Top

子育て格闘中のため、ゆっくり更新です。
by akiko
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
ちょっとそこまで
手続き
おうちごはん
外食(フレンチ)
外食(その他)
フランス:ノルマンディー
フランス:ブルターニュ
フランス:ラングドック
フランス:ボルドー、ペリゴール
フランス:コルシカ
フランス:パリ
イタリア
イギリス
ポルトガル
スペイン
アルプス
日本帰省
フランス配送問題
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
最新のコメント
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:24
> exmouthcoc..
by akiko_tp at 14:31
あっこさん、こんばんは!..
by exmouthcoco at 06:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 05:26
マグネットすごいですね!..
by naomusic at 22:57
> naomusicさん..
by akiko_tp at 23:03
うちの息子も消防車大好き..
by naomusic at 22:18
>naomusicさん、..
by akiko_tp at 00:56
akikoさん、お疲れ様..
by naomusic at 21:06
> プチりすさん やは..
by akiko_tp at 18:01
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ヴァンテミリアでパスタ
from sono マイブーム
パリから、日帰り旅のすす..
from ソシエテ・ボンヌのパリ⇔東京..
Hachi Parmen..
from プレタ in ロンドン
à canne en t..
from nice!nice!nice!
リンク
検索
    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
Skin by Animal Skin
子連れ日本帰省(3才&5才半)
毎春恒例(?)の名古屋帰省中です。

周囲のフランス在住の日本人を見渡してみると、学齢の子供がいる場合はどうしても長期休暇のある夏休みに1ヶ月以上で、という人が多いのですが、私の場合、個人的に実家滞在は2週間くらいでお腹いっぱいなのと(カンヌの自宅が恋しくなる)、保育園や幼稚園に預かってもらえれば仕事に集中できる、というところから、去年と今年は連続でフランスの学校の春休み(2週間)を利用しての帰省です。

ちなみに相方くんは毎回お留守番なので、私一人で幼児二人連れて往復してます。3才息子はビミョーなところはありますが、ある程度機内のビデオプログラムが楽しめるようになってきているので、赤子時代に比べればかなり楽になってきてますね。

去年は桜に間に合いましたが、今年は暖かかったのもあるようで、桜は既に葉っぱが青々としていて、ツツジが真っ盛り。
4月後半、ほぼ毎日半袖で過ごしています。

ニースから、フランクフルト乗り換えで名古屋に来るだけでも長い旅程なので、子どもたちが疲れすぎないように、友達に会ったりでかけたりする予定はだいたい一日置きくらいに設定。空いた日は近所の公園や祖父母とスーパーに買い物程度でのんびりペース。

一番の遠出は日帰りで大阪へ。同僚&元同僚にその赤ちゃんも一緒に楽しい一日でした。
f0194446_18534875.jpg
海遊館&お庭のあるカフェでおやつ、というコースだったのですが、子どもたちに一番ウケたのは、お庭の池にいた鯉の餌やりだったり、、、汗 (だったら水族館行かなくていいじゃないか、という話も、、、、)

比較的天気が良かったのですが、雨の日もあったので、そのときは昨年に引き続き屋内遊び場のキドキドへいったり、名城公園でレンタサイクルして遊んだり。
f0194446_18540364.jpg
実家では昭和レトロなキャンディキャンディの印刷マシンを引っ張り出してきて、ぬりえをしていました。
イマドキ、カーボン紙なんて知っている子供はいるのでしょうか、、、?
レーザープリンタなどとは違って、少し手でこすっただけでもインクがすれちゃうんですよね。これで昔、年賀状を作っていたのを懐かしく思い出しました。それにしても我が実家、いろいろよく残してあるなぁ。

今回の収穫は、私は「行ったことのなかった仕事関連のレストラン2つ訪問」で、子どもたちは、「お風呂」「踏切」「ブランコのある公園」あたりでしょうか、、、、
私はお出かけしたり、人に会ったりしたいんですが、子供は日常の延長で私と遊んだり、同じくらいの年頃の友達と遊んだりしたい、というのがあるので、そのあたりのバランスを取るのが帰省時の悩みどころです。

さて、あとは友達と会う約束が2つありますが、フランスへの帰宅に向けた準備を整えていく、といったところ。
前々回はバシネット予約してたのに使えなくて8ヶ月の息子をずーっと抱っこしていて、前回はフランクフルトで足止めされてしまったので(前記事)今度こそ3度目の正直で無事に帰れることを祈ります。
いや、でもイザというときのために、一泊分の荷物は機内持ち込みしますけどね、、、、不要だといいな。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2018-05-01 21:33 | 日本帰省 | Comments(1)
3才男子の誕生日プレゼント
若干フライングでしたが、週末にムスコの3才の誕生日のお祝いを家族でしました。

ムスメは、夏場でケーキを作る気にならないのと、そもそも義実家滞在で道具もそろわないので、私のやる気が大して上がらないのですが、春はイチゴも美味しくなるし、なんだか久々にちゃんとしたケーキを作りたいなーと、イチゴタルトを製作。
タルト生地、クレームダマンド、カスタードに生クリーム、イチゴの上にはジュレもかけて、気が付いたら何層になっているのやら。
最後のデコレーションはムスメも手伝ってくれました。
f0194446_04464311.jpg
切り分ける前にスプーンでそのまま食べてしまおうと企んでるヒトがいましたが、、、汗

手間かけただけあって、家族みんなに好評で週末のうちにぺろりと平らげられました。
誕生日主役の本人も今年はろうそくを吹き消せて大満足。(昨年はろうそくを怖がって姉に消されて終了)

プレゼントは最近の興味の動向を見て決めた、こちら。
BRIO ビルダーのアクティビティセットです。(画像クリックするとamazonに飛びます)



ともかくネジを見つけてはスクリューみたいに回す真似をしたり、何かおもちゃを使って自分のベッドをとんとん叩いたりして「工事してるのー」なんてやっているので、この欲求を満たすものは何かないか?と探した結果辿り着きました。

大人の小指の第一関節分くらいのサイズの小さなパーツがあるので、誤飲防止のため「3才以上」となっていますが、トンカチと青いクギ状の部品、木製のブロックのみを渡すのだったら、1才台からでも遊べると思います。思い返せば、1才半~2才過ぎくらいまでの間、児童館に行くたびにペグをトンカチでたたくおもちゃに夢中になっていた頃、このパーツがうちにあれば良かったのになぁ、なんて。

とりあえず作るのは親ですが、私は(ホントのDIYはしませんが)こういうの嫌いじゃないので、早速、ブルドーザーやロボット、ヘリコプター、掃除機、釣りざおなんかも作ってみたところ、姉弟取り合いで遊んでいます。
f0194446_04475653.jpg
一応、BRIOのサイトには、作り方ガイドが載ってはいますが、自分の発想で作るのが楽しいですね。
それもあってか、外箱には特にモデルの写真が載っているわけではなく、色々触りながら作ってみる、という趣旨になっているようです。
今はまだ、トンカチでトントンしたり、ドライバーでネジを外したりするのがただ楽しい、という感じですが、そのうち色々作ってくれるようになるのが今から楽しみです。

3才男子のプレゼントにお悩みの方、家中の家具のネジをひねろうとしている子でしたら、これはおススメです。

ふと思い出したのですが、私が通っていた中学で、いわゆる「グレてる」男子たちが、よくドライバーを学校に持ち込んでは、スイッチカバーを外したりしてたんですが、あれは欲求不満のはけ口だったのでしょうか、、、、?
男子のDNAには「ネジを回したい欲求」があるんでしょうか、、、、、ナゾです。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-04-17 05:09 | 日々のこと | Comments(4)
花がないので団子の会
近所の公園にソメイヨシノっぽい桜の木が一本だけあります。

日本人の友人たちに声をかけて、子供たちを公園で遊ばせつつオヤツで和菓子、という花見の会を企画したのですが、残念ながら当日は曇り空、ぽつぽつと雨もちらつき、その上、気温も13℃と寒かったので、花見は中止。

代わりに、狭い我が家で持ち寄りの和菓子を食べる会、と相成りました。
f0194446_17153974.jpg
集まったのは、どら焼き、おはぎ、桜餅、三色だんご、いちご大福。

きっと皆日本に住んでいたらぜーったい自家製しない(買っちゃうよね)と思うのですが、海外に住んでるとこういうスキルが伸びますね。

翌日は皮肉にも晴天のポカポカ陽気。
くやしいので、一人で花だけを見る花見をしてきました。
f0194446_17154021.jpg
なぜかフランス人には、「日本人は花見をする」ということを知っていて、「春は桜がきれいだから行くならその時期に旅行したい」という人が多いです。テレビでドキュメンタリーとかやってる影響でしょうか?

まだムスメが赤ちゃんの頃、同じ公園で桜を愛でながら、「さくらーさくらー」と抱っこしながら歌ってたら、近くにいたおじさんに「日本人でしょ?」と声をかけられたこともあります。

来年は花見リベンジするぞー!




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-04-06 17:28 | 日々のこと | Comments(0)
卵狩り、、、というか、チョコ狩りの日曜日
この週末はイースターでした。

とはいっても、日本ではあまりなじみがないですよね。
宗教的な意味はあまりよくわかっていませんが(何度説明を聞いたり読んだりしても頭に残らず忘れてしまう)、私にとっては「チョコレートを飾ったり、隠したりして食べる日」というくらいの認識です。おそらく大多数のフランス人にとっても似たような認識のはず、、、

毎年日程が変わる祝日でもあるので、去年は4月中旬で、名古屋帰省中に実家の日本庭園でエッグハントしましたが、今年は、一昨年に引き続き友人宅での「卵狩り」を楽しみました。

大人たちはBBQとワインでまったりし、子供は総勢7名の参加。
庭に隠した卵は、見つける前に溶けはじめてしまったものもあるほどの晴天で、楽しい日曜日でした。
f0194446_21483405.jpg
チョコ好きなムスメはもちろん大喜び。
チョコ嫌いのムスコも、探すのは楽しいらしく、猛烈な勢いで裸足のまま庭を駆け回っておりました。

けっこう遅くまで遊んでいて、普段は30分~2時間は昼寝をするムスコ(もうすぐ3才)は、「そろそろ限界かな?」と様子を見るも、暗くなっても元気元気。なんと22:30までもって、帰りに車で若干寝落ちしたものの、ゴキゲンなままで「このおうち、たのしかったー!」とのこと。おそらく5~12才のお姉ちゃんたちにいっぱい構ってもらったのがうれしかったのかと。

大量に持ち帰ってきたチョコレートは果たしていつまでに消費できるのでしょうか、、、特にムスコが全く食べませんし。
日本は季節行事のたびにアンコばっかり食べてる気がしますが、やっぱりフランスではチョコレートですねぇ。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-04-01 21:41 | 日々のこと | Comments(2)
ビーチでピクニック
1月末から2ヶ月ほど、あまり天気のよくない日が続き、特に週末になると雨、なことが続いていました。

ということで、家の中で週末過ごすことが多かったのですが、ようやくそこそこ晴れた週末、カンヌから車で40分くらい行ったところにあるDDoramontというビーチでピクニックしてきました。
f0194446_01182353.jpg
タンタンシリーズの黒い島のひみつ
のモデルになったと言われているスポットです。
カンヌからは電車でのアクセスが可能なので、観光で来られる方、ぜひ都会リゾートの喧噪を離れてみたい方にはおススメです。

春になったとはいえ、風が吹くとまだコートがいるくらいの気温でしたが、ちょうどビーチになっているところは風向きから守られていて、砂遊びしたり、シャボン玉したり、ビーチ用ラケットしたりして、遊ぶことができました。

水はかなり冷たいので、足をつけたりはできませんが、その代り人が少ないのがこの時期のビーチの魅力ですね。

お昼すぎから人も増えてきて、凧あげしてる人もいました。
そういえばノルマンディでは夏に凧あげしたりしてるけど、南仏ではやったことがありません。オフシーズンの遊び方としては楽しそうでまたチャレンジしようと思います。

おまけで本日の家庭学習(?)風景。
f0194446_03333478.jpg
週末にある日本語補習校は、何度か「行ってみる?」と誘っても「ヤダ」という返事しか返ってこないので、この春日本だと年長さんになるムスメには、日本からぷちドラゼミを取り寄せることで何とか日本語環境を整えています。
算数っぽい課題は興味津々で取り組むものの、ひらがなの「書き」の部分への興味はやっぱりイマイチ。
まあ、ひらがな書く機会って、日常ではないから仕方ないですけどね、、、アルファベットは筆記体も幼稚園で習ってきて、けっこう自分で勝手に練習したりしてるので、環境って重要だなーと実感してます。

3月分の課題が終わってしまったので、「ひらがな3つ練習したら、花札3回やろうか」と誘って、1年くらいやらずに温まっていた練習ノートをひっぱりだしてきました。隣は道連れになった相方くん。日本語クラスがなくなってかなり経ちますが、大人はけっこう覚えてるようでスムーズに書いてました。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-03-25 03:31 | ちょっとそこまで | Comments(0)
花札ブームがやってきた
子供の頃に親戚のうちで目にしたことはあったものの、イマイチルールが把握できず、ちゃんと遊んだことのないまま大人になってしまったんですが、なぜかパソコン相手の花札ゲームにはまった時期があり、いつか子供たちに教え込もう、と我が家には花札が買ってありました。

その花札がやっと日の目を見ることに。
f0194446_16412368.jpg
先日アナログゲームの記事をアップしたんですが、確かに花札もアナログゲームですね。
私の文房具入れの近くに置いてあったのをアナログゲームにはまり中の5才ムスメが発見し、「これやりたい」ということで、ルールを教えてみたら、意外にすんなり覚えてくれました。

子供相手なので、「こいこい」の駆け引きなして、札がなくなるまで役を作っていって、トータルの点数で競うルールで遊んでます。

「ツル」とか「短冊」などの普段耳にしない日本語や、花の名前も憶えられて一石二鳥。

この畳が我が家にやってきたとき、「この上で花札で遊びたいな~」って思ってたんですが、6年後、そのときお腹にいた子と遊べるとは!

ちなみにこの花札はメーカーが世界の任天堂なので、それを知ると、日本人でもフランス人でも大抵びっくりしてくれます。(フランスでもDSは人気)




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-03-22 16:52 | 日々のこと | Comments(0)
きんぎょの「きんちゃん」は「Leo」くんでした
昨年(前回記事はこちら)から引き続き幼稚園で絵本の定期購読をしているのですが、今月は日本語原作のきんぎょの本でした。
f0194446_18501560.jpg
邦題は「きんぎょのきんちゃん」なんですが、これもぎょうざの本(過去記事)と同様、「こどものとも」で配本された以降はハードカバー化されていないシリーズになります。
フランスの出版社が福音館と提携でもしてるんでしょうか、、、、
いい本がたくさん出ているので、ありがたいのですが。

中身を見てみると、舞台は愛知県弥富町である、ということで私の中では勝手にイメージが固まりました。
養魚場で生まれてセリに出され、出荷されて夏祭りのきんぎょすくいで女の子にすくわれる、というストーリーです。

なぜか女の子の名前は「ななみ」でそのままなのに、「きんちゃん」は「Leo」になっておりました。
金魚のくせに(?)なんだかカッコイイ名前ですよね。

せっかく原作が日本語なので、私は日本語で読みたい!
来月名古屋に帰省予定なので、図書館で探して日本語バージョンに翻訳しようと思っています。

日本でも同じかとは思いますが、幼稚園で配本される絵本ってソフトカバーでかさばらなくてお手軽である一方、背表紙に何も書いてなかったり薄すぎたりして、本棚で埋もれてしまい、子供たちの目にあまり止まらないという問題があります。
せっかくなのに読んでもらえないのはもったいないし、ちょうど今ある本棚もキャパが限界になりつつあったので、こんな本棚を購入しました。
f0194446_18591846.jpg
下の方は今のところスカスカなので、おままごと用品などが入ってますが、名古屋帰省から戻った時にはまた本が増える予定。

やっぱり表紙が見えるというのはいいですね。
今まで放置されていた本たちを手に取って、「あー、こんなのあったー。忘れてたー」と発掘してくれたので、購入した甲斐があったようです。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



[PR]
# by akiko_tp | 2018-03-15 19:06 | 日々のこと | Comments(0)
雪、のち雨
今週来週とカンヌ周辺のエリアは、学校休み中です。
※バカンス時期はフランス国内が3つのZONEに分けられていて、ちょっとずつズレてます。
幸いなことに、ムスコの保育園は休みなく預かってもらえるので、いつもだと学童に行っているムスメはノルマンディから南下してきた無料ベビーシッター義母と私の仕事中は過ごしてもらっております。

この冬の休みは、その時期柄スキーバカンスと呼ばれていて、この休みを利用して雪山に行く家族も多いことでしょう。
(ムスメのクラスメイトの家族は、『まだ幼稚園のうちは休めるから』と敢えて休み期間をさけて一週間雪山に行ってましたが、、、なんでも宿泊施設などの値段が段違いに安いんだとか)

我が家はそこまでではないものの、日帰りで雪山に行ける距離に住んでいるので、相方くんは「何日か休みとって、ムスメと雪遊びする!」と張り切っていたんですが、、、

なんと、月曜からまさかのカンヌなど沿岸部でも雪が降り始めました。
月曜はそこまで積もらなかったものの、水曜日になって気温が低いのもあって、午後にはあちこち積もって真っ白。
帰宅ラッシュの混乱を避けて(いや、それは言い訳で単に遊びたかっただけ)早めに帰宅した相方くんと皆で近所の駐車場横の空いたスペースで雪遊び。
f0194446_05245094.jpg
まだスキーなどバリバリできる年齢でもないので、雪山いかなくてもこれで、十分!

翌木曜日は雨の予報だったので、雪が解けてしまわないうちに休みを取っていた相方くんとムスメでもう少し山の方に行ったところにある原っぱでソリ遊びをしてきました。
お昼頃には、本格的に雨になり、気温も5℃以上にあがってきたので、カンヌ市内の雪はほとんどとけてきちゃってました。

記憶にある限り、こんなにカンヌに雪が降ったのって8年前に一度あったきりでしょうか?
とっても珍しいです。やっぱり積もってたのはホントに一瞬だったなぁ。

外はとっても寒かったですが、アパート内はセントラルヒーティングのパイプが通っているだけで、ラジエーターをONにしなくても十分暖かかったです。これは月曜夜の温度計なんですが、外は0℃でも室内は20℃をキープ。
f0194446_05323360.jpg
夏の暑さ対策に二重窓にしたんですが、冬も効果はバッチリのようです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[PR]
# by akiko_tp | 2018-03-01 17:18 | 日々のこと | Comments(0)
カンヌゲームショウ
この週末、カンヌの映画祭会場ではカンヌ ゲームショウ(Festival des jeux)が開催中。

入場料は無料で、いろんなゲームのメーカーが新作を発表したり、チェス大会があったり、おもちゃ屋さんだとパッケージに包まれていているのが実際に遊んだり、説明を聞いたりできる一般参加可能な楽しいイベントです。
金曜日の午後から日曜日夕方までなのですが、天気が悪いのもあって、混雑が予想されます。(去年、相方くんとムスメが日曜午後かなにかに行って、長蛇の列で回れ右して返ってきました)

子供が小さいうちはインフルエンザが流行る時期なのもあって、行くのを避けていたのですが、最近アナログゲームにはまってきたムスメのためにもやっぱり連れて行ってあげたいなぁ、ということで、現場偵察のために金曜の保育園アフターにムスコを連れて行ってみたところ、普段は保育園でて10分もしないうちに起きちゃうくせに、このぐっすり具合。(子供あるある)
f0194446_22564452.jpg
会場内はベビーカー不可なのですが、ビーチ側の入り口に預けるところがあったので、ムスコを連れて久々の会場入りです。

子供&家族スペースというのがビーチ側の会場に寄せてあるので、そちらの入口から入れば、ちょっと暴力的なゲームなんかを小さい子に見せないですみます。
私たちも、Playmobil、Haba、Janod、Vtechなどのブースで色々遊ばせてもらいました。

とはいえ、結局食いついてたのは、地元の児童館のアソシエーションが展示していた段ボールやトイレットペーパーの芯で作ったおもちゃだったりしましたが、、、汗 
f0194446_23085168.jpg
子供ができる前に相方くんと二人で来てたときは、テレビゲーム系のブースばかり見てたのですが、今回行ってみて気になったのは、大人でも楽しめそうなアナログゲームでした。自分が小3くらいのときに友人宅でファミコンを初めてしたとき、その夜目がチカチカして寝られなかったことがあるので、なるべくタブレットとかTVのゲームは小さいうちに与えたくない、というのもあります。

日本で大人同士でアナログゲームってあまりイメージがないのですが、フランスでは実はけっこうするみたいで、今回のゲームショウでも大人同士で遊んでる姿をよく見かけました。クリスマスなど大人が集まる機会が多いからですかね?
もちろん子供につきあって遊ぶっていうこともありますが、頭に有名人のカードを自分にだけ見えないように貼り付けて、Yes/No式の質問をして、自分が誰だか当てるなんてゲームは大人同士だからこそ楽しめます。

今のところ、うちにあるアナログゲームはこんなラインナップです。
右側の星の王子様とその下の顔のは、メモリーカード(神経衰弱)
f0194446_23192177.jpg
すごろく系のものだったら、この春3才になるムスコも遊べるようになってきたので、もう少し色々増やしたいなぁ。
トランクルームのどこかに私が持ってたSkip Bo とUNOがあったような気もするんだけど、、、

低年齢の子供でもできるアナログゲーム、皆様のおススメを教えてもらえるとうれしいです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




[PR]
# by akiko_tp | 2018-02-24 23:29 | 日々のこと | Comments(0)
マルセイユの週末
この週末、マルセイユに行ってきました。
マルセイユを挟んで反対側の南仏に住む友人とバレエを観るのがメインの目的なので、もちろん単身です♪
これで、ようやく去年と一昨年の夏に、相方くんがボーイズの集まりで2回週末留守にした貸しを返してもらえました。

ずっと観たかった、Preljocajのロミオとジュリエット。

振付も斬新で、演出もロマンチックで堪能できました。
(女子同士で観に行ってますが、、、汗)

フランスでいつも観劇するときにいつも思うんですが、日本(東京)で観に行くのと全然客層が違うんです。
日本だと、バレエなんかだと95%くらいが女性で、それも20~40代くらいがほとんど。一人とか女性同士が多くて、バレエをやってそうな子供(女子)とお母さんというパターンも多いです。(私も小さい頃はそのパターンでしたね)
でも、フランスだと男性率が高くて、カップルも多く、年齢もティーンネイジャーのグループから定年後っぽい年齢のカップルまで幅広く色んな人たちがいます。複数カップルのグループっていうのも珍しくないですが、日本ではほとんど見かけなかったような、、、

やっぱりチケット自体の値段がかなり抑えられていて行きやすい、というのと、文化的にもこういうのに行くような風潮があるんだろうなぁ。今回のもマルセイユでの公演は4日連続だったのですが、ほぼ満席で、一度名古屋で海外からのバレエを観に行ったとき、大きなホールがすっかすかだったのを思い出して、「なかなか名古屋にいいのが来てくれないって思ってたけど、それを支える観客側の層の厚さが違うから仕方ないのか、、、」なんて思ったりしてました。


あいにく土曜日は雨がちな天気だったのですが、私がセレクトした餃子専門店でのランチも美味しかったし、観劇後に近くのバーでタパスをつまみながらおしゃべりするなんて、普段あまりしないことができて身軽な週末を存分に楽しんできました。

翌日曜日は、前日までのグレーの空がウソのように晴れて、海沿いの美術館周辺を散歩して、旧港のレストランのテラス席でランチ。
f0194446_16291589.jpg
マルセイユは近いようで遠い町。
距離的には180kmくらい離れていて、電車だと3時間近くかかります。
今回は電車よりも安くて速くつく、長距離バスを利用してみました。カンヌの町中にバスが来ないので、旅行者にはちょっと不便かもしれませんが、我が家からは歩いて行ける場所だったので、なかなか便利です。
行きはOui bus、帰りはFlix bus を利用してみました。ニースからリヨン、バルセロナからジェノバという路線の一部に乗った感じです。家族連れとかだと電車の方がいいとは思いますが、単身だったら手軽でマルセイユ~ニースの移動におススメです。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[PR]
# by akiko_tp | 2018-02-18 16:16 | ちょっとそこまで | Comments(0)
| ページトップ |