できたよーとか斜面にあるキャンプ場内を上り下りしなくても呼び出せます。
リピート3回目のキャンプ場で3泊4日のテント泊_f0194446_18561879.jpg

先日ムスコの誕生日プレゼントにもらって、庭でスパイごっこ(?)か何かするのに子供同士で使っていたんですが、なかなかお役立ちでした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-07-26 18:45 | アルプス | Comments(0)
ピアノ、(ン十年ぶりに)始めました。
子供の頃、定番の習い事であるピアノを習っていました。

年中のときから初めて、中学生になった頃に辞めたのですが、コンクールに出たりけっこう本格的にやってた割に、そんなに好きではななかったのです。(先生に音楽専科のある高校をことあるごとにPUSHされていたのもイヤになった理由のひとつ。)
別に習っていたバレエの方が好きで、他の子と比べても上手な方ではなかったくせに高校まで続いていて、その後大学生のときも大人用クラスに通ったり、スポーツジムのバレエクラスやダンスに参加したりもしてました。

すっかり遠ざかっていたピアノですが、ムスメが赤ちゃんのときにこんなピアノをおもちゃとして購入し、童謡だけではなくクラシックも入っていたので、ちょこちょこ楽譜を見ながら弾いたりして、「あ、これ、自分の楽しみとしてならまた弾きたいかも~」と思い始めていたのです。(ちなみに、このおもちゃピアノは相変わらず子どもたちに愛用されております。7年くらい経ってて、ひとつ#の音が出なかったりしますが、おもちゃとしては、なかなかの長持ち)



そして、ようやくピアノが置ける家に引っ越しを果たし、子どもたちも音楽に興味が出てきたのもあって、私の誕生日にかこつけてピアノ購入、と相成りました。9年ほどの中古品、leboncoinで新品の4分の1ほどの価格で入手できたローランドの電子ピアノです。(9月からスイスの学校に行く息子さんが使っていてもう誰も弾かないから、という人から譲ってもらいました)
ピアノ、(ン十年ぶりに)始めました。_f0194446_17483137.jpg
イマドキの電子ピアノにあるBluetoothやアプリ連携などはついていませんが、私は普通のピアノと同じように弾きたい&音量調節、ヘッドホンが使えれば良かったので、これで十分。本物ピアノの音質には負けますが、運搬や調律を考えるとお手軽に始められるのはいいな、と思います。

付属の楽譜を見てみると、日本のメーカーなのもあって曲名は日本語併記で選曲も私が昔ピアノ教室で弾いてたり、発表会などで弾いた曲が満載で、ン十年ぶりに再開する指慣らしの練習にはもってこいでした。一週間くらい毎日30分ほど弾いてたら、とりあえず両手でなんとか「曲」が弾けるようになってきて、ミスタッチしながらも「エリーゼのために」くらいはこなせるようになってきました。

初めて電子ピアノのリサーチをしたのですが、フランスでもYAMAHAにKAWAIにCASIOにローランド、KORGと日本のメーカーばかりで、びっくり。結局中古で買いましたが、お試しに行った楽器店でお兄さんがオススメしてたのもCASIOでした。電子ピアノといえばクラビノーバ、くらいしか知らなかったのですが、この世界も奥が深そうです。


とりあえず、昔発表会で弾いていたクラシック(花の歌、トルコ行進曲、華麗なる円舞曲あたり)が弾けるようになってきたら、ジャズやポップスなど自分が弾きたい曲にチャレンジしていこうと思っています。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


# by akiko_tp | 2020-07-11 18:08 | 日々のこと | Comments(0)
トマト初収穫とコンポストの設置
トマトの苗を植えたのは、外出制限真っ最中の4月頃。
スーパー、薬局以外の商店は基本休業中でしたが、野菜の苗などは「食料」扱いとなるため、園芸店は開いていたので、家庭菜園を作るにはちょうどいいタイミング、ということで、まとめて近くの園芸店から配送してもらったのです。(ちなみに小さい頃祖父母の畑仕事を見て育った私より、縁の薄かった相方くんの方が家庭菜園に盛り上がっています。)

今年は6月にしては涼しい、かつ雨がちな天気だったのですが、最近になって夏らしい天気の日も増え、一気に赤く色づいてきました。
トマト初収穫とコンポストの設置_f0194446_15203439.jpg
昨晩収穫し、サラダとしていただきました。
写真は鉢植えですが、この他に地植えのトマトも成長中です。

そして外出制限解除後、前の住人が置いていった不要の古いオーブンなどを廃棄しにリサイクルセンターに行ったところ、自治体がゴミ削減のためにコンポストセットを無料配っているというポスターを見かけて、早速いただいてきました。
買ったら意外とするだろう、立派なコンポスト。外に設置するこちらの他に、キッチンで生ゴミをためておける小さなバケツもセットです。
トマト初収穫とコンポストの設置_f0194446_15203458.jpg
どんぐりの木だらけで、落ち葉もすごい量の我が家、コンポストに混ぜて堆肥にできたら出すゴミの量も減り、家庭菜園も潤って一石二鳥です。

カンヌのアパート生活のときからずっとやりたかった家庭菜園とコンポスト、やっと実現しました。
ま、野菜の収穫はぼちぼちですけれどね。次はセージやミント、シブレット、オレガノなどキッチンハーブ系を増やしたいと企んでいます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-07-02 17:44 | 日々のこと | Comments(0)
コレーズ訪問とパディラック洞窟
週末にかけ、親戚の男の子の30才誕生日を祝うのにコレーズ県まで出かけていってきました。

コレーズ県ってあまりメジャーじゃないと思うのですが、フランスの真ん中より少し南西部にあります。この地図だとリムーザンとなっていますが、最近変更された行政区画だとヌーベルアキテーヌと呼ばれています。でもリムーザンって聞くと「牛!」って連想できて分かりやすかったのにな。
コレーズ訪問とパディラック洞窟_f0194446_20580988.jpg
主役の子はうちの子供達からみると従兄弟にあたります。パリ出身、今はベルギーのブリュッセル在住ですが、かれの父方がコレーズ県出身で祖父母も在住なので、コレーズ集合となりました。

オーベルジュでランチした後は、モルキー(モルック)で遊んだり、田舎ならではの空気を吸ってきました。
ちなみにランチの集まりでも親戚一同ハグなしビズ(ほっぺのキス)なしで距離取りつつ、「ビズしないの気持ちが悪すぎる」と話してました。私は日本人だし、こんな感じでも平気~。「ようこそ、こちらがわの世界へ!」なんて冗談言ってました。
コレーズ訪問とパディラック洞窟_f0194446_20534169.jpg
カンヌ生まれ育ちで街っ子だったはずの子どもたちも、「帰りたくないー。コレーズに住みたーい」と言っておりました。いや、今住んでるところも森の中ですが、本物の「田舎」には敵いません。

せっかくここまで遠出したのだから、と帰りにはそのすぐ南にあるロット県のパディラック洞窟に寄ってきました。
ずっとクローズしていましたが、マスク着用必須、事前予約制の人数制限でちょうど再開したところ。地下75mの大きな穴の下まで降りて、さらにそこから地下洞窟が続いています。
コレーズ訪問とパディラック洞窟_f0194446_21092772.jpg
途中からは最大水深6mの川になっているので、ボートで奥まで進めるというかなり大規模なところでした。入り口で配られた音声ガイドには日本語オプションや、フランス語でも子供バージョンなどあって家族で楽しめます。
コレーズ訪問とパディラック洞窟_f0194446_21182851.jpg
これまでバカンスというと、イタリアやポルトガル、スペインなどフランス以外の国に行きがちだったのですが、フランスも広いのでまだまだ行ってない地方があるよなぁと実感しました。今回は週末だけの弾丸旅でしたが、またマイナーな地方にもゆっくりバカンスで出かけてみたいです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by akiko_tp | 2020-06-28 20:52 | フランス・リムーザン | Comments(2)
イケア・キャッスル
引っ越したら学習机とクローゼットを買おうね、と7才ムスメと約束していて早数ヶ月。
2月末に引っ越しを果たし、IKEAで何を買うかもピックアップしていたところで、外出制限となり、通販も動いていなかったので、ようやく配送してもらって、組み立て終わったのは5月末でした。

もちろんムスメは新しい部屋にホクホクなんですが、この配送を待ち焦がれていたのはその弟、5才。
なぜなら外出制限中に作った引っ越しダンボール海賊船がよっぽど楽しかったらしく、家具本体ではなく、ダンボール箱が来るのを待っていて、「IKEAいつくるの?あと何日?」と毎日のように聞いてきていました。

そこで作り始めたイケア・キャッスル。
世界的な外出制限中にIKEAからもこんなアイデアが出ていましたが、子供って隠れ家的なスペース大好きですよね。
イケア・キャッスル_f0194446_03554220.jpg
今回配送してもらった中には、180cmくらいの高さのあるクローゼットもあったので、かなり大きめの本格的なお城が出来上がりました。
イケア・キャッスル_f0194446_03573752.jpg
左側の塔の上にある窓は158cmの私でギリギリ顔がのぞけるくらい。
2つの塔は中の秘密通路でつながっています。手前のスペースは「寝る場所が欲しい!」とムスメが自分で追加して、古いシーツやクッションを運び込んでいます。
旗もなんだかIKEA色ですが、これは偶然。
この他にアクセサリーとして、冠に杖、鎧と剣もダンボールで作ったら、ノリノリで遊んでおりました。

ダンボール工作を色々してきた私ですが、IKEAのはオススメ度が高いです。
・余分なロゴや文字、絵が入っていない面が大きい。
・家具を傷つけないようにそこそこの強度がある。
・隙間を埋めているダンボールの柱のようなものが補強材としてかなり使える。
など、プラスポイントたくさん。

なんだか余暇の過ごし方が外出制限中の影響を受けまくっている気もしますが、最近雨がちなので活用されるでしょう。
完全に破壊されるが早いか、飽きられるのが早いか、、、まあ1週間くらいはこのままで様子を見ようかな、と思ってます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


# by akiko_tp | 2020-06-07 03:48 | 日々のこと | Comments(2)
| ページトップ |