人気ブログランキング |
Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
タグ
(9)
(8)
(7)
(3)
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
> naomusicさん..
by akiko_tp at 15:00
お久しぶりです。 息子..
by naomusic at 14:29
> うららさん 「気軽..
by akiko_tp at 14:30
こんにちは。夏のキャンプ..
by うらら at 06:18
プチりすさん、 私も潮..
by akiko_tp at 18:32
すごーい!なんて楽しそう..
by プチりす at 17:14
>鍵コメ様、 実際に行..
by akiko_tp at 14:16
> Milouさん い..
by akiko_tp at 03:25
まぁまぁなんと! でも..
by Milou at 01:52
akikoさん、CLUB..
by まる at 22:21
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
カテゴリ:日々のこと( 427 )
習い事はじめシーズン
9月が学年始めの新学期となるフランスでは、習い事の開始時期も同じタイミング。

さらに、日本だと月謝制で毎月いくら、みたいな感じになるのに対し、7月8月の夏休み期間はお休みになることも多く、9月から6月までの期間で年間いくら、でまとめて払ったりします。「辞めるか続けるか」を毎年、再登録前にじっくり検討できる点はいいな、と思います。(デメリットは学校休みに習い事も休みになるのでブランクが発生すること)

7才ムスメ(小学校二年目)は既に水泳とテニスを去年から引き続きで登録済。
4才ムスコ(幼稚園二年目)は今年が習い事初めてなのですが、柔道に決定しました。
既に6月には保育園が一緒だった女の子(とそのママ)から熱烈なラブコールを受け、彼女が行っている柔道教室を見学&体験してたのですが、どうも女子からの熱い視線が気恥ずかしいらしく、送り迎えが少し楽な別のところへ体験へ行ったところ、そちらが気に入った様子。
f0194446_22504346.jpg
受け身の練習中。

昼寝しないわ、幼稚園でしてきたら夜寝ないわ、10km歩いても元気いっぱいと、体力が有り余っている男児なので、これで少しでも発散してくれることを期待したいと思います。
そしてなんと姉がこの見学で触発されて「私も柔道やりたい」と言い出しました。2年前に同じ道場でやっていたクラスメイトに誘われて見学したときに頑なに体験を拒んだアレは何だったの!?と思うほどの変わりよう、、、、、
ここはレベル別ではなく年齢別でグループが分かれているため、私の「習い事の送り迎え」タスクが増えることとなりました。

さてそんなフランスでの柔道なのですが、びっくりするほどメジャーなスポーツ&習い事です。
以前、カンヌ映画祭でバイトしていたときもチーム全員が柔道クラブの仲間だったし、誰かに紹介されて日本人だと言うと「柔道やっててね、、」みたいな話になることもしばしば。

むしろ私が3才から高校まで続けていたクラシックバレエは、フランスが本場のはずなのに経験者に会うことはあまりありません。
一応教室はあちこちに見かけますが、うちは全く興味がないようなので、バレエママになることはなさそう。近所には日本から留学生がやってくるようなバレエ学校もあるんですけどねー。

そんな事情も手伝ってか、スポーツ用品店(デカトロン)に柔道着を買いに行ったら、この価格。
10ユーロって1200円くらいなので、もしかしたら日本で買うより安いかも!?
f0194446_23053613.jpg
この表記はちゃんと「JUDOGI」になっていますが、「KIMONO」と呼ばれる方が多いみたいです。
聞くたびに振り袖で柔道してる絵が頭に浮かぶんですが、完全にフランス語として浸透しているようなので、スルー力を身に着けたいと思います。

そして、日本人とはいえ柔道の知識はオリンピックでTV観戦するのと、高校頃に読んでた「帯をギュっとね!」の柔道マンガで得た程度なので、少し前に買っていた子ども用絵本で勉強しておかないと、子どもたちの話題についていけなくなりそうです。
(バレエかピアノだったら予備勉強いらなかったのになぁ、、、)

「mes ptits docs judo」の画像検索結果


それにしても我が子どもたち、「運動嫌い」「走るのヤダ」(でも踊るのは好き)「水に顔なんかつけられない」「運動会(マラソン大会)雨にならないかなぁ」で幼少期を過ごしてきた私から生まれたとは思えない選択をしてきます。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-09-08 23:20 | 日々のこと | Comments(2)
連日の水遊び
夏休み中盤、大してどこにも出かけないと言っていた割に、近場で毎日のように水と戯れています。

さすがにバカンス大国フランスのバカンス行き先コート・ダジュールに住んでいるだけあって、水遊び場所には困りません。

まずは川。水は冷たいので泳ぐというよりは、涼をとったり水で遊ぶ、という感じ。
f0194446_15351168.jpg
それから、ニースの噴水広場や近所の公園の水遊び場。
(去年くらいまではムスコは大きい子たちを怖がって行き渋っていたが、今年は姉がついていれば平気になって、親は助かる~!)
f0194446_15371171.jpg

もちろんプールにも行ってます。カンヌには屋外のGrand Bleu、屋内のMontfleury と公営プールが別の場所に1つずつあるので、天気や気分によって行き先を変えられるのもうれしいところ。

ビーチは昼間暑すぎるので、夕ご飯を食べてから、20時くらいに泳ぎに行きます。
(車で5分も走れば行けるし、駐車料金も19時以降無料になってお得、人も日中より少なめ。)
f0194446_15394631.jpg

それでも週末珍しく大雨が降って気温も下がったので、隣県VARのローカルなビーチでシュノーケリングも。
f0194446_15471086.jpg
もうすぐ7才のムスメには、ここ数年ずっとこのマスクとチューブを試してもらっているのですが、なかなか上手にできずに今に至ります。(プールでゴーグルつけて顔つけるのは2年以上前からできていた)
なのに、なぜかこの夏はじめてつけてみた4才ムスコ、普段プールで絶対顔を水につけないにも関わらず、海の中の魚を見たい一心で、なんと初回で上手にシュノーケリングができるようになりました。
腕浮き輪つきですが、大人の足が届かないところにも私達と一緒に遠征。

ムスメも弟の頑張りに触発されたようなので、家族全員でシュノーケルで繰り出すのも、そろそろ実現するかもしれません。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-07-29 15:58 | 日々のこと | Comments(2)
終わらない窓工事と大人の手足口病
5月はじめから入居している賃貸アパートなのですが、実はテラス側の窓が一部割れておりました。

契約する前の内覧でも、この点はもちろん指摘しており、「4月中には工事が終わるはずだから」ということだったのですが、、、、どうやら業者が窓の寸法を間違えた(!)とかで、工事は終わらず。(フランスあるある)
その分、契約してから入居するまでの家賃は割り引いてもらったりはしたのですが、再度寸法を測りに来たのは5月の下旬、「子供がいるのに割れてる窓があるなんて危険すぎる。早く直してほしい」とPUSHしたものの、窓ができあがったから工事日の調整となったのが、ようやく6月下旬でした。

夏休みの第一週は、子どもたちは終日学童の予定だったので、このタイミングで工事してもらうのがいい、ということで来てもらったのですが、、、これが本当にささっと終わらない。
同じような工事を前に住んでいた分譲アパートでもしたのですが、2つの窓を終わらせるのは大抵2人がかりで半日の工事だったんですよね。
でも今回の業者は、9時には来ると言っておきながら、来たのは10時過ぎ、とか、昼休み長すぎて午後は15時半から始める、とか(夕方17時には子供を迎えに学童に行かないといけないんですけどー!!!)、さらに一日では終わらず、こんな状態で放置される始末。

f0194446_15164956.jpg
翌日はなんと来たのが11時15分!
もちろんフランスでは昼休みをがっつり取るので、12時前には去っていく業者、、、、、30分作業して、もちろん土足なのでその後の床掃除は必須。そして約束の15時半に戻ってこず、16時15分にやってきたところで、私、キレました。
「2日で終わるって言ってたのに、本当に終わるの?今日なんてほとんど作業してないじゃない!」
その答えが、また、、、、涙
「2日っていうのは、48時間ってこと。僕だって休憩するし、乾かさなきゃいけないこともあるから、今日だけじゃもちろん終わらないよ」

。。。。。。。。。。絶句。


ちなみにこのとき、私はムスコからもらって手足口病がピークで絶不調。
多数の口内炎のせいで、食べるのもしゃべるのも辛いのに、暑いアパート内に閉じ込められ(いや、午前は仕事してるので在宅なのはいいのですが)ひたすら業者を待って、そのあと掃除をして、というのがあと何日続くかと思うと、さらにそれが子どもたちが在宅の翌週に続くかと思うと、途方もない気持ちになりました。

これがまた自分で選んだ業者でないのがネックなんですよね。
賃貸アパートなので、不動産会社→工事業者→作業者に請け負われているので、前にやってもらったケースのように近所の信頼できる施工店(オーナー=作業者)とは勝手が違います。30分しか作業しなかった理由も担当の作業者に別の仕事が振られたのが理由だったそう。

翌々日は別のアポがあるとかで、結局工事の続きはされず、謎の断熱ムースがもこもこした状態の窓が丸一日放置され、4日目の午後にやっと完了しました。(相方くんが工事業者に一喝し、4日目午後は在宅仕事にして監視体制強化)

とはいえ、工事開始3日目の夜にはテラス側の窓が閉まらなくなったり(!)したので、クオリティには疑問が残ります。(でも賃貸ですからね、、、、)
f0194446_15263573.jpg
閉まらないドア。夏でよかった、、、、

カンヌ周辺で窓工事をお考えの方、いらっしゃいましたら、「避けるべき業者」と「おすすめ業者」を紹介しますので、ご連絡ください。

ちなみに手足口病ですが、私は6年振り2回めの発症です。
前回は赤子時代のムスメが保育園でもらってきたのからうつりましたが、そのときよりも今回の方がひどかったです。
ただ、感染元のムスコはそこまで手足の発疹がひどくなく、口内炎のせいで3-4日トマトや桃、硬いパンなどを食べたがりませんでしたが、それくらいであっさり完治。私は最初の手の発疹から5日くらいは少しずつ増えていって、足裏のが痛くてまともに歩けないし、手のひらのは車のハンドルにぎると痛いし、舌にもできて食べるのもしゃべるのも痛くて、さんざんでしたが、発症から10日目にようやく落ち着いてきました。

回復力の違い、段違いですね。
日本でも流行っているようなので、お気をつけください~



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -







by akiko_tp | 2019-07-12 15:16 | 日々のこと | Comments(2)
小学1年生(CP)、終了
我が家の長子のフランスでの小学校一年生(CP)の一年が終わりました。

最初は親子ともに手探り状態で宿題フォローをしていましたが、まさに「国語(フランス語)」と「算数」だけをして過ごしたと言っても過言ではないかと思います。
学校最終週、これまでに使った教科書やプリント、ノートを持って帰ってきました。
f0194446_18250835.jpg
手前の一列が教科書と教科書対応の問題集など。
真ん中の列は先生特製のプリントをまとめたもの。毎日A4一枚のプリントを読むのが宿題の日課になっていました。
最後の列は、書き取りなどのノート類。
これがすべて学校から完全無料で支給されているのは、本当にありがたいと思います。
補助教材の購入などは全くありませんでした。親が用意するのは筆記用具類、のり、はさみ、フェルトペン、色鉛筆セットくらい。
ごくたまに「持ってこれる人は箱ティッシュ、ウェットティッシュを持ってきて下さーい」と連絡帳に書いてあったりしますが、強制ではなくて、あくまでもボランテイアベースです。

音楽学校から専門の先生が来て毎週音楽の授業があり、学年末にはコーラス(ストーリー仕立て)の発表会があったりと、こちらも充実していました。他にも映画鑑賞や遠足などのバス費用は市負担だったり、本当に「教育無料」なのはすごいです。

親として若干不満だった点は、体育の時間が毎週確保されていなかったこと(プールは10回あり)、図画工作などの時間が少ないなぁという印象なこと(このあたりは私が個人的に好きなので、家庭でフォロー)、自分の考えや書きたいことを表現するなど創作系が少ないかなぁというあたりです。

休み時間も充実しているようで、ゲームも色々覚えてきました。
そしてなぜか最後の方になって、「あやとり」が大ブーム。どうもこの周辺の小学生全般(フランス全土かどうかは謎)に流行ってきているようで、公園でもやっている女子を見かけました。
はじめはうちにある日本語のあやとり本と毛糸で教えたりしていましたが、スーパーでおねだりされたパパは、虹色あやとり紐を買ってあげておりました。(なんでもクラスメイトで持っている子が何人かいるそうな)

専用サイトもあり、夏休み中は一日一個新しいのを覚える!とはりきっております。



私も9才くらいのときにマイブームがきて、学習まんがのあやとり本をひたすらやってたな、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-07-07 18:43 | 日々のこと | Comments(7)
カンヌ市主催の農村イベント
この日曜日、カンヌ市主催の農村イベントに参加してきました。
同じタイミングで日仏協会の夏祭りもあって、どうしようか迷ったのですが、武道や囲碁のデモンストレーションだとまだ子どもたちには難しくて退屈してしまうかも、、、ということでこちらに。
f0194446_15435964.jpg
ちょうど父の日だったのもあって、「父の日のプレゼントを作ろう!」的な子供用ワークショップが色々用意されていました。自然素材でキーホルダー作ったり、野菜から作った絵の具でのカード作り、植木鉢のカスタマイズなどなど。
野菜の絵の具、色がキレイだし作る過程からやるのも楽しそうなので、今度家でもやってみようと思います。ビーツや紫キャベツ、ほうれんそうなどで、キャベツは重曹や酢を入れると色が微妙に変わるとのこと。


よく最近あちこちのイベントで見かける木製ゲームのスタンドもありました。他にはサーカス体験(玉乗り、皿回し、ジャグリングなど)のコーナーも。動物は羊やポニー、馬くらいでしたが、すぐ横にある地元生産者の畑を訪問したりもできたようです。(時間帯が合わなくて参加できず、、、)

数年前と比べても、こういうイベントが「エコ」「ビオ」重視になってきているのを感じます。
f0194446_15490326.jpg
ちょっとびっくりしたのが、ムスコ(4才)が植木鉢を作ってるときに初めて(!)自分の名前をアルファベットで見本なしで書いたこと。
えー、いままで書きたいというからノートに見本書いて真似しようとしても名前のうち2つくらいしか書けなかったじゃないのー。「これ初めて書けたの?」と聞くと「ううん、2回目。1回目は幼稚園で書いた。」と言うので、ホント子供の成長って親の見てないところでいきなりやってきますね。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-06-16 15:38 | 日々のこと | Comments(0)
怒涛の4月後半
気がつけば、5月になっていました。

4月には子どもたちの学校休みが2週間あり、それはそれで日常のリズムが崩れるのでバタバタだったのですが、さらにそれが終わってからの2週間はさらに怒涛の日々でした、、、

・バカンス最終日曜日、友人宅でイースターのたまご(チョコ)狩り
f0194446_15165850.jpg

・ムスコの4才バースデー(ロールケーキ&つみきケーキ作成)
f0194446_14590819.jpg

・近くの村ではちみつ祭り&友人たちとゆるいピクニック(はちみつ農家の人の説明にかぶりつきのムスメ)
f0194446_15175010.jpg

・引っ越しのため、普段使いでない不要なものを隣県にある義理母のバカンスアパートに置きに行き、逆にそこから冷蔵庫・食洗機・洗濯機を引き取り、引越し先のアパートへ運ぶ(子どもたちが学校いってる間の私と相方くん二人の作業。)
 というのも、住んでたアパートは買い手の希望によりこれらの家電も込みで売却するので、ひとまずの住まいなのでほぼ使ってないバカンスアパートのものをもらいうけることになりました。

・メインの引っ越しは業者に頼んだので(そしてフランスには珍しくかなり仕事ができる!)、自分たちで運ぶものはありませんでしたが、置く場所を指示してできるところから開梱開始。子どもたちが学校から戻ってくる16:30までに、とりあえず子供部屋は完璧に、キッチン、居間はほぼほぼ、私達の部屋はとりあえず寝れるところまで整えました。

開梱・物をしまう場所を決めて置いていくのは、ほぼ私一人で丸一日で決行。相方くんは掃除は得意なのにこういうのが苦手なんですよね、、、、すぐ物を置いた場所を忘れるし。私は若干カメラ・アイ的な傾向があって、掃除は苦手ですが、何をどこにしまったかなどは新しい場所でも瞬時に記憶できるのもあり、「あれどこ?」「そこ!」という会話が私たちの間で50回くらい繰り返されました。
この能力、なにかに有効活用できないものでしょうか、、、

体力ある方だとは思いますが、さすがに一日でエネルギー使い果たし、日本もGW、フランスも祝日な5月の初日はひたすらぐったりしておりました。

仮住まいのつもり、かつ賃貸なので、前住んでいたアパートよりも狭くなったのもあり、引越し後、ムスメ+相方くんは若干ナーバスになっておりました。こういうところ、この二人似てるんですよねー。
私+ムスコは楽天家で、「ここもなかなかいいじゃないー」って感じなのですが。

それでもアパートからダンボールがどんどん減っていって家の中が整ってきたこともあり、改善のきざしをみせているようです。
3日めには、夕日と夕立が同時にあり、こんなきれいな虹も見えました。見づらいですが、ダブルでかかってます。
f0194446_15233125.jpg
何かいいことありますように・・・・・



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-05-03 15:29 | 日々のこと | Comments(3)
カンヌの「小間物やさん」
私はミシンも持っていないし、昔から裁縫よりは料理が好きだったので、そこまで手芸に縁はなく、せいぜいボタン付けや子供の仮装作成、フェルトのおもちゃつくったり程度なんですが、カンヌにお気に入りの手芸屋さんがあります。

モノプリに隣接している(というか建物上完全にくっついている)このお店、すごく小さいのですが、本当になんでも解決します。
最初に利用したのは、ムスメのベビーカーの幌につける雨除けカバーのボタンが取れてしまった時。
直せるお店を探していて、ここにたどり着いたのですが、ほんの数ユーロで直してもらえました。
f0194446_15141763.jpg
※画像はGoogle Mapのものをお借りしました。

それからも何度か「お直しのお助け」的に利用させてもらっています。
先日もムスメのカーディガンのスナップボタンがとれてしまい、専門の機械でないと直せないので預けてあったのですが、取りに行くための営業時間の確認にGoogle Mapで調べたところ、お店の説明に「フランス カンヌの小間物屋」と書いてあり、うわぁ、なんて的確な表現!と思って、ブログ記事にしている次第です。
「手芸屋さん」ではなく「小間物屋さん」というのが、まさに小さなこのお店にぴったり、と思います。
Googleのコメントに「オーナーは妖精!」ともありましたが、店主の女性が本当に素敵で、ふんわり優しい雰囲気なのに、びしばしとお客さんに提案や解決策を見つけてくれて大人気のようで、いつも人がいるので、若干の行列は覚悟で行かないといけません。
預かり票もなく、カーディガンにムスメの名前をハートマークつきでメモをつけてくれて、「このお名前で預かるわね」なんて素敵な心遣いをしてくれるのです。(もちろんムスメは自分で取りに行く気満々)

こういう小さなお店、日本でもフランスでもだんだん少なくなってきてますよね。
やはり大規模モールやスーパー、ネット通販が便利だし時間も節約できます。ムスメのカーディガンを出した日も、平日だったので年配のお客さんがのんびりお店の人と(むしろおしゃべりが目的なんじゃないかってくらい)ゆっくり話してたり、他のお店でも杖をついた人に順番譲ったりしていたので、どうしても買い物に時間がかかります。

昨年は名古屋で私が小さな頃からお世話になっていて、帰省のたびに子どもたちを連れて行っていた「メルヘンハウス」という小さな子供の本専門店がネット通販の波にのまれて閉店してしまい、とても悲しい思いをしたところです。

魚や野菜、蜂蜜は新鮮だし、サポートのためにも市場でなるべく生産者から買うようにしてますが、日用品までは手がまわらないのが現実。小さい本屋さんもカンヌの町から消えていって、チェーン店ばかりになってきています。(実際Amazon、Fnacで買っちゃいますし)
「効率的重視」の現代社会にはそぐわなくなってきていても、選べるのであればなるべく小さな独立系商店から買い物していきたいです。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




by akiko_tp | 2019-04-19 15:41 | 日々のこと | Comments(2)
裁縫道具の出番~カーニバル準備
カーニバルといえば、ブラジルのリオが有名だと思いますが、ご近所ニースのカーニバルもそこそこ知られています。
(でも実は行ったことない、、、、苦笑)
花を投げたり、大きなハリボテみこしのようなものが出る感じです。

保育園や幼稚園でもこの時期(2月~3月)には、子どもたちが仮装をして紙吹雪をまいたり、音楽に合わせて踊ったりなど子供のイベント的な楽しみでもあります。学校ごとに日が決められて、校内(保護者抜き)でオーガナイズされる方式です。
ムスメが幼稚園の頃は、
年少:アナ雪のアナ
年中:白雪姫
年長:ミニーちゃん
と市販のドレスを買ってのぞんでいたのですが、その後大してうちでも着て遊んだりしないし、すぐサイズも小さくなるので、年下のお友達にあげたりして、なんだかもったいないなーと思っていました。

さらにもう「お姫様ドレス」な年齢は完全に過ぎ去っているようで、仮装ネタもなかなか決まらなかったのですが、ふと私が思いついた「トロールズ(映画)」のポピーは?という提案が気に入ったようで、今回は私が手作りすることになりました。
(仮装専門のお店では子供サイズの衣装&かつらが見つからず)

この時期、日本だと入園入学に必要な諸々をチクチクしているおうちも多いことでしょうが、フランスは給食袋なんてものつくることが全くないので、こういうときくらいにしか裁縫道具の出番がありません。
f0194446_19575847.jpg
学校から指定されたテーマが「エコロジー」だったので、基本の服は普段でも使えるものをチョイス。
左はムスコ用のライオンパーカー。しっぽとたてがみつけるだけなので、こちらは簡単。でも、一応簡単に、まゆげ用のペンシルでひげなど書きましたが、頭になにかのっかってるのが嫌いなので、フードかぶってなかったら、全然仮装にならなくて、ほぼ普段着なんじゃ、、、、汗

f0194446_20002474.jpg
着てみるとこんな感じ。楽しんでおいで~!
お迎え時に他の子供達の仮装を見るのも楽しみです。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-03-21 20:08 | 日々のこと | Comments(2)
福音館 月刊絵本のバックナンバーを取り寄せる
私が小さい頃持っていた本も含め、かなり大量の絵本・児童書がある我が家。
それでもやっぱり新しい本が欲しくなってしまうんですよね、、、フランスでもNetflix効果で流行ってきた「こんまり」さんに見られたら、なんて言われるんでしょう。汗

f0194446_17081837.jpg
この2つの本棚以外に0-2才向け絵本を入れたトートバック(ベッド下収納)とクローゼットにも児童書や少し難し目の絵本が詰まった棚があります、、、

収納スペースにも限りがあるので、最近では選べるのであればソフトカバーの古本で集めるようになってきました。
本棚から見つけようとするときに見つけにくいのは難なのですが、子供たちが「XXXが出てきて、XXXみたいなの」と暗号のようなキーワードを解読して該当する本を探すのも、それはそれで楽しい。

絵本の古本専門店で「あっこれ欲しかった!」というものを見つけてはまとめて購入したりしてたのですが、福音館の月刊絵本(こどものとも、など)はアマゾンやhontoなどネット書店では買えないし、過去1年くらいのものは日本に住んでいたら大きめ書店でバックナンバーが購入できるのですが、ネットの中古書店にもなかなかタイミングよく出てこない。
特に今年は恒例の春帰省をずらして秋にチケットをとったので、日本の書店に足を運べるのもずっと先。

そんなところで見つけたのが、昔よく利用していたCLUB JAPANという日本のものを海外に送ってくれるサービスです。
最近は送料の関係でBaggage forwardという複数のネット通販をまとめて転送してくれるサービスを利用することが多かったのですが、なんといってもCLUB JAPANのいいところは、検索上では「注文できません」となっている福音館の月刊絵本のバックナンバーでも、個別問い合わせすると出版社に在庫を問い合わせて取り寄せてくれるのです。

そしてとても良かったのが、配送方法にEMSではなくDHLが選べて(少し安い)、発送段階で追跡URLが送られてきて、送付先を自宅ではなく近所のお店を指定できたこと。配送予定日にじーっとうちで待ってたのに、ポストに不在票がぽろっと入っていたり、メールで「配送できませんでした」なんて送られてくることが日常茶飯事なので、むしろどこかのお店に配達してもらったほうが安心なのです。
f0194446_17170392.jpg
新しく届いた8冊の本。それぞれが薄いのもあり、無事に本棚におさまりました。
子どもたちもいつもの古本っぽいテクスチャーとは違う、ぱりっぱりの新品の本を読んで大喜びでした。

ちなみにCLUB JAPANでは、雑誌の定期購読も取り扱っています。
「かがくのとも」シリーズが好きすぎるムスコ(もうすぐ4才)向けに申し込もうかどうか迷っている最中。既にバックナンバーが25冊もあるんですけどねぇ、、、、




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

by akiko_tp | 2019-03-14 17:26 | 日々のこと | Comments(2)
おやつ考
ぼーんぼーんぼーんと時計がみっつー、ぼうや おやつを食べました~♪
↑これがわかる人は私と同年代で東海地方出身と思われます。

さて、おやつ。日本では3時が主流と思いますが、フランスの「グテ」は4時がおやつタイムと考えられているようで、児童館でも4時くらいになると皆それぞれおやつ時間にしているようでした。
さらに幼稚園にあがると、下校時間が16時半とかなり遅いので、さらに遅めの時間になります。

私は小さい頃、とにかく甘い物が苦手で、さらに親が添加物や着色料を敵視していたのもあり、おやつといえばフランスパンとか、せんべい系のものが多かったように記憶してます。それはそれでいいと思うのですが、友達のうちや子供会などでおやつをもらっても、全く食べられなかったりしこともあり、自分の子供らにはそこまで制限せず、ボンボンと呼ばれるグミ(HARIBO)なども幼稚園で覚えてきたので、市販のお菓子と合わせておやつに出すこともたまにありました。

ただ、やっぱり体にはよくないですね。
ムスメがグミを食べるとお腹がゆるくなったので自宅では買わなくなり、次に相方くんがスマホのアプリで添加物チェックできるもので普段買ってたマドレーヌなどの市販のお菓子も引っかかったものを排除していったら、心なしか子どもたちのイライラ・かんしゃくが減ったきたようなのです。精神面まで影響するとは、、、、

BIO(有機食品)のお店で売ってるお菓子を試してみるのですが、今度は子どもたちの好みに合わなかったり、まだまだ試行錯誤が続いています。
鉄板はパン+チーズで、そこに市販のビスケット&コンポートといった感じですが、バリエーションがそこまでないので、このごろ手作りおやつが増えてきたところです。よくお世話になっているのがこちらのレシピ本。なんと発行は1993年!!
f0194446_04420635.jpg
パティスリーの専門コースをパリで受講していたので、そこそこ本格的なお菓子は作れるのですが、おやつにするには手間がかかりすぎたり、カロリーが高かったりするのもあって、こういう素朴なのがおやつには向いてる気がします。
そもそもフランス語でレシピ探すと、バターと砂糖の量が半端ない、、、

堀井和子さんの本は他にも持っているのですが、フランスで美味しい果物が使われているレシピも多くて、日本に住んでいたときよりも作りやすいものが多くてうれしいです。

日本だったら、いりことかふかし芋とか出すんだけどなぁ。
手作り・市販を問わず、皆様おすすめの一押しおやつがあれば、教えてくださいませ。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


by akiko_tp | 2019-02-10 04:28 | 日々のこと | Comments(0)
| ページトップ |