Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:24
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:31
あっこさん、こんばんは!..
by exmouthcoco at 06:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 05:26
マグネットすごいですね!..
by naomusic at 22:57
> naomusicさん..
by akiko_tp at 23:03
うちの息子も消防車大好き..
by naomusic at 22:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 00:56
akikoさん、お疲れ様..
by naomusic at 21:06
> プチりすさん やは..
by akiko_tp at 18:01
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
カテゴリ:ちょっとそこまで( 153 )
川と海で遊ぶフルコース
この金曜日、ムスメが3年通った公立幼稚園が無事修了。
とはいえ、修了式があるわけでもなく、既にバカンスに出発した子どもたちもいて、なんだか閑散とした雰囲気でした。
どのみち、夏休み明けには弟も通うようになるので、あまり感慨もなくあっさりと「よい夏休みをー!」と先生たちと声を交わすのみ。
ちなみに「卒園証書」もありません。一応、紐が結べる、とか、きちんと話を聞ける、みたいなことが書かれた成績表っぽいものがもらえて、小学校への申し送りっぽい担任の所見に親がサインしたりはしました。

そして気温の方も、本格的に夏になってきたので、土曜日には川へ逃亡。
(海は暑すぎて、朝10時くらいまでしかいられません。)
f0194446_17075208.jpg
この川辺はEsteronという、ニースから北の方に行ったところなのですが、人も少なく川の流れもゆるやかだったので、3歳児でも楽しく遊べました。

今回の行き先はこちらの本からのチョイス。
f0194446_17022362.jpg
「自然の中で泳ぐ」がテーマで、川や渓谷、湖などのスポットが紹介されてます。
混雑度合いから、対象年齢(3才以下または6才以下の子供も行けるかどうか)が書かれていて、これからかなり重宝しそうです。

そして、夕方には近所の友人家族と一緒にカンヌのビーチでBBQ。
かなり前(8年前)にやったときは、BBQ持参は私たちくらいで、「本当にここでいいのかな?」という感じだったのですが、今回は市民報に「どこの場所でBBQできますよ」と書かれて、ちゃんとビーチにルールの立て札も貼られていたことからか、かなりたくさんの人たちがBBBQ持って来ていました。雰囲気としては、多摩川沿いBBQ林立状態かシンガポールの屋台村を思い起こさせました。
f0194446_17025446.jpg
BBQといっても、うちの焼くツールは七輪だけなので、じわじわーとゆっくり目。
日本から持ってきたんですが、かなり長持ちしてます。

やっぱり炭火は美味しい!

午前中で川で遊び、午後は帰りの車の中で1時間ほど昼寝、夜もBBQだった子供たちは23時に帰宅後、もちろんすぐにぐっすりでした。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
by akiko_tp | 2018-07-07 23:01 | ちょっとそこまで | Comments(0)
夜のお出かけ(子連れ編)
普段の我が家は、18時にお風呂、19時に夕飯、20時に歯磨きで本を読んだら子どもたちは就寝、と全寮制の学校のごとくタイムスケジュールをガッチリ決めているのですが、ちょうど今くらいの時期にそのリズムが崩れてきます。

それは、「夜になってもいつまでも外が明るい」ということ。
日本だったら、夏でも19時には大体薄暗くなってくると思うのですが、夏至に近い今頃のフランスはサマータイムなのもあって、21時くらいまでなんとなく空が明るいのです。
そうすると、雨戸締めて遮光カーテンひいても、暑いのもありなかなか眠れない。朝起きる時間は同じなので寝ないと次の日に響く悪循環。

まあでも大人だってすぐに眠れないですもんね。
仕方がない、と腹くくって週末くらいは、、と土曜の夜のお出かけをしてみました。
(でも夕飯&歯磨き後)

行き先はカンヌの旧港で行われていた港まつり。
f0194446_04463699.jpg
臨時に観覧車もたっていて、なかなかの賑わいでした。
近隣駐車場も提携していて、17時から翌2時までは一律3ユーロだったのもうれしいところ。

クラシックな乗り物が出たり、あちこちでマーチングバンドが音楽やっていたり、地元のお店や市場に出店しているソッカの屋台が出ていたり楽しい雰囲気です。
f0194446_04533762.jpg
こういう乗り物に乗せてもらって写真とったりもできたんですが、大きな音に敏感なムスコはびっくりして号泣してしまい、むしろ避けることになってしまいました。汗

それでも、脚長な水兵さんと握手したり、
f0194446_04463675.jpg
色々やっていた子供向けの無料ワークショップでは、砂絵をやらせてもらったり、
f0194446_04473824.jpg
通常こういうお祭りだと有料のトランポリン(Chateau gonflable、日本語だとインフレータブルバルーン?)が無料でできたり、健全でお財布にやさしいシステムでした。
そもそもカンヌ市と商工会議所か何かの主催だし、テロ対策で金属探知機つきの荷物検査を通って、柵で囲まれたエリアに入るようになっていて警察もゴロゴロいるので、あまり変な人はいませんでした。Luna Parkと呼ばれる移動遊園地だと、もう少し浮かれた雰囲気で、お金も使わせる感じですね。りんご飴とかチュロスとか日本のテキ屋で定番になっている屋台もたくさんあります。

観覧車は一人5ユーロとなかなかのお値段&行列だったので、帰りにいつものメリーゴーラウンド(でもイルミネーションつき)に乗って、帰宅しました。
f0194446_04470831.jpg
大人だけだったら、音楽ライブ聞きながら、そこらのバーで一杯、なんて楽しみかたが良さそう。
それでもベビーカーなしで夜に出歩けるようになっただけでも、我が家的には成長の一歩です。

この夏もう一度くらい何かに出かけられるかな?



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2018-06-30 23:44 | ちょっとそこまで | Comments(0)
ちょっと船乗って島あそび
6月のはじめからクーラーをつけていた年もあるのを考えると、今年は比較的涼しい日が続いているカンヌです。

そうやって油断してると猛暑が来て、さらに学校が夏休みになることによりバカンス客がどっと押し寄せてくるので、まだ静かなうちに行ってこよう、とカンヌ市内の島に行ってきました。
港まで車で10分、そこからフェリー15分(チケットは相方くん会社の福利厚生利用で無料)のお手軽なお出かけ先です。
f0194446_17411397.jpg
トライはしてみるものの、まだシュノーケル用のマスクが上手に使えないムスメ(この夏6才)。
せっかくキレイなお魚とかがすぐ近くで泳いでるので、一緒に泳げるようになりたいなぁ。とはいえ、私自身シュノーケルできるようになったのって、成人過ぎてからなんですけどね。

朝9時のフェリーに乗って、帰りは13時15分とホントにちょろっと行ってきただけという感じですが、人混みもなく朝のうちは涼しいので午前中がおすすめです。船の時間とチケット料金はこんな感じ。花火がある日は夜にも特別に運行しています。
ディナーつきは65ユーロとけっこうしますが、乗るだけだったら24ユーロ。簡単な食べ物なら持ち込んでもOKのようです。うちは、自宅のテラスから花火が見えてしまうので、そもそも花火の日に街まで出ないのですが、海から見るのなら一度行ってみたい気がします。
f0194446_17381354.jpg


そんな島遊びですが、子供らが一番興奮したのは、この2つ。

朝、島のゴミを回収し終わって、カンヌの港に戻っていくゴミ収集車と
f0194446_17411322.jpg

島内にあった消防車。
島の中は、ほとんど舗装されていないためか、タイヤが山仕様で強そうな感じが印象的だったようです。
f0194446_17411315.jpg
非日常空間にある日常、といったところでしょうか。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2018-06-23 17:33 | ちょっとそこまで | Comments(0)
海へ山へ、、、そしてまた雨。
この週末は三連休でした。
5月は祝日ラッシュなフランスです。

土曜日は、久々にピーカン。お家見学に行った後だったので、普段は足を伸ばさないアンティーブのビーチで遊びました。
夏!な写真ですが、まだ水は冷たく子どもたちでも膝までつかる程度で砂遊びがメインでした。
f0194446_19321564.jpg
日曜日、山側の天気予報はイマイチではあったのですが、Thorencというカンヌから一時間ほど山側へ行ったところの湖周辺でピクニックを決行。午前中はギリギリ天気も持ったので、ムスメは初めて念願のポニー乗りにも挑戦できました。
これまで、クリスマスマーケットや農場イベントなどで何度も見かけたことがあったものの、行列もすごいし、何も町中で馬に乗らなくても、、、と気乗りがせず、ここまで未体験でした。やっぱり森の中はいい!
f0194446_19324245.jpg
サンドイッチを食べ終わったあたりから、結局雨に降られ、早々に帰宅。
沿岸部に近づくほどに雨が降った形跡すらありませんでした。

ただ月曜午後からまた雲行きが悪くなり始め、夜には雷もなる大雨に。火曜日の今日も雨がちの天気。

例年だったら5月末って、海で泳げるくらいの気候なんですが、今年はなんだか寒いし、雨も多いし、すっきりしない春だなぁ。
何度もコートや冬ものの上着を洗ってしまっては出す、というのを繰り返しています。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
by akiko_tp | 2018-05-22 22:49 | ちょっとそこまで | Comments(0)
ビーチでピクニック
1月末から2ヶ月ほど、あまり天気のよくない日が続き、特に週末になると雨、なことが続いていました。

ということで、家の中で週末過ごすことが多かったのですが、ようやくそこそこ晴れた週末、カンヌから車で40分くらい行ったところにあるDDoramontというビーチでピクニックしてきました。
f0194446_01182353.jpg
タンタンシリーズの黒い島のひみつ
のモデルになったと言われているスポットです。
カンヌからは電車でのアクセスが可能なので、観光で来られる方、ぜひ都会リゾートの喧噪を離れてみたい方にはおススメです。

春になったとはいえ、風が吹くとまだコートがいるくらいの気温でしたが、ちょうどビーチになっているところは風向きから守られていて、砂遊びしたり、シャボン玉したり、ビーチ用ラケットしたりして、遊ぶことができました。

水はかなり冷たいので、足をつけたりはできませんが、その代り人が少ないのがこの時期のビーチの魅力ですね。

お昼すぎから人も増えてきて、凧あげしてる人もいました。
そういえばノルマンディでは夏に凧あげしたりしてるけど、南仏ではやったことがありません。オフシーズンの遊び方としては楽しそうでまたチャレンジしようと思います。

おまけで本日の家庭学習(?)風景。
f0194446_03333478.jpg
週末にある日本語補習校は、何度か「行ってみる?」と誘っても「ヤダ」という返事しか返ってこないので、この春日本だと年長さんになるムスメには、日本からぷちドラゼミを取り寄せることで何とか日本語環境を整えています。
算数っぽい課題は興味津々で取り組むものの、ひらがなの「書き」の部分への興味はやっぱりイマイチ。
まあ、ひらがな書く機会って、日常ではないから仕方ないですけどね、、、アルファベットは筆記体も幼稚園で習ってきて、けっこう自分で勝手に練習したりしてるので、環境って重要だなーと実感してます。

3月分の課題が終わってしまったので、「ひらがな3つ練習したら、花札3回やろうか」と誘って、1年くらいやらずに温まっていた練習ノートをひっぱりだしてきました。隣は道連れになった相方くん。日本語クラスがなくなってかなり経ちますが、大人はけっこう覚えてるようでスムーズに書いてました。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2018-03-25 03:31 | ちょっとそこまで | Comments(0)
マルセイユの週末
この週末、マルセイユに行ってきました。
マルセイユを挟んで反対側の南仏に住む友人とバレエを観るのがメインの目的なので、もちろん単身です♪
これで、ようやく去年と一昨年の夏に、相方くんがボーイズの集まりで2回週末留守にした貸しを返してもらえました。

ずっと観たかった、Preljocajのロミオとジュリエット。

振付も斬新で、演出もロマンチックで堪能できました。
(女子同士で観に行ってますが、、、汗)

フランスでいつも観劇するときにいつも思うんですが、日本(東京)で観に行くのと全然客層が違うんです。
日本だと、バレエなんかだと95%くらいが女性で、それも20~40代くらいがほとんど。一人とか女性同士が多くて、バレエをやってそうな子供(女子)とお母さんというパターンも多いです。(私も小さい頃はそのパターンでしたね)
でも、フランスだと男性率が高くて、カップルも多く、年齢もティーンネイジャーのグループから定年後っぽい年齢のカップルまで幅広く色んな人たちがいます。複数カップルのグループっていうのも珍しくないですが、日本ではほとんど見かけなかったような、、、

やっぱりチケット自体の値段がかなり抑えられていて行きやすい、というのと、文化的にもこういうのに行くような風潮があるんだろうなぁ。今回のもマルセイユでの公演は4日連続だったのですが、ほぼ満席で、一度名古屋で海外からのバレエを観に行ったとき、大きなホールがすっかすかだったのを思い出して、「なかなか名古屋にいいのが来てくれないって思ってたけど、それを支える観客側の層の厚さが違うから仕方ないのか、、、」なんて思ったりしてました。


あいにく土曜日は雨がちな天気だったのですが、私がセレクトした餃子専門店でのランチも美味しかったし、観劇後に近くのバーでタパスをつまみながらおしゃべりするなんて、普段あまりしないことができて身軽な週末を存分に楽しんできました。

翌日曜日は、前日までのグレーの空がウソのように晴れて、海沿いの美術館周辺を散歩して、旧港のレストランのテラス席でランチ。
f0194446_16291589.jpg
マルセイユは近いようで遠い町。
距離的には180kmくらい離れていて、電車だと3時間近くかかります。
今回は電車よりも安くて速くつく、長距離バスを利用してみました。カンヌの町中にバスが来ないので、旅行者にはちょっと不便かもしれませんが、我が家からは歩いて行ける場所だったので、なかなか便利です。
行きはOui bus、帰りはFlix bus を利用してみました。ニースからリヨン、バルセロナからジェノバという路線の一部に乗った感じです。家族連れとかだと電車の方がいいとは思いますが、単身だったら手軽でマルセイユ~ニースの移動におススメです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
by akiko_tp | 2018-02-18 16:16 | ちょっとそこまで | Comments(0)
身軽になったハイキング
ムスメが生まれてから5年半。やっとこの日がやってきましたー!

それは、「オムツを持たない子連れ外出」です。

というのも、やっぱり赤ちゃんもしくは小さい子供連れで一番荷物になるのが、オムツバッグなんですね。
ムスメがオムツが取れたのが2歳半ごろ、そしてすぐに切迫早産で外出ができない身になり、ムスコが生まれたので、これまでずーっと出かけるときには、かさばるカバンを持つ必要がありました。

ムスコは2才誕生日ごろに連れて行けばトイレで出来るようになっていたので、「お、これはオムツが取れるのも早いかな?」と若干期待したのですが、「連れて行けばできるが、自分からは行かないでオムツにする」状態でずっと停滞しておりました。
それでも去年の12月ごろから昼寝や朝のオムツに何もないことがほとんどだったので、ちょっと一押ししてみるか、と強制的にパンツにしてみて、3~4回失敗を重ねてみたら、あっさり3日ほどでオムツ卒業(昼も夜も)となりました。
ちなみにただいま2才9ヶ月になったところです。
なぜか保育園でも同年代の子がみんなほぼ同時にオムツ卒業となったらしく、周りの影響と本人のタイミングがうまく重なったのかもしれません。

ということで、卒業後一週間たったところで、長らくお風呂場にあったオムツ用ゴミ箱を撤去し、常に持ち歩いていたマザーズバッグも久々の洗濯。

週末のハイキングも、サンドイッチとピクニックシートを持つだけでいいなんて、なんてステキ。
このところ雨の週末が多かったからか、定番のハイキングスポット、Agay近辺のEsterelには、たくさんの自転車とハイカーが来ていました。
f0194446_04402432.jpg
川辺での石投げに興じる人たち。

とはいえ、まだ2才児。ハイキングでもけっこう歩いてくれましたが、疲れてくると、パパのおんぶリュックに乗っかるところはまだまだ赤ちゃんっぽさが残っております。
次のステップはベビーカー卒業だなぁ。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2018-01-28 04:24 | ちょっとそこまで | Comments(2)
大人の時間の使い方
「年末までにあと3日有休消化しなきゃいけないんだけど」
と相方くんがつぶやいたのが今月はじめ。

有休は「期限切れでなくなってしまうもの」ではなくて、「確実に消化するもの」と考えるのがフランス人なんですね、これが。もちろんクリスマス休暇とは別に3日あるんだとか。うらやましい。

ということで、私の仕事OFF日である祝日に合わせて有休を一日消化することになりました。
ちょうど息子の保育園お迎えが15:00の曜日にあたったため、8時~15時がフリータイム。大人だけの時間です♡

「さて何しよう?」と協議して、出た案がこちら。
プランA:雨だったら、どこかで大人二人でちょっといいランチに行く。
プランB:天気が良かったら、子連れじゃいけないハードなハイキングに行く。
プランC:天気がイマイチだったら、アンティーブ岬一周して手軽なランチする。

さて当日、ピーカンだったのもあり、プランBを決行。
行先はEscragnollesというグラースからさらに山方面に行ったところにあるハイキングコースです。
f0194446_18451122.jpg
難易度:高、高低差:480m、5時間半かかるコース、と県の案内HPには書かれている、なかなかガチなコースです。

前回こんな山歩きしたのって、ムスメを妊娠する前だから、、、かれこれ6年前でしょうか。
かなりのブランクでしたが、大人二人で山歩きするってなんて身軽!
オムツも着替えも子供たちの水もオヤツもプチ休憩も不要、とにかく歩く歩く歩く。
途中で、定年世代のおじさまおばさまグループを抜かしつつ、トータル3時間15分で歩ききりました。

地図上の89~94のあたりが舗装された道路ばかりでけっこうツライので、次回いくときはぐるっと回るのではなく、森の部分だけを往復するコースで行きたいと思います。

とはいえ、子連れだったらあと5年は待たないと同じコースはいけないような、、、汗
f0194446_18520509.jpg
また次回、同じような機会が訪れるのを楽しみに、大人二人だからこそできるアクティビティのアイデアストックを貯めていこうと思います。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



[PR]
by akiko_tp | 2017-11-23 18:37 | ちょっとそこまで | Comments(0)
森林セラピー
森に行きたーい!

ということで、ニース北側にあるBerre les Alpesという村近辺で森のハイキングをしてきました。
カンヌからは高速使って、1時間くらいで着きます。

子供らのモチベーションを上げるために、「栗拾い」ができそうな場所、というのが行先選定のポイントです。
f0194446_19034566.jpg
ここ数日、副鼻腔炎をぶり返したらしく、イマイチ鼻と喉の調子がおかしかったのですが、森の中を歩いていると、そのあたりがすーっと楽になってくるから不思議です。適度な湿気がいいのか、空気がいいからなのか、、、、
やっぱり森の中に気軽に散歩に出かけられるようなところに住みたいなぁ。

一方、栗拾いの方ですが、今年は雨が少なかったのもあるのか、あまり収穫はありませんでした。
それでもムスメはカゴまで張り切って持っていって、ちーさな拾った栗を「明日幼稚園に持ってってみんなに見せる!」と嬉しそうだったので、栗で釣った甲斐はあったのかもしれません。
f0194446_19110097.jpg
収穫したものは小粒のどんぐりサイズで食べるには至りませんでしたが、なんだか栗モードになっていたので、Picard(冷凍食品専門店)の残っていた栗で、夕飯は栗ごはんに。子供たちは興味ありで一口食べてみたものの、結局、「おいしくない、、、、」で終了。
確かにちょっとぱさっとしてるのがいただけないのかも。
次回日本帰省のときにでも、天津甘栗を買ってみようかと思います。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



[PR]
by akiko_tp | 2017-11-12 18:56 | ちょっとそこまで | Comments(2)
ちょいバカンス
フランスで「バカンス」と言うと、2週間とか3週間とかの滞在だったりするので(特に夏)、たかだか2泊3日に「バカンス」と名付けるのは恐れ多い気がして、「ちょいバカンス」と呼んでみました。行先はヴェルドン渓谷に近い、Castellaneというところ。カンヌからは高速なしの車で2時間かからずに行けます。

昨年はノルマンディ帰省の帰りにグルノーブル周辺のアルプスめぐりをしたのですが、今年のは飛行機で直行直帰だったので、近場で週末に山方面に行こう、と企画して予約してみたのがキャンプ場。とはいっても、テントを張ったり、キャンピングカーに滞在するのではなく、トイレもキッチンもシャワーもついたロッジだったので、お手軽キャンプです。まだオムツしているのがいるので、どうしてもこれぐらいのアウトドアレベルになっちゃいますね、、、
f0194446_04410299.jpg
ロッジのすぐ後ろにはブランコと滑り台も設置してあって、ムスメは同じキャンプ場に滞在していた女の子の友達までできて「はじめてのキャンプ」を楽しんでいました。

ビーチっぽくなっている湖や、川原で泳いだり、暑さを逃れに公営プールに行ったり。
f0194446_04414094.jpg
ヴェルドン渓谷はキャニオニングやボートでの川下りが有名なんですが、2才児がいるのもあって、上から絶景を眺めるにとどまりました。
f0194446_04413499.jpg
こういうお手軽キャンプのいいところは、そこそこアウトドア風味が楽しめて、スーパーで材料買ってきてごはんを作るので経済的で、それでもホテル風にベッドもシャワーもあって便利、というところ。でも、児童書の「はじめてのキャンプ」を読んで、テントで寝たりするのにあこがれている5才ムスメにはそのうちに本当のキャンプも体験させてあげたいです。次の夏にはいけるかな?




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
by akiko_tp | 2017-08-29 04:49 | ちょっとそこまで | Comments(0)
| ページトップ |