Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:24
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:31
あっこさん、こんばんは!..
by exmouthcoco at 06:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 05:26
マグネットすごいですね!..
by naomusic at 22:57
> naomusicさん..
by akiko_tp at 23:03
うちの息子も消防車大好き..
by naomusic at 22:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 00:56
akikoさん、お疲れ様..
by naomusic at 21:06
> プチりすさん やは..
by akiko_tp at 18:01
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
日本に関する子供向けワークショップ in フランス
長い夏休み、子供とどう過ごそうかなー?何か行けそうなイベントないかなー?と検索していて見つけたのがカンヌ美術館でやっている「妖怪の島」という展示に関わる催しでした。
f0194446_23064851.jpg
ワークショップのテーマは「家紋」
他の日程には、「亀」とか「月とうさぎ」などがありました。
説明を読んでも具体的な内容はよく分からない感じでしたが、カンヌで?家紋?そもそも妖怪の島ってなんだ?そもそも私が展示を見てみたいかも、、、ということで、興味本位でムスメ(6才なったばかり)を登録。
少し前までは、こういうのに全く行きたがらず、「おかあさんが一緒じゃなかったらヤダ」だったのですが、最近になって親離れが進んできたのか、親なしでも他の大人とちゃんと会話してりして積極的に参加できるようになったタイミングだったのもあり、本人楽しみにしてました。

本来は全部で4人登録されてるはずらしいのですが、実際参加はうちのムスメ含め二人。
もうひとりは旅行でカンヌに滞在している女の子でした。(彼女はちょっとイヤイヤっぽかった)
参加費は、市民割引もあって5.5ユーロとお手軽価格です。

ムスコを連れて展示を見ながら、なるほど、これが「家紋」ワークショップか、と納得したのですが、この着物の紋を見ながら、紋の模写をしたりしていました。
f0194446_21341778.jpg
他には、獅子舞や猿などのお面やお祭りのときと思われる衣装の写真(なまはげ的な)、地元に近い美濃や瀬戸焼などの展示がありましたが、日本人にしてみれば、妖怪っていうほど妖怪っぽくなかったですね。いや、亀とか猿とかシンボル的な動物たちのことを指して「妖怪」となってるのでしょうか、、、3才連れなのでちゃんと説明を読みきれずに回ったからなのかもしれませんが、私自身が理解不足。汗

ムスメはそれでも「家紋とは何か」がちゃんとわかったらしく、家に帰ってからワークショップで書いてきたこれらを切り抜いて、着物の形に切り抜いたのに貼ってペーパードール的なものを作ったりしてました。
f0194446_23130355.jpg
夏休みに日本帰省しているわけでもないのに、カンヌにいながら日本文化をフランス語で学べるとは、なかなか面白い状況です。
ま、日本でもきっと、カルトナージュとかマカロン作ろうとかあると思うので、それと似たようなものだとは思いますが。

ムスメも「また行きたい!」と言っていたし、6才以降は他の近所の美術館でも参加可能なワークショップが定期的にあるようなので、いろいろ連れて行ってみようと思います。日常はどうしても公園とかプールとか海とか山とかアウトドア系に傾きがちな我が家ですが、今日はアート系の何かが刺激されたのか家に帰ってから、普段はあまりしない積み木やパターンブロック使って教会?を作ったりしてました。子供のアクティビティもバランスが大事ですね。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-08-17 23:43 | 日々のこと | Comments(0)
フランス版 夏休み自由研究?本
夏休みも終盤にかかって、日本の子どもたちは宿題に追われていることでしょうか。

自分が子供だった頃を思い出すと、
幼稚園:昼寝の欄に毎日×がついていた。(今考えると何故幼稚園に昼寝を強制されていたかナゾ)
小学校低学年:苦手な書道や絵がいつも最後に残って、泣きながらギリギリにあげる。
小学校高学年:読書感想文を何度も書き直し、泣きが入る。
中学校:教科書から丸写しで穴埋めするタイプのドリルが苦痛でたまらない。
高校:数学の濃厚なプリントが全く進まず、父(当時現役数学教師)に助けを求め、あげくに親子ゲンカになり、夏休み後テストの英語の範囲の分厚さに呆然とする。
あたりが苦い思い出でしょうか、、、

それでも、工作や自由研究なんかは楽しかったんですけどね。

うらやましいことにフランスの子どもたちの夏休みは学年の区切りにあたるので、日本の春休み同様宿題がありません。
一応、「なつやすみのとも」的な復習用の冊子がスーパーや書店に並んでいますが、やってもやらなくてもOK。そこのあたりは自由です。だから余計に学習成果に格差が生まれてるというのもあるのかもしれませんが。

ムスメも、夏休みの暇つぶし的に、幼稚園年長向けの「なつやすみのとも」フランス版を購入しましたが、結局パパがいれば別のことで遊んでしまうので、まだ半分以上残ってます。汗 私と過ごす時間が長いからなのか、日本から送ってもらってるドラゼミはよく進んでるんですけどね、、、

さて、そんな中、相方くんが図書館でこんな本を見つけてきました。
f0194446_16593181.png
題名は、「子供のためのサバイバルマニュアル」といったところでしょうか。
中身は、方位磁針の使い方や森の中の動物の足跡の見分け方、テントの張り方などのアウトドア系のものもあれば、手品やあぶりだしなどのインドアのものもあり、大人が読んでも面白いです。
深く内容を理解するには、小学校中学年くらいが適当そうですが、実験や工作感覚で遊ぶなら幼児からでもできそうなものがいくつかありました。

早速、その中のひとつ、「風船とストローで作る気圧計」を相方くんと作成中。
f0194446_17032543.jpg
そもそも、いつも天気が良くて雨が降ることが少ないカンヌなので、どこまで気圧計が役に立つかわかりませんが、、、苦笑

「宿題」ではなくて、本当に「自由」に興味のあることに没頭できる、それが夏休みの醍醐味だよなぁ、、、と大人になってからつくづく感じます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-08-15 17:10 | 日々のこと | Comments(0)
2018年 夏休み 陸海空で移動しよう
ものすごく気が早いと思うのですが、今年の夏休み計画は2月にローコストキャリアのEasyJetのプロモーションを見かけ、
ニース・ロンドン間の格安チケットを見つけたところから始まりました。
ノルマンディの義実家への帰省も含めたため、
①カンヌからTGV(新幹線)でパリ経由でノルマンディへ電車で移動(オレンジと緑)
②ノルマンディ義実家から、義母の車でディエップからニューヘイブンのフェリーでイギリスへ移動(青)
③ロンドンのガトウィック空港まで送ってもらい、ニースへ飛行機で戻る(黄緑)
という陸海空の3つの手段を使い、ノルマンディに一週間、イギリス南海岸沿いの親戚宅近くに家を借りて一週間の滞在をすることになりました。
f0194446_18223659.jpg
家族4人分のチケットは①が200ユーロで、③150ユーロだったので、国内移動の電車より海外から飛行機のが安い!
(あ、でもニース空港からカンヌまでのバスも含めたら一緒くらいになるかも、、、)
まあ日本でも新幹線で東京から地方に移動するより、台湾に行ったほうが安かったりしますもんね。

今年の夏は日本と同様フランスでも酷暑が続いていたのですが、元々「寒い夏」が定番のノルマンディでは、何時になく天気がよく気持ちいい日々を過ごせました。
いつもはジーンズ+長袖なのに、今年はショートパンツ+半袖でOK。

ビーチで走り回って遊んだり、小エビを獲ってランチにしたり、田舎道を自転車でツーリングしたり、庭で遊んだり、
相方くんは以前に誕生日プレゼントでもらっていたチケットを使って、ULMという小さいヘリコプターでエトルタまで空の旅を楽しんできたり。
f0194446_18272403.jpg
天気が悪かった去年に比べると、なかなかの充実度合い。

それから、フェリーに乗ってイギリスへ移動。
車のまま船に乗るってだけで、子どもたちには楽しい体験です。
滞在したのは、イーストボーンという街。近くにあったミニチュア鉄道の公園で遊んだり、親戚と一緒に相方くん&ムスメの誕生日ランチをしたり、ブライトンの遊園地で遊んだりとこちらも充実してました。
f0194446_18312164.jpg
それから、セブンシスターズと呼ばれる断崖絶壁の上のハイキング。
f0194446_18353811.jpg
f0194446_18332029.jpg
ムスメが好きな絵本「ミランダのぼうけん」の中にこの灯台が出てくるんです。

気球が飛ばされてしまって一人で世界一周をする女の子の話なのですが、あちこちの有名スポットが出てきて旅行がしたくなるお話です。
別にこのために沿って行き先を決めたわけではないのですが、5月に行ったピサの斜塔に続いて、本に出てくる場所を訪ねることができました。

今回の旅行はムスコがまだ3才なのもあって、ファミリー志向な過ごし方になりましたが、それでもイギリスでは、ほぼ昼寝せず、もちろんベビーカーもなしで街歩きもハイキングもそこそここなしていたので、次の長期休みには、もう少し冒険してみたいところです。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-08-12 18:41 | イギリス | Comments(0)
夏休みの過ごし方(3才&5才 幼児二人編)
日本もそろそろ子どもたちは夏休みに入った頃ですね。
フランスでは、夏休みに入って既に2週間が過ぎました。つまり、ほぼ2ヶ月間まるっと夏休みなわけです。な、長い、、、
それでも一昔前は6月から夏休みに入っていたようで、年配のひとから「え?7月もまだ学校あるの?」と驚かれることも度々あります。

祖父母宅に子どもたちを預ける、というのが定番なところで、高齢者人口が異常に多いカンヌでは、おじいちゃんおばあちゃんに連れられた子どもたちをあちこちでよく見かけるようになりました。

我が家はそれぞれの実家がかなり遠方かつ高齢なので、そういうわけにも行かず、近場でぼちぼち過ごしています。ま、一応夏休みの「バカンス行き先」に住んでるので、夏の遊びには事欠かないですからね。
7月いっぱいと8月最終週はムスコの保育園があるので、助かってる部分もありますが、来年からは二人がっつりいるのね、、、汗
これまでのところ、
・ムスメは一週間は学童(意外に気に入って楽しんでいた。どうもいつもいるキビシイおばちゃんがいないからっぽい)、その次の週からは私の仕事中は、DVD見たり、ひとりでレゴや積み木したり、絵を書いたり、なんだかんだ一人で遊んでくれる。
・児童館や公園、水遊び場、図書館など近場でお出かけ
・15時過ぎまでは外に出るのも暑すぎるので、家で折り紙や絵の具でおえかきなど家あそび
・友達の家に遊びに行ったり、遊びに来てもらったり
・週末は家族でお出かけ(プール、ビーチ、川、島、BBQなど)
・夜はテラスから花火大会鑑賞(これまで2回)
のような感じで過ごしています。

f0194446_15353675.jpg
この週末はイタリアに一度入ってから、さらにフランス側へ国境を越える、という変わったルートでRoyaという川へ。
車を停める場所に不法移民を取り締まる警察がいて、車上荒らしなどに合う可能性はゼロ、とある意味安心(?)でレアなシチュエーションでした。
※アフリカから船でイタリアに入り、そこからフランスに渡ってくる不法移民がたくさんいることがここ最近社会問題となっています。

そして、近くの村のカフェで休憩しているときに見かけた案内で、鉄道オタク(としか思えない)おじさんたちが作っちゃったよ、という風情の鉄道博物館を見学、というTHE夏休みな過ごし方をしました。
f0194446_15422444.jpg

自分が子供の時、ひとりっ子の長い夏休みってどうやって過ごしてたんだろう?と思い返すと、今ほど猛暑ではなかったから、近所の友達と外で遊んだり、やっぱり夏休み中だった教職の父親に遊んでもらってたような記憶があります。あと、小学校になればプール登校日などもありましたし、幼稚園でも夕涼み会とか、地元の盆踊りとか、花火大会とかあったし、庭あり一軒家だったのもあり、自分でドールハウスをDIYしたり、何かと遊べるネタはありましたね。

それを考えても、来年の夏休みまでにはアパートを脱出して一軒家に住んでたいなぁ。
(そして、親のケンカ仲裁なしに、姉弟なかよく遊んでもらいたい。←ココ切実)





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-07-23 16:00 | 日々のこと | Comments(0)
新学期の学用品準備
ちょっと気が早いような気もしますが、夏休み明け、新学期の準備をもう済ませてしまいました。

ムスメは、9月からフランスでいう小学校1年生(CP)にあがります。
日本ではまだ年長さんにあたるので、半年ほど日本より早いですね。
小学校への登録確認の際に渡された「学用品リスト」の中身を、二人で郊外にある大きめの文房具屋さんに行ってそろえてきました。

自分が小学生のときは、学校指定のお道具箱に、さんすうセット、クレヨンみたいなのがあって、クラスメイトはみんな「おそろい」だった記憶があるのですが、うちが行く公立の小学校では、特に学校から指定で購入するものはないようです。
説明会に行ったときも、校長先生からは「基本、ノートを含め、学習に必要なものは学校が用意します。ただ、自分のものは自分で管理するという習慣を身につけるために、筆記具については各自用意してもらうことになります。」という説明がありました。

ということで、いわゆるランドセルにあたるリュックは既に去年の新学期後のセールで半額購入してあったので、ペンケースやえんぴつ、ボールペン、ハサミ、定規、消しゴムなど基本的なものと、色鉛筆とフェルトペンのセット、A4サイズの個人用ホワイトボードを購入。
f0194446_21252459.jpg
早速買ってきた学用品を弟に披露中。

リュックも含めてトータル100ユーロくらいだったでしょうか。

日本はランドセルが高価なのと、それ以外に入学式用の服(親も)とか諸々かかるイメージがあるので、フランスはそのあたり経済的な気がします。さんすうセットの「数え棒」なんて、親が全部に名前書いてめちゃくちゃ大変そうだったのに、結局授業では「一回も」使わなかったので、子供心に「あれは何者だったんだろう、、、」と無駄な労力に思いをはせたりしてましたが、そんなこともなさそう。

さらに収入制限はありますが、公的機関(CAF)から一部の世帯には新学期の学用品補助(年齢にもよりますが、小学生だったら4万円くらい)が出たりします。上手に使えば、余った分でスイミングに一年間通ったりできるかも!?

そんな我家でブーム再燃したのが、冷蔵庫に貼った手作りマグネット。
f0194446_21321546.jpg
パワーポイントで作ったひらがな・カタカナの文字と絵柄を印刷し、お菓子の空き箱などの厚紙に貼って、裏にシールタイプのマグネットを貼って作っています。

なかなか生活の中で、ひらがな・カタカナを目にする機会がないので、少しでも、、、と思って作ったわりには、ムスメはちょっと遊んだだけで、かなりスルーだったのですが、ムスコが乗り物系に興味を示して、これしたい、とか言い出したところから、「バス」のためにカタカナを追加したら、また興味が少しでてきたようです。
おりしも、ワールドカップで色んな国の国旗や名前を覚えたところで、タイミングもよかったかもしれないですね。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2018-07-17 21:42 | 日々のこと | Comments(6)
移動式青空図書館
いつも行ってる近所の公園。
普段から、保育園帰りにおやつ食べたりして過ごしているのですが、今日はちょっと特別仕様。

フランスでこの夏、全国的にやっている、Partir en livre(サイトに飛びます)という子供のための本のイベントの一貫で、普段は小学校しか回っていない子供の本のみの図書館バスがやってきていました。

f0194446_04291908.jpg
涼しい木陰にゴザひいて、座布団置いて、絵本が並んだら、もうそこは我が家の絵本コーナー(畳の前)のような居心地、ということで、うちの子供らは完全に居座っていました。

市の図書館スタッフの方が来ていて、本を読んでもらったり、Xyloba Mille bornes で遊んだり。
(どちらも、うちにもあるオモチャ&ゲームなんですけど、、、)
Xylobaに関しては、スタッフよりも私やムスメの方が断然詳しくて、ひょひょいと積み上げサンプルづくり。
そこに来ていた6才くらいの男の子がなかなか興味持ってくれて、一緒に遊びました。フランスでも、もっと広まるといいなぁ。

ムスコは、これまで街中で停まっているのは見かけることはあっても、大人の本しかなくて、いつも見かけるたびに「図書館バス乗りたいなぁ」とつぶやいていたのもあり、念願叶い大満足。
いつも行ってるカンヌの図書館と同じネットワークなので、何冊か本も借りれました。

フランス国内にいらっしゃるみなさま、こちらのイベントは7/22のようです。
各地でいろいろ開かれているようなので、ぜひ上記サイトから、お近くのイベントを検索してみてくださいませ。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-07-11 22:28 | 日々のこと | Comments(0)
川と海で遊ぶフルコース
この金曜日、ムスメが3年通った公立幼稚園が無事修了。
とはいえ、修了式があるわけでもなく、既にバカンスに出発した子どもたちもいて、なんだか閑散とした雰囲気でした。
どのみち、夏休み明けには弟も通うようになるので、あまり感慨もなくあっさりと「よい夏休みをー!」と先生たちと声を交わすのみ。
ちなみに「卒園証書」もありません。一応、紐が結べる、とか、きちんと話を聞ける、みたいなことが書かれた成績表っぽいものがもらえて、小学校への申し送りっぽい担任の所見に親がサインしたりはしました。

そして気温の方も、本格的に夏になってきたので、土曜日には川へ逃亡。
(海は暑すぎて、朝10時くらいまでしかいられません。)
f0194446_17075208.jpg
この川辺はEsteronという、ニースから北の方に行ったところなのですが、人も少なく川の流れもゆるやかだったので、3歳児でも楽しく遊べました。

今回の行き先はこちらの本からのチョイス。
f0194446_17022362.jpg
「自然の中で泳ぐ」がテーマで、川や渓谷、湖などのスポットが紹介されてます。
混雑度合いから、対象年齢(3才以下または6才以下の子供も行けるかどうか)が書かれていて、これからかなり重宝しそうです。

そして、夕方には近所の友人家族と一緒にカンヌのビーチでBBQ。
かなり前(8年前)にやったときは、BBQ持参は私たちくらいで、「本当にここでいいのかな?」という感じだったのですが、今回は市民報に「どこの場所でBBQできますよ」と書かれて、ちゃんとビーチにルールの立て札も貼られていたことからか、かなりたくさんの人たちがBBBQ持って来ていました。雰囲気としては、多摩川沿いBBQ林立状態かシンガポールの屋台村を思い起こさせました。
f0194446_17025446.jpg
BBQといっても、うちの焼くツールは七輪だけなので、じわじわーとゆっくり目。
日本から持ってきたんですが、かなり長持ちしてます。

やっぱり炭火は美味しい!

午前中で川で遊び、午後は帰りの車の中で1時間ほど昼寝、夜もBBQだった子供たちは23時に帰宅後、もちろんすぐにぐっすりでした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2018-07-07 23:01 | ちょっとそこまで | Comments(0)
夜のお出かけ(子連れ編)
普段の我が家は、18時にお風呂、19時に夕飯、20時に歯磨きで本を読んだら子どもたちは就寝、と全寮制の学校のごとくタイムスケジュールをガッチリ決めているのですが、ちょうど今くらいの時期にそのリズムが崩れてきます。

それは、「夜になってもいつまでも外が明るい」ということ。
日本だったら、夏でも19時には大体薄暗くなってくると思うのですが、夏至に近い今頃のフランスはサマータイムなのもあって、21時くらいまでなんとなく空が明るいのです。
そうすると、雨戸締めて遮光カーテンひいても、暑いのもありなかなか眠れない。朝起きる時間は同じなので寝ないと次の日に響く悪循環。

まあでも大人だってすぐに眠れないですもんね。
仕方がない、と腹くくって週末くらいは、、と土曜の夜のお出かけをしてみました。
(でも夕飯&歯磨き後)

行き先はカンヌの旧港で行われていた港まつり。
f0194446_04463699.jpg
臨時に観覧車もたっていて、なかなかの賑わいでした。
近隣駐車場も提携していて、17時から翌2時までは一律3ユーロだったのもうれしいところ。

クラシックな乗り物が出たり、あちこちでマーチングバンドが音楽やっていたり、地元のお店や市場に出店しているソッカの屋台が出ていたり楽しい雰囲気です。
f0194446_04533762.jpg
こういう乗り物に乗せてもらって写真とったりもできたんですが、大きな音に敏感なムスコはびっくりして号泣してしまい、むしろ避けることになってしまいました。汗

それでも、脚長な水兵さんと握手したり、
f0194446_04463675.jpg
色々やっていた子供向けの無料ワークショップでは、砂絵をやらせてもらったり、
f0194446_04473824.jpg
通常こういうお祭りだと有料のトランポリン(Chateau gonflable、日本語だとインフレータブルバルーン?)が無料でできたり、健全でお財布にやさしいシステムでした。
そもそもカンヌ市と商工会議所か何かの主催だし、テロ対策で金属探知機つきの荷物検査を通って、柵で囲まれたエリアに入るようになっていて警察もゴロゴロいるので、あまり変な人はいませんでした。Luna Parkと呼ばれる移動遊園地だと、もう少し浮かれた雰囲気で、お金も使わせる感じですね。りんご飴とかチュロスとか日本のテキ屋で定番になっている屋台もたくさんあります。

観覧車は一人5ユーロとなかなかのお値段&行列だったので、帰りにいつものメリーゴーラウンド(でもイルミネーションつき)に乗って、帰宅しました。
f0194446_04470831.jpg
大人だけだったら、音楽ライブ聞きながら、そこらのバーで一杯、なんて楽しみかたが良さそう。
それでもベビーカーなしで夜に出歩けるようになっただけでも、我が家的には成長の一歩です。

この夏もう一度くらい何かに出かけられるかな?



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-06-30 23:44 | ちょっとそこまで | Comments(0)
ちょっと船乗って島あそび
6月のはじめからクーラーをつけていた年もあるのを考えると、今年は比較的涼しい日が続いているカンヌです。

そうやって油断してると猛暑が来て、さらに学校が夏休みになることによりバカンス客がどっと押し寄せてくるので、まだ静かなうちに行ってこよう、とカンヌ市内の島に行ってきました。
港まで車で10分、そこからフェリー15分(チケットは相方くん会社の福利厚生利用で無料)のお手軽なお出かけ先です。
f0194446_17411397.jpg
トライはしてみるものの、まだシュノーケル用のマスクが上手に使えないムスメ(この夏6才)。
せっかくキレイなお魚とかがすぐ近くで泳いでるので、一緒に泳げるようになりたいなぁ。とはいえ、私自身シュノーケルできるようになったのって、成人過ぎてからなんですけどね。

朝9時のフェリーに乗って、帰りは13時15分とホントにちょろっと行ってきただけという感じですが、人混みもなく朝のうちは涼しいので午前中がおすすめです。船の時間とチケット料金はこんな感じ。花火がある日は夜にも特別に運行しています。
ディナーつきは65ユーロとけっこうしますが、乗るだけだったら24ユーロ。簡単な食べ物なら持ち込んでもOKのようです。うちは、自宅のテラスから花火が見えてしまうので、そもそも花火の日に街まで出ないのですが、海から見るのなら一度行ってみたい気がします。
f0194446_17381354.jpg


そんな島遊びですが、子供らが一番興奮したのは、この2つ。

朝、島のゴミを回収し終わって、カンヌの港に戻っていくゴミ収集車と
f0194446_17411322.jpg

島内にあった消防車。
島の中は、ほとんど舗装されていないためか、タイヤが山仕様で強そうな感じが印象的だったようです。
f0194446_17411315.jpg
非日常空間にある日常、といったところでしょうか。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-06-23 17:33 | ちょっとそこまで | Comments(0)
祭りな週末
ずっと雨続きな日々が続いていますが、この週末は奇跡的に晴れ、子どもに楽しいイベントが立て続けにありました。

まず、土曜日は(普段通ってはいないんですが)日本語補習校の夏祭りに。
f0194446_14590763.jpg
これで先月名古屋に帰省したときに、「400円もするからダメ~!来月の夏祭りまで待ちなさい」と東山動物園で買ってあげなかった綿菓子をようやく堪能させてあげることができました。苦笑 
毎回のことですが、日本人の皆様の素晴らしいオーガナイズに感心してばかり。いつもお邪魔させてもらってて、ありがたい限りです。

そして日曜日は、グラースの消防署の開放日に出かけてきました。
f0194446_14570790.jpg
消防車や消防士さんが大好きすぎる割に、シャイで知らない人に話しかけてもらうのが苦手、という葛藤を抱えつつ、白バイに乗せてもらったり、昔の消防ジープに乗ったりと、隅っこに逃げつつも、楽しく過ごしたようです。
それにしても、すごい人でした、、、、フランスの消防士人気を実感。(特に子どもたち)

はしご車に登ったり(それもかなり上まで)、チロリアンロープでの綱渡り、消防車に乗って署内一周など、体験系のアクティビティが色々あったのですが、朝出遅れたのもあって、どれもすごい行列で断念せざるをえませんでした。
次回があれば、朝一で出向こうと思います。

3才ムスコは、去年の秋くらいから消防車ブームが続いているのですが、個人的には悪者と戦うヒーローものにハマるよりも、消防士は実際の職業だし、社会で重要なポジション占めているところなので大賛成。この「好き」を伸ばしていって欲しいな、と思っています。
そんな彼が大好きなアニメ「Sam le pompier(消防士サム)」は、内容的には毎回ワンパターンで、いたずらっこのニコラが困った目にあって、消防士サムを呼んで助けてもらうという、のび太を助けるドラえもん的な10分アニメです。
f0194446_15250147.jpg
ペッパピッグも日本に上陸したそうだし、そのうち日本でも観れるようになるかしら?




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2018-06-10 14:56 | 日々のこと | Comments(2)
| ページトップ |